« 2010年9月10日 | トップページ | 2010年9月12日 »

2010年9月11日

2010年9月11日 (土)

逃げた男が防犯カメラに 横浜ひき逃げ死亡事件(11日)

11日未明、防犯カメラが横浜市の駐車場で車上荒らしをしている男の様子をとらえました。この約20分後、この男が乗ったとみられる車がパトカーに追跡されて逃げる途中、バイクに乗った男性をはねて死亡させました。この男は現在も逃走中です。

 午前0時40分ごろ、横浜市港北区の県道で、パトカーに追跡されていた乗用車が、目の前で転倒したオートバイに乗っていた古宮真吾さん(33)をはねてそのまま逃走しました。古宮さんは死亡しました。ANNが独自に入手した防犯カメラの映像には、ひき逃げ事件の20分ほど前、逃げた車に乗っていたとみられる男が駐車場をうろうろと歩き回り、車の中を懐中電灯を使って物色する姿が映っています。男は、車の持ち主が戻ってくると慌てて前に止めてあった白っぽい乗用車に乗り込んで逃走しました。
 管理人:「お客さんはアレッという感じで、何だろ?と一瞬(思ったみたいです)」
 警察は、死亡ひき逃げ事件として男の行方を捜査しています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200911030.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・八潮のホテルで男性変死、殴られた跡(11日)

11日正午頃、埼玉県八潮市大曽根のホテル2階の客室で、男性がベッドの上であおむけに倒れているのを男性従業員が見つけ、110番した。

草加署員が駆けつけると、男性は顔に殴られたような跡が数か所あり、既に死亡していた。同署は事件に巻き込まれた可能性があるとみて、身元確認を急ぐとともに死因を調べている。

 発表によると、男性は20~40歳ぐらい。上半身は裸で、胸のあたりから下半身までシーツがかけられていた。チェックインしたのは10日午前9時頃で、発見直前に室内の精算機で支払いが行われていた。(2010年9月11日19時45分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

当て逃げ容疑で警官逮捕 栃木県警巡査長、実家で飲酒(11日)

栃木県警さくら署は11日、道交法違反(当て逃げ)の疑いで、県警那須塩原署留置管理課の巡査長、田口智識容疑者(24)=那須塩原市下永田=を逮捕した。県警によると、田口容疑者は同県下野市の実家で運転前に飲酒しており、県警は飲酒量などを調べている。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は10日午後10時10分ごろ、さくら市蒲須坂の国道で、乗用車を縁石や道路工事用の柵にぶつけたが、逃走した疑い。

 県警によると田口容疑者は、事故直後は目撃者の通報で駆け付けたさくら署員の質問に答えていたが、署員が飲酒を調べようと検知管をパトカーに取りにいったすきに逃げた。署員には職業や名前を名乗っており、11日午前6時50分ごろ、実家に来た田口容疑者を捜査員が発見した。

 県警の舘野勝則首席監察官は「警察官としてあってはならない行為で、心からおわび申し上げる。再発防止に努めたい」と話した。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

同居女性殺した容疑で男逮捕 高知(11日)

 高知署は11日、同居する女性の首を絞めて殺したとして、殺人の疑いで高知市の無職、吉川幸一容疑者(33)を逮捕した。

 逮捕容疑は11日午前1時ごろ、自宅マンションで無職、木野由紀子さん(36)の首を腕で絞めて殺したとしている。

 同署によると、現場に争った形跡はなく、男は「木野さんに頼まれて首を絞めて殺した」と話している。8月には、当時男と別れた木野さんから「復縁を迫られたらどうしよう」と同署に相談があり、署員がマンションを訪問したことがあった。

 隣の部屋に住む女性(25)は「最近男女の怒鳴り声をよく聞いた」と話している

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)

独裁政治でもあるまいに…

【治安解説】
212

 割引郵便制度を悪用した事件で大阪地裁は、検察の調書を認めず無罪判決を下した。産経新聞は、「調書裁判の終演」と報じている。事件には、それぞれの捜査手法があるが、これは荒唐無稽と言っては言い過ぎかもしれないが、最高裁判所の判決に怒り心頭なお方がいるという話しである。

