« 2010年9月29日 | トップページ | 2010年10月1日 »

2010年9月30日

2010年9月30日 (木)

山梨の小学校教師、授業で「脅迫文」作成 (30日)

また不適切な授業が発覚です。しかも、よりによって道徳の授業で脅迫文を作らせていました。山梨県韮崎市の小学校で教師が作らせた脅迫文は「担任の身柄を確保した。返してほしければ8000円持ってこい」などというものでした。

 児童に脅迫文を作らせる授業が行われていたのは山梨県韮崎市の公立小学校で、高学年の担任をしている40代の男性教諭が27日、道徳の授業で黒板に「担任の身柄を確保した。返してほしければ8000円もってこい。遅れると命はない」などと書き、グループに分かれた児童たちに新聞を渡しました。そして、そこから文字を切り取り文章を完成させるよう指示したということです。

 「『8000円持ってこい、命がない』というような部分は教育の場面とすれば良いことではない」(韮崎市教育委員会・輿水豊教育長)

 教諭は共同作業の大切さを知ってもらうことが目的だったなどと説明しているということですが、脅迫文を作らせるという前代未聞の事態に、市の教育委員会では不適切として教諭を口頭で注意しました。(30日18:00)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4539596.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑:75歳に「布団代取り戻せる」…1千万円詐取(30日)

約7年前から約40回にわたり訪問販売で計700万円分の寝具を購入した新潟市中央区の無職女性(75)が、2人組の男に「払いすぎた布団の代金を取り戻せる」と持ちかけられ、現金1000万円をだまし取られたことが分かった。新潟中央署が30日発表した。

 同署によると、女性は1人暮らし。9月17日午前9時ごろ、自宅に「払いすぎた布団の代金141万円を取り戻せる」と男の声で電話があった。約30分後、ワイシャツ姿の2人組の男が訪れ「取り戻すには500万円が必要だ。21日に141万円と一緒に返す」と持ちかけられた。女性は預金から500万円を引き出し、17日午後に自宅で手渡した。21日も同じ2人組が自宅を訪れ金を要求、女性はさらに500万円を渡した。その後、男たちの連絡が途絶え、不審に思った女性が24日に同署へ相談した。同署は2人組が布団を販売した業者の関係者である可能性もあるとみて、詐欺容疑で捜査している。【川畑さおり】

Logo_mainichi_s1_4

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101001k0000m040029000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏を不起訴処分 07年の虚偽記載容疑、捜査終結(30日)

小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京地検特捜部は30日、2007年分の政治資金収支報告書に関する政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑について、改めて小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)処分にしたと発表した。特捜部の一連の捜査は、これで終結した。

 この事件では、2004年に小沢氏からの借入金4億円で都内の宅地を約3億5千万円で買い、07年に小沢氏に4億円を返済するなどした収支を収支報告書に記載しなかったとして、今年2月に衆院議員・石川知裕被告(37)ら元秘書3人が同法違反罪で起訴された。

 小沢氏は共犯に問えないとして不起訴となったが、告発した市民団体が、04、05年分と07年分の収支報告書に分けて、市民で構成する検察審査会に審査を申し立てていた。

 07年分を審査した東京第一検察審査会は7月、「不起訴不当」と議決。特捜部は、民主党代表選が終わるのを待って、今月18日に小沢氏から通算4度目となる聴取をしていた。

 一方、04、05年分を審査した東京第五検察審査会は4月に「起訴相当」と議決。特捜部は再捜査の末、5月に再び不起訴としたため、現在は2回目の審査中。10月末までに結論が出るとみられる。11人のうち8人以上の賛成で「起訴すべきだ」と議決すれば、小沢氏は裁判所指定の弁護士によって強制的に起訴される。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警本部長は60万円 不正経理で計1億円返還(30日)

総額11億4千万円余の不正経理が発覚した神奈川県警は30日、不正が確認された2003年度以降の本部長ら現職幹部や元幹部約950人に、約1億1300万円を国や県に返還させると発表した。「制度や組織に問題があった」として監督責任を問う。

