« 2010年9月9日 | トップページ | 2010年9月11日 »

2010年9月10日

2010年9月10日 (金)

成田の男性2遺体:現場近くに財布、現金なく 事件との関連捜査 /千葉(10日)

成田市の山林で東京都江東区の木幡勇三さん(50)ら男性2人の遺体が見つかった死体遺棄事件で、9日午前中の現場捜索で、こげ茶色の二つ折りの財布が見つかったことが、捜査関係者への取材で分かった。現金など中身はなかったという。県警は木幡さんの自宅マンションの捜索も行っており、周辺の防犯カメラの解析を進める。県警捜査1課は財布の所有者や木幡さんの足取りを調べるとともに、もう1人の男性の身元確認を急ぐ。

 捜査関係者によると財布は遺体周辺で見つかった。財布は8日の雨で傷み、事件に関係するものかどうか判断できない状態という。

 県警は8日から9日にかけて木幡さんの自宅も捜索。玄関は施錠されており、物色された様子はなく、水道メーターなどから数日前まで生活していた形跡があるという。木幡さんのズボンからは自宅の鍵1個が見つかっている。

 木幡さんは結婚歴はなく、住民登録上は1人暮らし。7月まで都内の派遣会社に登録していたとの情報もあるという。【中川聡子】

Logo_mainichi_s1_6 http://mainichi.jp/area/chiba/news/20100910ddlk12040195000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪地検に爆破予告 いたずらか、威力業務妨害容疑で捜査(10日)

 10日午後5時35分ごろ、大阪市福島区の大阪地検に男の声で「明日検察を爆破する」と電話があった。福島署員など約30人で庁内を捜したが、不審物は見当たらなかった。同署は悪質ないたずらとみて、威力業務妨害容疑などで捜査している。

 この時間は大阪地裁で村木厚子元局長に対する無罪判決の朗読中で、同署が関連を調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100910/crm1009102129030-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

変死:衝突車内に会社員の遺体 首などに切り傷 長野(10日)

10日午前7時ごろ、長野県伊那市西箕輪の市道脇で「車が電柱に衝突している」と通行人が119番した。駆けつけた消防隊員が軽乗用車内で同市西春近、会社員、佐野利光さん(42)が血を流して死亡しているのを発見。首など上半身の数カ所に切られたような傷があり、県警伊那署は事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べている。

 県警によると、佐野さんは作業着姿で、運転席から助手席へ倒れ込んでいた。車の破損はわずかで、佐野さんの傷は事故とは別とみられる。現場は同市と同県南箕輪村との境で、中央道伊那インターチェンジから西に約1キロ。近くに信州大農学部キャンパスなどがある田園地帯の一角。【大島英吾】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100911k0000m040066000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

野球賭博問題に便乗か 尾車親方脅した男ら逮捕 警視庁(10日)

大相撲の尾車親方(53)=元大関、琴風、本名・中山浩一=から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁本所署は10日、恐喝未遂の疑いで、千葉県市原市平田、職業不詳、白井忠義容疑者(70)ら男2人を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、白井容疑者らは8月上旬から9月上旬の計3回、暴力団組員を装って「二十数年前に暴力団の食事会に出ただろう」「マスコミに言わないから金を出せ」などとする手紙を尾車親方宅に送り、現金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 尾車親方が9日、同署に被害届を出していた。同署は白井容疑者らが角界を巡る野球賭博問題に便乗し、犯行に及んだとみて調べている。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)

警視庁が少年相談所開設

【治安解説】
212

警視庁は9月11日(土)から13日(月)までの間、少年相談所を開設する。子供の非行問題で悩みを抱えている家族。いじめや犯罪等の被害に遭い、悩んでいる子供のために、秘密厳守・無料で相談を受ける。予約も要らない。直接会場へ行くこと。

 場所 渋谷駅・東急東横店 東館5階特別室 時間 午前10時から午後5時まで 詳しくは警視庁ホームページ。
ヤング・テレホン・コーナー 03-3580-4970
【問い合わせ先】少年育成課 03-3581-4321(内線30732)

 警視庁によると平成21年中の都内における刑法犯の認知件数は、20万5748件で、前年と比べ6404件(3%)減少したという。
 ところがひったくりの認知件数が2304件で、前年と比べ321件(16.2%)また、車上ねらいが8946件で、235件(2.7%)増加している。

 最近の傾向として、刑法犯認知件数が平成15年以降連続して減少する中、昨年は少年によるひったくりや万引きが増え、特に中学生による万引きが著しく増加しているのが特徴だという。

 また、組織性を持った暴走族等による活動が活発化しており、特に大田区、江東区、多摩地区などにおいて不法事案を起こしている。
 「自分の子供がおかしな行動をしている」「注意すると暴れて手に負えない」や家庭内暴力など、どんな事でも早めに相談すること。