 「私の事件や小沢一郎前幹事長の事件を見ても密室での取り調べや調書を金科玉条のごとく裁判所は採用している。真の公平はどこにあるのか」 (産経新聞10日社会面)

 何で小沢前幹事長の調べが引き合いに出されるのか分からないが、日程が大阪の判決と逆になっていたら、もう検察はどんな批判をあびていたかと思うとゾッとする。

上の談話は一審や二審の判決に対する談話ではなく、5人全員一致で下した最高裁の判決に対する〝ご意見〟だ。

 このお方。小沢前幹事長の政治資金規正法違反の問題で検察審査会の「起訴相当」の議決が出た際には「検審の議決は報道が原因」とイキ巻き、民主党議員と「検察審査会の見直し」をブチあげた御仁。

 自分に不利益になると、議員の職権を最大限に利用して批判を強める。そうした傾向は現政権にも散見でき、民主主義は危機的状況にある。

   11日未明、東京・板橋区で歩いていた女性がバイクの男に、5万円の入ったバッグを奪われ、女性は突き飛ばされて転倒し、けがをするひったくり事件が発生した。逃げた男は黒っぽいバイクに乗り、年齢は20代、赤い色の半キャップ型のヘルメットをかぶり、青いシャツを着ていたという。首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (2) | トラックバック (0)

バイク男が5万円入りバッグ奪う、女性けが (11日)

11日未明、東京・板橋区で歩いていた女性がバイクで近づいてきた男に、およそ5万円の入ったバッグを奪われました。女性は突き飛ばされて転倒し、けがをしました。

 11日午前3時過ぎ、板橋区・赤塚の路上で千葉県市川市に住む飲食店従業員の女性(45)が歩いていたところ、後ろからバイクに乗った男が近づいてきて、女性の前に回り込んで停まりました。

 男はバイクから降り、女性が持っていた現金およそ5万円入りのトートバッグを奪い、再びバイクに乗ってそのまま逃走しました。

 女性は男にバッグを取られた際に、もみ合いになり、突き飛ばされて転倒。頭の右側を打ち、全治10日のけがをしました。

 警視庁によりますと逃げた男は黒っぽいバイクに乗っていて、年齢は20代、赤い色の半キャップ型のヘルメットをかぶり、青いシャツを着ていたということです。警視庁は、強盗傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4523786.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「なぜお父さんが」…76歳、同じ団地の男に刺され死亡(11日)

11日午前7時45分ごろ、神戸市北区南五葉2丁目の団地敷地内で、団地に住む無職平義則さん(76)が血を流して倒れているのを住民が見つけ、110番通報した。平さんは背中などを複数回刺されており、間もなく死亡した。兵庫県警は同じ棟に住む無職の男(35)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替えて調べる。

 神戸北署によると、目撃者の話をもとに団地5階の男の自宅に入ったところ、男が返り血を浴びており、「わしがやった」と認めたため逮捕したという。そばに凶器とみられる刃渡り約18センチの包丁があった。逮捕後は「知らない。わからない」と否認しているという。平さんは男と同じ棟の1階に住んでいるが顔見知りかどうかは不明という。

 同署によると、男は薬物中毒の後遺症で入院しており、数日前に外泊を許可されて一時帰宅していた。今後、刑事責任能力の有無も調べる。

 平さんの長女は「父は散歩が日課だった。容疑者の男とは面識もない。父が男とトラブルを起こすとは思えず、なぜ殺されたのか、わからない」と話した。

 同じ棟の70代の主婦は「平さんは礼儀正しくおとなしい人。事件直前、奥さんが、平さんが散歩からの帰りが遅いと心配していた。刺された後、奥さんは『なぜお父さんが刺されないといけないの』と大声で叫んでいた」と話した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押し入れに86歳母遺体、無職の60歳男逮捕(11日)