 役職別の負担は本部長の60万円が最高で、総務部長と警務部長が25万円、各警察署の会計課長が9万円などとした。不正経理が全庁的に続いていたとして、幹部以外の一般職員に対しても、具体的な金額は決めないが、1口1万円で「協力金」を有志に求める。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童虐待通報受け安否確認できず、261件(30日)

厚生労働省は30日、児童相談所(児相)が「児童虐待の疑いがある」との通報を受けながら、児童の安否確認をできていないケースが、23都府県で計261件(8月30日現在)あったと発表した。

 大半が住所などが特定できておらず、大阪市西区のマンションで幼児2人の遺体が放置された事件など、すでに発覚している2件の児童死亡事件も含まれていた。

 厚労省は同日、全国の児相に、「『特定できない』で済まさず、地域と協力して対応してほしい」などと文書で通知した。

 調査は、今年7月に大阪の事件で児相が通報を受けながら安否確認をしていなかったことが発覚したことを受けて実施。全国の児相が4~6月に受けた通報1万3469件のうち、安否確認ができていないケースを調べた。261件の内訳は「住所などが特定できない」が238件、親が面会を拒否しているなどの「対応中」が14件、住民登録はあるが住んでいない「行方不明」が6件など。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「悪徳企業名の公表を」 都の暴排条例巡り提言tZb

東京都が制定を目指す暴力団排除条例の内容を検討してきた有識者会議が、暴力団との関係を絶たない企業名の公表などを盛り込んだ提言をまとめた。警視庁は提言を元に具体的な条例案作りに着手、来年1月にも都議会に提出する方針を示している。

関連記事

記事本文の続き 警視庁によると、提言では再三の注意にもかかわらず、暴力団が実質経営する企業との取引をやめない事業者名を公表することや、罰則を科すことを求めている。

 また、身分を偽って資金獲得を図る暴力団関係者に名義を貸したり、学校近辺に暴力団事務所を開設することを禁じるほか、青少年の暴力団事務所への立ち入りも規制する必要性を訴えている。

 全国では福岡県など全国8府県で独自の暴力団排除条例が制定されている。

 警視庁組織犯罪対策総務課の飯利雄彦課長は「日本一の経済都市である東京は、資金獲得の場が多い。東京の態勢が脆弱(ぜいじゃく)では暴力団がますます入ってくるため、実効性のある条例作りが大切だ」と話している。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、1日単位・レベル)

ひったくり事件の現状

【治安解説】
212

  警視庁は30日、東京・清瀬市の路上で、原付バイクを使って、追い抜きざまに自転車の前かごからバッグをひったくった埼玉・新座市の無職の男(39)を逮捕した。

 男は9月1日清瀬市の路上で、女性が乗っていた自転車の前かごから、現金およそ10万円が入ったバッグをひったくった疑いで「生活が苦しかったので、ひったくりをやった」と容疑を認めており、十数件の余罪があるとみて捜査している=フジテレビ

 最近逮捕されるひったくり犯には余罪が多く、1人検挙で数十件が解決する例が多い。

 警察庁がまとめた今年1~8月の数字によると全国で発生したひったくり事件は1万130件で前年同月比で3177件も減少している。

 例によって発生のベスト5は、1位が千葉県の1553件、2位が大阪の1551件、3位が東京で1191件、4位が神奈川の1177件、5位が愛知の1084件と続き、上位は相変わらず他の事件でも見る顔ぶれ(都府県)である。

 一方、検挙件数と検挙人員数でみると検挙件数1位の千葉は50人を検挙して587件の事件を解決。2位の大阪は140人検挙して583件解決。3位の福岡は57人検挙の536件解決。4位の東京は136人逮捕で461件を解決するなど、余罪が多いのがこの事件の特徴だ。

 参考のため記すが検挙率の1位は和歌山で177㌫、2位が広島で144.3㌫、3位が島根の100㌫と続いた。

 首都東京の体感治安は、最近のマスコミは事件の価値観が変わってきており、扱いが極めて冷静になっている。単なる強盗事件では地方版扱いとなり体感的に大きな影響を与えない。よって首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(30日)

