« 証拠隠滅容疑で大阪地検特捜部主任検事を逮捕 郵便不正事件で(21日) | トップページ | 改正貸金業法:施行から3カ月 悪質な商法も広がる(21日) »

2010年9月21日 (火)

島田紳助さん側に1000万円賠償命令 吉本社員暴行事件めぐり(21日)

タレントの島田紳助さんが平成16年、所属先の吉本興業(大阪市中央区)の女性社員を殴るなどしてけがをさせた事件をめぐり、被害女性が島田さんや同社に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。松田典浩裁判官は島田さんらに計約1千万円の支払いを命じた。

 島田さん側は暴行に関する事実関係は争わず、損害額などが主な争点。松田裁判官は、被害女性のけがの程度や通院歴などから、賠償額を算定した。

 一方で、女性側は、島田さんが事件後に開いた記者会見についても「事実に反する発言で名誉を傷つけられた」と主張したが、松田裁判官は「女性の社会的評価を低下させたとは認められない」と退けた。また、「事件後、不当に退職させられた」として、同社との雇用関係確認を求めたことに対しては、「女性が復職しなかったのは、事件によるけがや心的外傷後ストレス障害(PTSD)によるものではなく、私的な傷病欠勤によるもの」と指摘し、女性側の主張を退けた。

 事件は16年10月に発生。島田さんは大阪市北区の朝日放送で女性を控室に連れ込み、頭を殴ったり、つばを吐きかけたりしたとして傷害罪で略式起訴され、同年12月、大阪簡裁で罰金30万円の略式命令を受けた。

 島田さんは吉本興業を通じ「判決を真摯(しんし)に受け止め、被害者の方にあらためておわび申し上げたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」とコメント。吉本興業は「同様の事件を再発させないよう引き続き防止策に努める」としている。

Head_logo1_7 http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?blog_id=608760

 

« 証拠隠滅容疑で大阪地検特捜部主任検事を逮捕 郵便不正事件で(21日) | トップページ | 改正貸金業法:施行から3カ月 悪質な商法も広がる(21日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49521293

この記事へのトラックバック一覧です: 島田紳助さん側に1000万円賠償命令 吉本社員暴行事件めぐり(21日):

« 証拠隠滅容疑で大阪地検特捜部主任検事を逮捕 郵便不正事件で(21日) | トップページ | 改正貸金業法:施行から3カ月 悪質な商法も広がる(21日) »