自宅の押し入れに同居の母親(86)の遺体を放置したとして大阪府警寝屋川署は11日、寝屋川市三井が丘2、無職竹本豊容疑者(60)を死体遺棄容疑で逮捕した。

調べに対し、「死んだと分かっていたが、遺体をそのままにした」と容疑を認めている。

 発表によると、竹本容疑者は、府営寝屋川秦住宅4階の自宅和室の押し入れに、母親の山田シズエさんの遺体を遺棄した疑い。

 目立った外傷はなく、8月下旬に死亡したとみられる。同署は近く司法解剖し、死因や死亡の経緯を調べる。

 竹本容疑者と母親は2人暮らし。付近住民が10日夕、異臭がするのに気づき、110番。駆けつけた同署員が押し入れの遺体を発見し、室内にいた竹本容疑者から事情を聞いていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽500円玉20枚以上、日銀鑑定で判明(11日)

北海道帯広市内の金融機関などで20枚を超える偽500円硬貨が見つかっていたことが11日わかった。

帯広署は偽造通貨行使事件として捜査している。

 帯広信用金庫(本店・帯広市)によると、同信金には7月下旬、市内の別々の小売店から2枚が持ち込まれた。500円硬貨は傾けると「0」の中に小さな「500円」の文字が見えるが、この硬貨にはなかったという。

 日銀に鑑定を依頼し、いずれも偽造と判明した。また、8月にも偽造の疑いがある500円硬貨1枚が小売店から持ち込まれ、鑑定を行っているという。

 帯広署によると、帯広市内では、同信金以外からも偽500円硬貨が見つかり、これまでに計二十数枚に上るという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクの高1、警官を30メートルひきずる 奈良(11日)

 11日午前0時15分ごろ、奈良市西木辻町の市道で、2人乗りのミニバイクを交通取り締まり中の奈良署員が発見、停止を求めた。バイクが無視したため制止しようとした同署員が、約30メートル引きずられて振り落とされた。バイクはそのまま逃走した。署員は右手打撲などの軽傷。

関連記事

記事本文の続き 同署が公務執行妨害容疑などで逃げたバイクの行方を追っていたところ、同日午前3時ごろ、同市内の県立高校1年の男子生徒が同署に出頭。「無免許運転だったので逃げた」と容疑を認めたため同容疑などで逮捕した。バイクに同乗していた少女(16)は現場でバイクから降りていた。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーが追跡中の逃走車にひかれバイク男性死亡(11日)

パトカーが追跡中の車が、転倒したバイクの男性をひいて逃走しました。男性はまもなく死亡しました。

 11日午前0時半ごろ、横浜市港北区の県道で、パトカーに追われていた乗用車が、対向車線を走ってきて転倒したバイクの男性をひき、そのまま走り去りました。男性は小宮真吾さん(33)で、病院に搬送されましたがまもなく死亡が確認されました。この20分前、港北区内で止めてあった車の窓ガラスを割り、バッグを盗んで走り去る車が目撃されたため、警察が現場付近をパトロールしていました。

パトカーが似た車を発見したため停車を求めましたが、逃走したため追跡していました。小宮さんはパトカーを避けるために路肩に寄せて停車しようとしていましたが、ハンドル操作を誤って転倒しました。警察では、死亡ひき逃げ事件として犯人の行方を追っています。また、「追跡方法に問題はなかった」としています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野の死亡男性、刺殺と断定(11日)

長野県伊那市で10日、同市の会社員、佐野利光さん(42)が軽乗用車内で血を流して死亡しているのが見つかり長野県警は刃物のようなもので刺されたと断定、殺人事件として11日、伊那署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、佐野さんは首など数カ所を刺されており、司法解剖の結果、死因は失血死と分かった。車内で血の付いた刃物のようなものが見つかった。

関連記事

記事本文の続き 佐野さんの車は10日午前7時ごろ、市道で電柱に衝突した状態で発見。9日夕に伊那市内で知人が佐野さんを目撃しており、捜査本部は9日夕から10日朝の間に死亡したとみて調べている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ対策 事業者が会合(11日)

児童ポルノのサイトをインターネットから強制的に遮断する、「ブロッキング」と呼ばれる新たな対策が国内で始まるのを前に、遮断を行うインターネット接続事業者の会合が東京で開かれ、導入に向けた課題などが検討されました。