振り込め詐欺:「出し子」2被告、窃盗容疑で追送検--計3400万円 /長野

Logo_mainichi_s1_2

 県警振り込め詐欺対策室は、警官などを名乗りだまし取ったキャッシュカードを使って現金を引き出す「出し子」役をしていた住所不定、無職、泉田哲也(29)=窃盗罪で公判中=と、同、派遣社員、本間啓之(41)=窃盗罪で既に起訴=の両被告を、28日までに窃盗容疑で長野地検松本支部に追送検した。被害額は計51件・約3400万円に上るという。

 追送検容疑は、今年2~3月に県内や東京都など1都11県に住む60~90代の女性26人からだまし取ったキャッシュカード数十枚を使い、現金計約3400万円を盗んだとしている。内訳では、泉田容疑者が38件・約2700万円、本間容疑者は13件・約700万円という。

 同室によると、両容疑者は以前から仕事を通じた知人。引き出した額の1割を、他の仲間から報酬として受け取っていたらしい。【小田中大】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100929ddlk20040025000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ:足にタイヤ痕、51歳女性死亡 愛知・小牧(30日)

30日午前5時20分ごろ、愛知県小牧市北外山の県道で、女性が車道に倒れているのを車で通りかかった男性(51)が見付け、110番した。女性は病院に運ばれたが、多発性ショックで死亡した。女性の左足にタイヤ痕があり、県警小牧署がひき逃げ事件とみて捜査している。

 同署の調べでは、女性は現場に落ちていたバッグの中の運転免許証から近くの無職、江崎美代子さん(51)。右側頭部が陥没し、左ひざ下も骨折していた。【花井武人】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100930k0000e040079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム3容疑者を公費懸賞金の対象に(30日)

 警察庁は30日、「公費懸賞金制度」の対象にオウム真理教事件で特別手配中の高橋克也(52)、菊地直子(38)、平田信(45)の3容疑者を追加すると発表した。

 11月からの1年間で、逮捕につながる情報の提供者には国費から最高300万円が支払われる。

 高橋、菊地両容疑者は、13人の命が奪われた「地下鉄サリン事件」で、平田容疑者は仮谷清志さん(当時68歳)拉致事件などで指名手配されている。警視庁OBで作る団体が200万円の私的懸賞金をかけているため、有力情報には総額500万円が支払われる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

政府、尖閣衝突ビデオを国会提出へ(30日)

 衆院予算委員会は30日昼、集中審議後の理事会で、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関し、海上保安庁が撮影したビデオの提出を政府に要求することで合意した。

 政府は理事会の決定を踏まえ、速やかにビデオを国会に提出する手続きに入る見通しだ。

 提出されるビデオを公開するかどうかなどについては、同委理事会で引き続き協議する。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・清瀬市で原付バイクで追い抜きざまに自転車の前カゴからバッグ奪った無職男逮捕(30日)

東京・清瀬市の路上で、原付バイクを使って、追い抜きざまに自転車の前かごからバッグをひったくった無職の男が逮捕された。警視庁は、十数件の余罪があるとみて捜査している。
窃盗の疑いで逮捕された埼玉・新座市の無職・池上正男容疑者(39)は9月1日、清瀬市の路上で、女性が乗っていた自転車の前かごから、現金およそ10万円が入ったバッグをひったくった疑いが持たれている。
警視庁の調べに対し、池上容疑者は「生活が苦しかったので、ひったくりをやった」と容疑を認めているという。
現場周辺では、特徴が似た原付バイクによるひったくり事件が十数件相次いでおり、警視庁は余罪を追及している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00185355.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁の巡査長逮捕 女子高生を児童買春容疑(30日)

神奈川県警は30日、女子高生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、東京都町田市原町田、警視庁府中署刑事組織犯罪対策課の巡査長山本尊弘容疑者(40)を逮捕した。県警によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は5月30日、相模原市南区のホテルで、町田市に住む私立高の女子生徒(17)に3万円を渡して、みだらな行為をした疑い。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010093001000341.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本刀、のこぎり…けんか準備の少年ら逮捕 不登校施設で知り合う(30日)

