« 山道入り口付近に“女性”の車と白い車(16日) | トップページ | 「眼光鋭く真剣に」詐欺団がニセ警官マニュアル(16日) »

2010年9月16日 (木)

ネット有害情報が過去最多、削除依頼に2割放置(16日)

警察庁の委託でサイバー空間を監視する「インターネット・ホットラインセンター」に、今年上半期(1~6月)に寄せられた違法・有害情報が前年同期(1万4108件)より7割増の2万3983件に上り、統計を取り始めた2006年6月以降、半期では過去最多になったことが同庁のまとめでわかった。

 このうち、1万8542件が児童ポルノ画像や規制薬物の広告、売春あっせんなどの違法情報。自殺や殺人請負の勧誘など、直ちに違法とは断定できない有害情報が5441件だった。

 違法・有害情報のうち1万1079件はセンターがサイト管理者に削除依頼したが、約2割に当たる2497件は2か月経過しても放置されていた。児童ポルノ画像などは、放置されている間に別のサイトに転載されるケースも目立ち、深刻な問題になっている。

 

« 山道入り口付近に“女性”の車と白い車(16日) | トップページ | 「眼光鋭く真剣に」詐欺団がニセ警官マニュアル(16日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49465226

この記事へのトラックバック一覧です: ネット有害情報が過去最多、削除依頼に2割放置(16日):

« 山道入り口付近に“女性”の車と白い車(16日) | トップページ | 「眼光鋭く真剣に」詐欺団がニセ警官マニュアル(16日) »