会合には、国内のインターネット接続事業者の担当者らおよそ150人が参加して、初めにブロッキングの仕組みや課題について説明を受けました。ブロッキングは、児童ポルノを掲載しているサイトへの利用者のアクセスを、接続事業者が強制的に遮断する技術で、国内では来年度から実施される予定ですが、利用者の通信の秘密を侵害するという懸念なども指摘されています。10日の会合では、弁護士なども加わった討論が行われ、参加者からは、Winnyなどのファイル交換ソフトを使って児童ポルノをやり取りする手段に対しては、ブロッキングでは対応が難しいという課題が指摘されました。

 一方で、子どもを支援する団体の担当者からは、「ブロッキングの実施は、被害にあった子どもの救済につながり、取り組みを進めてほしい」という要望も出ていました。インターネットの業界団体や接続事業者では、今後、遮断する対象のサイトをリストにまとめるなど、ブロッキングの来年度からの運用に向けた準備を進めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100911/k10013923861000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁の警備犬訓練所、30周年で式典 (11日)

爆発物の発見や災害現場での捜索を行う警視庁警備犬の訓練所が30周年を迎え、式典が開かれました。

 東京・多摩地区の警視庁・警備犬訓練所は、爆発物の発見、凶悪犯人の検挙、災害現場での被災者の捜索などで活躍する警備犬を育成する目的で、1980年、警視庁・警備部に創設されました。

 警備部長や地域住民を招いて開かれた式典では、2004年の新潟中越地震の土砂崩れ現場で男の子を発見したレスター号も参加し、日ごろの訓練の成果を披露しました。(11日02:57)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4523617.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「見たのは別人」犯行当時の目撃者証言 布川事件再審(11日)

43年前に茨城県利根町布川(ふかわ)で男性が殺されて現金を奪われた「布川事件」の裁判をやり直す再審の第3回公判が10日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)で開かれた。強盗殺人罪で無期懲役がいったん確定した後、仮釈放された杉山卓男さん(64)と桜井昌司さん(63)の無罪を立証するため、事件当時に現場近くで人を見たという女性(77)が弁護側の証人として出廷。「当時見たのは杉山さんではなく、近所に住む知人の男性」と別人の名前を挙げた。

 検察側は事件後、この女性の「杉山さんではない」とする供述を得ていたが、確定審では供述調書を提出しなかった。2001年に始まった2回目の再審請求審で初めて開示し、再審開始の一つの根拠となった。この日は証言とともに供述調書も証拠採用されたため、無罪判決の公算がさらに大きくなった。

 証言によると、女性は、被害者の男性が殺害されたとされる時間の直前、被害者宅前を自転車で通過。その際、勝手口で被害者と向き合って話す男と、門の近くに立つ男を見たという。女性は「勝手口の男は暗くて誰か分からなかったが、門の近くの男は、面識があった杉山さんとは背格好や顔の特徴が異なっていた」などと述べた。確定審では別の目撃者の「男性宅前で桜井さんと杉山さんの2人を見た」という証言が有罪の根拠の一つだったが、それを覆す証言に当たる。

 女性は事件後の警察などの事情聴取で目撃した男性の名を言わなかったといい、この日の公判では「近所の人なので、名前を出すのが悪いと思った」と説明した。弁護側によると、この男性は事件への関与を否定しているという。

 次回公判は10月15日。桜井さん、杉山さんの被告人質問が予定されている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

厚労省・村木元局長に無罪判決…郵便不正(11日)「調書裁判」の終焉? 特捜事件でも法廷重視 郵便不正

郵便不正に絡む偽の障害者団体証明書発行事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)(起訴休職中)の判決が10日、大阪地裁であった。

 横田信之裁判長は、証明書発行が国会議員の口利きによる「議員案件」だったとする検察側の構図を全面的に否定し、「元係長が、村木被告の指示で証明書を作成した事実は認められない」と述べ、無罪(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

 長妻厚労相は、判決が確定した場合、村木被告を職場復帰させることを明言。検察側は控訴断念も含めて検討を始めた。

 村木被告は2004年6月上旬、元係長・

上村

(

かみむら

)