 相手の少年グループに危害を加える目的で日本刀のこぎりなどの凶器を持って集合したとして、警視庁少年事件課などは、凶器準備集合容疑で、東京都江戸川区の区立中3年の男子生徒(14)ら少年8人を逮捕し、同非行事実で中学2年の男子生徒(13)を児童相談所に通告した。

 同課によると、少年らの一部は不登校の生徒で、男子生徒らは不登校生徒らが相談に訪れる公立の支援施設を通じて知り合った。

 逮捕容疑は8月6日夜、相手の少年グループを攻撃する目的で、日本刀ゴルフクラブのこぎりなどを準備し、足立区東綾瀬の都立公園に集まったとしている。

 同課によると、過去に同級生だった少年グループからいじめにあっていた少年の1人が、その後も継続的に携帯電話で金銭を要求されていることなどを男子生徒に相談。男子生徒らは少年グループと話し合いの場を設けたが、事前のやり取りでけんか状態になったため、凶器を持って集まったという。

 当日、現場で凶器を見て驚いた少年グループの1人が両親に連絡。母親が駆けつけたところ、男子生徒らは逃げ出したという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100930/crm1009301139008-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・杉並区で未成年者誘拐容疑で逮捕の男、男児の記憶違いがあったなどとして釈放(30日)

東京・杉並区で小学生の男子児童を自宅に泊めたとして、警視庁は35歳の男を逮捕したが、その後の調べで、男子児童の記憶違いがあったなどとして、29日、男を釈放した。
この事件は、35歳の男が2010年2月、杉並区の路上で当時小学4年の男子児童に声をかけ、家に泊めたとして、未成年者誘拐の疑いで逮捕されたもの。
その後の調べで、以前から男と男子児童が顔見知りだったことがわかり警視庁は29日、男を釈放した。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00185340.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

値上げ前日、たばこ強奪試み逃走 愛知のコンビニで男(30日)

 30日午前5時ごろ、愛知県岡崎市栄町4丁目のコンビニエンスストア「ローソン岡崎栄町店」のアルバイトの男性店員(26)から強盗に遭ったと110番通報があった。

 岡崎署の発表によると、店員は、来店した男がレジの前にあったたばこ1カートンを店外に持ち出したため声をかけたところ、顔を素手で数回殴られた。店員は前歯3本が折れた。男はたばこを店の駐車場に置いて、走って逃げた。同署は強盗致傷事件として調べている。

 同署によると、男は20歳ぐらい。身長180センチほどのやせ形で、短髪で白いカッパを着ていたという。

 男が奪おうとしたたばこの銘柄は、10月1日から1箱140円値上がりし、440円になる。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢して逃げたら…私服警官と鉢合わせ(30日)

28日午後10時30分頃、京都府亀岡市内丸町の路上で、歩いていた高校3年の女子生徒(17)が、後ろから近づいてきた男にスカートに手を入れられるなどした。

 男は犯行後、来た方向に走って逃げたが、約10メートル先で、立っていた男性と鉢合わせ。男性は私服の亀岡署員で、「俺は警察官だ」と告げると、男は驚きながらもおとなしくなり、府迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。署員は、女子生徒の後ろをついて歩く男を不審に思い、警戒していたという。

 男は同市内の無職田中一大容疑者(31)。発表では、周辺で痴漢被害が相次いでいるといい、同署は余罪を調べる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車でも酒酔い運転…日本酒5合飲み摘発(30日)

酒に酔って自転車で歩道を走行したとして、富山県警富山中央署は29日、富山市の無職男(59)を道交法違反(酒酔い運転)の疑いで書類送検した。

 県警が統計を取り始めた1996年以降、自転車の酒酔い運転摘発は初めて。男は歩道をふらついて走行し、男性に接触して転倒させ、同署の飲酒検知で発覚した。罰則は、自動車と同じ5年以下の懲役または100万円以下の罰金。

