« 東京・多摩地区周辺連続暴行事件 小学校教師の男を女子大生ら暴行容疑等で再逮捕(1日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(1日) »

2010年9月 1日 (水)

警視庁が行方不明者の相談所開設(1日)

高齢者の所在不明が全国で相次いで発覚していますがこの15年間に都内で見つかった身元不明の遺体は2500体を超えています。警視庁は、1日から1か月間、行方不明者の家族の相談受付場所を設けています。

 警視庁によりますと1995年からの15年で都内で見つかった身元不明の遺体は2521体に上っています。

 警視庁は1日から1か月間、行方不明者の相談を強化するため、台東区の浅草寺などに相談所を開設。

 相談所には、朝から行方不明となった家族を案じる人々が訪れ、家族の身体的特徴や行方不明になった時の状況などを説明しました。

 「とにかく心配で、心配でしょうがない」(二男が行方不明となった宮本正栄さん)

 8年前、当時24歳の二男が行方不明となったこの男性は5年以上前から毎年、相談に訪れているということです。

 「毎年そうだが、何か新しい情報がないかと」(二男が行方不明となった宮本正栄さん)

 身元不明遺体の中には問題となっている所在不明の高齢者が含まれている可能性があるということで警視庁は「多くの方に相談に来ていただきたい」としています

Logo1_2

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4515498.html

« 東京・多摩地区周辺連続暴行事件 小学校教師の男を女子大生ら暴行容疑等で再逮捕(1日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(1日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49317627

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁が行方不明者の相談所開設(1日):

« 東京・多摩地区周辺連続暴行事件 小学校教師の男を女子大生ら暴行容疑等で再逮捕(1日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(1日) »