勉被告(41)(公判中)に指示し、障害者団体の実体がない「

(

りん

)

の会」に障害者団体と認める証明書を発行した、として昨年7月に起訴された。

 検察側は事件の発端を凛の会元会長・倉沢邦夫被告(74)(一部無罪、検察控訴)から依頼を受けた民主党の石井一参院議員(76)が厚労省の当時の塩田幸雄・障害保健福祉部長(59)に口利きした「議員案件だった」とした。

 判決で、横田裁判長は、凛の会側から口利きを依頼されたとされる日に、石井議員が千葉県内でゴルフをしていたことなどを指摘。塩田部長の捜査段階の供述の信用性も否定し、「『議員案件』につながる事実は認定できない」と述べた。

 また、横田裁判長は「独断で発行した」という上村被告の証言について、「一人で抱え込むという上村被告の性格を考えると、必ずしも不自然とはいえない」とし、村木被告の指示があったとする検察側の主張を否定した。

 「倉沢被告が厚労省内で村木被告から直接、証明書を受け取った」とする検察側の主張も退け、厚労省近くの喫茶店で凛の会元会員・河野

克史

(

ただし

)

被告(69)(有罪、控訴中)に渡したという上村被告の証言は「自然で合理的」と判断した。

 村木被告は一貫して無罪を主張。公判で横田裁判長は5月、「取り調べに誘導があった」などと、主要な供述調書の証拠請求を却下していた。

 大阪地検の大島

忠郁

(

ただふみ

)

・次席検事は、「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とのコメントを出した。

 

続きを読む "厚労省・村木元局長に無罪判決…郵便不正(11日)「調書裁判」の終焉? 特捜事件でも法廷重視 郵便不正"

| コメント (0) | トラックバック (0)

尾車親方への恐喝未遂容疑、男2人逮捕(11日)

大相撲の尾車親方(53)(元大関琴風)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁本所大相撲の尾車親方(53)(元大関琴風)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁本所署は10日、千葉県市原市平田、職業不詳白井忠義(70)と同市佐是、タクシー運転手宇佐見勝治(70)の両容疑者を恐喝未遂の疑いで逮捕した。署は10日、千葉県市原市平田、職業不詳白井忠義(70)と同市佐是、タクシー運転手宇佐見勝治(70)の両容疑者を恐喝未遂の疑いで逮捕した。

同署幹部によると、2人は8月上旬~9月上旬、東京都江東区の尾車部屋に「二十数年前、暴力団関係者の会合に同席した時の写真がある。マスコミにばらされたくなかったら、金を払え」などと書いた脅迫文を3回送り付け、現金を脅し取ろうとした疑い。2人は実際には写真を持っていなかったという。尾車親方は9日、被害届を提出。同署員らが10日、受け渡し場所の館山自動車道・市原サービスエリアに現れた宇佐見容疑者を発見した。白井容疑者は容疑を認め、宇佐見容疑者は「(運び役を白井容疑者から)頼まれただけ」と否認しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

43年前の目撃者女性、証人尋問…布川事件(11日)

茨城県利根町布川で1967年8月、大工の玉村象天さん(当時62歳)が殺害された「布川事件」で強盗殺人罪に問われ、無期懲役の判決が確定した桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)(ともに96年仮釈放)の再審第3回公判が10日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であった。

事件直後、県警に「現場近くで別人を見た」と供述した同県利根町の女性(77)への証人尋問が行われた。

 女性は、事件前から杉山さんと顔見知り。玉村さん宅前で見た人物を「(杉山さんほど)背は高くなく、細身だった」とし、「杉山さんでなかったのは、はっきりしている」と断言した。

 女性は、事件直後も県警に「現場近くで見た人物は、杉山さんとは違う容姿」と供述。検察側は第2次再審請求で初めてこの供述調書を開示し、再審開始の決め手の一つとなった。再審初公判では検察側が調書の証拠採用を不同意とし、弁護側の要請で事件から43年を過ぎて証人尋問が実現した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・寝屋川の団地で女性の変死体 80代の母親? 60歳の息子を聴取(11日)