 発表によると、男は3日午後10時45分頃、同市新桜町の歩道で酒に酔って自転車に乗った疑い。接触された男性は転倒後、起き上がって立ち去ったが、近くを通りかかった通行人が110番。駆けつけた同署員が飲酒検知したところ、アルコール分が検出された。

 同署によると、男は同日、JR富山駅近くの居酒屋で日本酒5合や焼酎数杯を飲み、帰宅途中だったという。2010年9月30日10時32分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場に意識不明の男性、財布なし(30日)

29日午後10時頃、埼玉県三芳町藤久保の埼玉県信用金庫三芳支店駐車場で、同県ふじみ野市上福岡、無職

鎗田

(

やりた

)

直人さん(45)が倒れているのを通行人の女性が発見し、119番した。

 鎗田さんは脳挫傷と外傷性くも膜下出血で意識不明の重体。東入間署は、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査している。

 発表によると、定期入れが近くに落ちていた。運転免許証などはあったが、財布はなかった。家族によると、鎗田さんは同日午後1時頃、自宅を出たという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フィッシング対策など検討へ 警察庁有識者会議(30日)

警察庁主催の有識者会議「総合セキュリティ対策会議」の平成22年度第1回会議が10月4日に開催されることが決まった。今年度の主要テーマは不正アクセス対策と違法有害情報対策、サイバーボランティアの育成の3つで、年度末までに報告書がまとめられる。

関連記事

記事本文の続き 不正アクセスでは、個人情報やパスワードをだまし取る「フィッシング」などへの対策、違法情報では削除依頼先の明記の在り方などについて、法改正も含めた検討が行われる。

 同会議は情報ネットワークの安全性確保を目的に、産業界と警察の連携のあり方を検討するため、平成13年に設置された。これまでにインターネット・ホットラインセンターや著作権侵害対策などの施策が報告書をもとに実施されている。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットの違法情報、発信地割り出しを警視庁に一元化で摘発強化 警察庁(30日)

児童ポルノや違法薬物の売買などインターネット利用した犯罪の増加に対応するため、警察庁は30日、ネット上の違法情報について、警視庁がサイト管理者に照会して発信場所を特定した後、警察庁を通じて各道府県警察に情報提供する「全国協働捜査方式」を10月から試験的に導入すると発表した。“犯行場所”を特定しにくいサイバー犯罪の捜査を効率化し、取締り強化を図る。

関連記事

記事本文の続き 新方式で対応するのは、ネット上の違法・有害情報を受け付けている「インターネット・ホットラインセンター」(IHC)から通報された違法情報。これまでは警察庁を通じ、すべての情報が各都道府県警に提供されていた。

 しかし、この段階で発信地は特定されておらず、捜査すべき都道府県警察や優先順位も判然としない状態だった。さらに、ネット接続業者やサイト管理者への発信地の照会も手間がかかるため、迅速に処理されないケースがあったという。

 こうした実態を踏まえ、警察庁は情報提供方法を抜本的に見直し。大手の接続業者の大半が東京にあることやサイバー犯罪の捜査態勢を考慮し、発信地の照会作業を警視庁に一元化。警察庁が各都道府県警に振り分ける方式を採用することにした。

 この後、各警察が強制捜査などで容疑者を特定して摘発。捜査結果を警察庁に報告させることで処理の迅速化を促す。警察庁は新方式を確立するため、平成23年度予算の概算要求に地方警察官350人の増員を盛り込んでいる。

 IHCは警察庁の業務委託を受け、違法・有害情報の受け付けのほかサイト管理者などへの削除依頼を行っている。今年上半期に警察庁に通報した違法情報は12142件で、通報をもとに検挙した事件は226件にとどまっている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道徳で「誘拐の脅迫状」作成 山梨の小学校 共同作業の重要性狙い(30日)

山梨県韮崎市の市立小学校で、5年生の担任の40代男性教諭が道徳の授業中に、身代金目的誘拐の脅迫文に似せた文書を新聞を切り抜かせて児童に作らせていたことが30日、市教育委員会と学校への取材で分かった。

 教諭は学校側の聞き取りに「共同作業の大切さ」を学ばせる狙いと説明したが、市教委は「不適切な教材」として、教諭に口頭で改善を指導した。

関連記事

記事本文の続き 市教委などによると、授業があったのは27日。教諭が「担任の身柄を確保した。かえしてほしければ8千円もってこい。1秒でも遅れると命はないと思え」などと板書し、用意した新聞から1文字ずつ切り抜いて紙に張り付け、黒板と同じ文面をグループで完成させるよう児童に指示した。

 教諭は作業の目的を「協力する楽しさや、友人の大切さを知ってもらうため」と話し「興味をひくためだが、良くない例文だった」と反省しているという。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

寝込んだ女性客に暴行未遂 元タクシー運転手逮捕(30日)

東京・葛飾区で、酔って寝てしまった女性客に乱暴しようとしたとして元タクシー運転手の男が逮捕されました。

 宮崎県えびの市のトラック運転手・宮毛勉容疑者(64)は、都内でタクシー運転手として働いていた去年5月、飲食店従業員の20代の女性客が酔って寝たすきに車内で乱暴しようとした疑いが持たれています。警視庁によると、宮毛容疑者は取り調べに対して、「女性の体に触ったが、乱暴はしていない」と容疑を否認しています。宮毛容疑者は、ほかの多数の女性客にも「料金を半額にするから、わいせつな行為をさせてほしい」などと言っていて、タクシー会社には苦情が相次いでいました。警視庁は余罪についても調べています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200929046.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

結婚詐欺男を任意同行 30万円詐取の疑い(30日)

 結婚する意思があるかのように装い、交際相手の女性から現金約30万円をだまし取ったとして、埼玉県警は29日午後、31歳の男を任意同行しました。

 任意同行された31歳の男は、すでに妻がいるのに交際相手の女性(30)に結婚をちらつかせ、「金が必要だ」と持ちかけて現金約30万円をだまし取った疑いが持たれています。埼玉県警は、女性から被害届を受けて内偵捜査を進めていました。警察は、容疑が固まり次第、男を逮捕する方針です。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200929048.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

育児不安で衝動的に犯行か(30日)

東京・江戸川区のマンションで、1歳3か月の長女を殺害したとして母親が逮捕された事件で、母親は事件前、地元の自治体に「育児が上手くいかず、子どもといっしょに死にたい」などと相談していたことがわかりました。
警視庁は、母親が育児不安などから、衝動的に犯行に及んだ疑いがあるとみて調べています。
母親は容疑を否認しているということです。
この事件はことし6月、江戸川区松江のマンションの部屋で、1歳3か月の大井優ちゃんの首を圧迫して窒息死させたとして、母親の好美容疑者(37)が殺人の疑いで逮捕されたものです。
母親は事件前、児童相談所や地元の自治体を訪れて、育児への不安を訴え、「子どもを生まなければよかった。いっしょに死にたい」などと相談していたことが、自治体などへの取材でわかりました。また、警視庁によりますと母親は事件当日、元夫に、「変わり果てた姿にする」と長女に危害を加えることをほのめかす内容のメールを送っていたということです。
警視庁は、母親が育児への不安などから、衝動的に犯行に及んだ疑いがあるとみて調べています。
警視庁の調べに対し、母親は「私は殺していません」などと容疑を否認しているということです。

09月29日 21時24分http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004273571.html

News_pic1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで有名芸能人名乗った男、女子中学生に淫行容疑(30日)

有名芸能人になりすまして女子中学生を誘い出し、みだらな行為をしたとして、愛知県警は29日、東京都渋谷区円山町、会社員持田昌伸容疑者(25)を県青少年保護育成条例違反(淫行=いんこう=)の疑いで逮捕し、発表した。県警の説明では、持田容疑者は「今は話したくない」と供述し、容疑を否認している。

 中村署によると、持田容疑者の逮捕容疑は、5月13日に名古屋市中区大須のホテルで、同市中村区在住の中学3年の女子生徒(15)が18歳未満であると知りながら、みだらな行為をしたというもの。