 10日午後6時35分ごろ、大阪府寝屋川市三井が丘の府営住宅で、「悪臭がする」と住民から110番があった。通報を受けて駆けつけた警察官が、4階の室内の押し入れのなかで、女性の遺体を発見した。

 寝屋川署は死体遺棄事件とみて、部屋にいた男性(60)から任意で事情を聴いている。男性は「遺体は80代の母親」と説明しているという。

関連記事

記事本文の続き 寝屋川署によると、遺体はブラウスを着用していた。腐敗が進んでおり、司法解剖して死因を詳しく調べる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

買収された51人を書類送検 参院選・民主候補選挙違反で(11日)

7月投開票の参院選比例代表で民主党から立候補、落選した土田博和前参院議員(60)の運動員による選挙違反事件で、調剤薬局社長の伊藤信明容疑者(56)=公選法違反(買収)容疑で逮捕=らから現金5千円~1万円を受け取ったとして、警視庁捜査2課が同法違反(被買収)の疑いで、集会に参加した有権者計51人を書類送検していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 参院選をめぐる買収事件で、50人を超える有権者が立件されるのは異例。伊藤容疑者らは公示後の決起集会で43人に計21万5千円を渡したことが明らかになっているが、その後の調べで公示前も含め、さらにのべ16人に計8万円を配っていたことが新たに判明した。捜査2課は10日、新たな判明分について伊藤容疑者らを追送検した。

 捜査関係者によると、10人は6月15日に東京都中央区内で開かれた演説会で、49人は7月5日に千代田区内で行われた決起集会で、伊藤容疑者らから投票や票の取りまとめなどの報酬として、現金5千円を受け取った疑いが持たれている。このうち8人は両日ともに参加していた。

 土田氏陣営では伊藤容疑者のほか、運動員の千原久栄容疑者(48)と加藤由美子容疑者(48)の2人が同法違反(買収)容疑で逮捕されている。伊藤容疑者が資金を捻出したうえで、千原容疑者に買収工作を指示。千原容疑者から依頼を受けた加藤容疑者が、別の女性運動員を介すなどして、会場や駅などで現金入りの封筒を渡していたという。

 千原容疑者は伊藤容疑者が経営する会社の社長秘書。伊藤容疑者と加藤容疑者は以前、勤務していた会社の同僚だった。土田氏本人は買収行為にかかわっていないという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイト殺人:神田死刑囚の控訴取り下げ有効 名古屋高裁(11日)

名古屋市千種区の派遣社員、磯谷利恵さん(当時31歳)が、闇サイトで集まった男3人に拉致・殺害された事件で死刑判決が確定した神田司死刑囚(39)について、名古屋高裁の下山保男裁判長は10日までに、1審弁護人が神田死刑囚による控訴取り下げを無効とするよう求めた申し立てを退ける決定を出した。弁護側は10日から4日以内に異議申し立てができる。

 決定は9日付。弁護人は「死刑囚の控訴取り下げは本人の真意に基づかず、弁護人も不在で十分な法的援助を受けられない状況での判断だった」と主張していたが、高裁は認めなかった。

 利恵さんの母富美子さん(59)は取材に対し「不安を抱えていた。裁判所がきちんと判断を示してくれてうれしい」と語った。

 強盗殺人などの罪に問われた神田死刑囚については、名古屋地裁が09年3月に死刑判決を言い渡し、神田死刑囚と弁護人の双方が控訴したが、神田死刑囚が4月13日付で控訴を取り下げ死刑が確定。

 最高裁は49年、控訴に対する被告、弁護人の権利について「弁護人は固有の独立した上訴権を有するものではなく、上訴権を被告人の意思に反しない限り行使できるに過ぎない」とし、被告の意思が優先されるとの判断を示している。

 神田死刑囚と共謀の罪に問われた堀慶末(よしとも)(35)=1審死刑=と川岸健治(43)=同無期懲役=両被告はともに控訴し、同高裁で公判中。【沢田勇】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100911k0000m040142000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月10日 | トップページ | 2010年9月12日 »