 持田容疑者は5月上旬に男性芸能人のファンサイトの掲示板に自身のメールアドレスを書き込み、この芸能人のファンだった被害生徒とメールのやりとりを始めた。メールには「芸能界に入りたいの?」などと書き、生徒には芸能人本人と思い込ませていた。会う際は「おれの知り合いが名古屋に行く」と伝え、この芸能人の知り合いのふりをしていたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

前田容疑者「故意に改ざんと報告した」と供述(30日)

郵便不正事件を巡る証拠品のフロッピーディスク(FD)改ざん事件で、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)(証拠隠滅容疑で逮捕)が最高検の調べに「FDを意図的に改ざんした」と容疑を認め、上司だった大坪弘道・前特捜部長(現・京都地検次席検事)と佐賀元明・前副部長(現・神戸地検特別刑事部長)に対し、「故意に改ざんしたと報告した」と供述していることが分かった。

大坪前部長らは「過失との報告を受けた」と異なる説明をしており、最高検は慎重に裏付け捜査を進めている。

 最高検の調べでは、前田容疑者は昨年7月13日、自称障害者団体の要請で厚生労働省側が発行した偽証明書のデータを収めたFDを私物のパソコンで操作。特捜部が描いた事件の構図に沿うように、偽証明書の作成日時を「2004年6月1日」から、「04年6月8日」に改ざんした疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫?大阪の捜査機関…今度は府警、檻の中で肉体関係(30日)

留置中だった女性と留置施設のなかで肉体関係を持ったとして、大阪府警は29日、特別公務員暴行陵虐容疑で、枚方署総務課留置管理係の高木康幸警部補(49)=兵庫県尼崎市椎堂=を逮捕した。府警によると女性は「親切にしてもらったので冗談で誘った」と話しているが、高木容疑者は容疑を否認している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、看守として勤務中だった昨年9月10日未明、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕、起訴され留置中だった女性(38)と署内の留置施設で肉体関係を持ったとしている。

 府警によると、夜勤の際、看守は留置施設のカギを携帯しないことになっているが、高木容疑者は非常用のカギを使った可能性が高い。非常用カギは普段、封筒に入れて封印されているが、テープをはがして取り出し、わからないように戻していたとみられる。

 女性は21年3月に逮捕され、高木容疑者が相談などにのっていた。女性が拘置所に移される前日、女性側が深夜、自分の部屋にくるよう誘ったという。隣室で留置されていた別の女性が扉の開く音を聞いていた。

 女性は今年7月に覚せい剤取締法違反容疑で再び逮捕されたが、警察の対応に不満を持ち、高木容疑者と関係を持ったことを明かしたという。府警は、高木容疑者による便宜供与はなかったとしている。

 また捜査の過程で、高木容疑者の直属の部下で、共に宿直業務などをしていた男性巡査長(28)が、留置されていた別の女性(28)と、釈放後に交際していたことも判明。府警は警察官としての信用を失墜させる行為としている。

 府警の池田満監察室長は高木容疑者について「警察官としてあってはならない言語道断の行為で、痛恨の極み。事実関係を明らかにし、厳重に処分する」とコメントした。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「性的欲求満たすために…」農水省職員が女子高生を盗撮(30日)

 バッグに仕込んだデジタルカメラで女子高校生の下半身を盗撮したとして、千葉中央署は29日、県迷惑防止条例違反の現行犯で、農林水産省職員、佐竹貴行容疑者(27)=千葉県香取市佐原ホ=を逮捕した。同署の調べに対し、佐竹容疑者は「性的欲求を満たすためにやった」などと容疑を認めている。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、佐竹容疑者は同日午後6時50分ごろ、千葉市中央区のJR千葉駅構内の階段で、同県袖ケ浦市の私立高校3年の女子生徒(18)の後ろから、ビジネスバッグ内に仕込んだ動画状態のデジタルカメラで、女子生徒の太ももや尻などを撮影したとされる。警戒中の私服警察官が不審な動きをしている佐竹容疑者に気づき、取り押さえた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月29日 | トップページ | 2010年10月1日 »