   首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺は、愛知県で増加。神奈川で警察官騙りカード受取6割もhttp://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚のカードで詐欺容疑、巡査長を逮捕(10日)

 警視庁築地警察署の巡査長、和南城純一容疑者(39)が今年6月、同僚の氏名やクレジットカード番号などを使い、携帯電話の出会い系サイトの利用ポイントの購入代金数十万円分を決済したとして、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されました。

 和南城容疑者は「手持ちの金がなく、職場で同僚の財布を見つけカード番号をメモした」と供述しているということです。ほかにも他人のカード番号などを利用していた形跡もあるということで、警視庁は余罪を調べています。

Logo1_4 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4523172.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2件の郵便局強盗、男のDNAが一致 (10日)

8日、東京・足立区の郵便局で現金を奪ったとして逮捕された男のDNAが、先月、品川区の郵便局で起きた別の強盗事件の現場から検出されていたことが分かりました。

 住所不定・無職の宮崎勝夫容疑者(65)は8日、足立区本木の郵便局に拳銃のようなものを持って押し入り、現金2万円を奪ったとして強盗の疑いで逮捕されました。

 警視庁へのその後の取材で先月2日、品川区の郵便局で起きた拳銃強盗事件の現場に残されていたカバンの中から、宮崎容疑者のDNAが検出されたことが分かりました。

Logo1_3

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4523156.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(10日)

振り込め詐欺:“手堅い”愛知で増加 件数、被害額3位に

Logo_mainichi_s1_3

 愛知県内の振り込め詐欺の被害が今年に入って増加している。1~6月の被害認知件数262件(前年同期比22%増)と被害金額約3億5000万円(同15%増)はいずれも全国3位。愛知県民はお金に関しては手堅いと定評があるだけに「意外だ」という声も。全国的には被害は前年より減少傾向にあり、県警は危機感を募らせている。

 県警によると、「仕事で振込先を間違えた」「友人の借金の保証人になったが、友人が逃げた」などと、息子や孫を装ってだます手口が262件のうち154件と過半数を占める。だます前に「携帯電話の番号が変わった」と連絡し、本物の息子や孫に連絡させないケースが多いのも特徴だ。警察官や銀行員を装って「口座が犯罪に悪用された」とうそをつき、キャッシュカードをだまし取る手口も49件と目立つ。

 警察庁によると、全国の1~6月の被害認知件数は同21%減の3235件、被害金額は同29%減の約35億8929万円。だが、被害件数が全国1位の東京(754件)や同2位の神奈川(392件)、愛知の被害は今年に入って増加傾向にあり、二極化が進んでいる。上位5位のうち愛知以外は首都圏が占め、大阪府(132件)や福岡県(75件)に比べても被害の多さが際立つ。

 愛知県警は09年10月、窓口や現金自動受払機(ATM)で様子がおかしい客に声を掛けて被害を防止する「声掛けマニュアル」を作り、県内の全金融機関に配った。その結果、今年1~6月の未然防止件数は前年比6倍の69件で、約1億円の被害を防いだ。高齢者が集まるイベントなどで「家族で合言葉を作って」などと具体的な対策も呼びかけている。それでも増加傾向に歯止めがかからない。

 名古屋出身で県民性に関する著書が多い出版プロデューサーの岩中祥史さんは「大阪は犯人のうそにつっこみを入れたりしてだまされにくいようだ。愛知県民もお金にシビアな印象があり、被害が多いのは意外だが、血縁を大事にするので子や孫を装われると案外信じてしまうのかもしれない」と分析する。県警幹部は「犯人の拠点の多くは首都圏。カードをだまし取る手口では被害者宅を訪れる必要があり、首都圏から静岡、愛知へと標的を移してくる傾向がある」と指摘している。【秋山信一】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100910k0000e040063000c.html

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(10日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「自殺手伝った」 母親殺害容疑で会社役員逮捕 群馬(10日)

母親を殺害したとして、群馬県警は10日、同県太田市鳥山上町、自動車販売会社役員寺崎泰司容疑者(36)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。

 太田署によると、寺崎容疑者は9日午後10時50分ごろ、同市吉沢町の神社駐車場で、母文子さん(62)の首をロープのようなもので絞め、殺害した疑いがある。寺崎容疑者は自分で110番通報し、「母親に『死ぬのを手伝え』と言われ、早く楽にしてあげたかった。自分で母親の首を絞めた」と容疑を認めているという。

 署員が現場に駆けつけると、車の外で寺崎容疑者が座り込んでいた。文子さんは助手席で首にロープのようなものを巻き付けられ、仰向けになっていたという。

 寺崎容疑者は文子さんの次男で、2人で自動車販売会社を経営、親子で2人暮らしだったという。同署幹部によれば、会社には借金があり、業績悪化で給料が払えないことを理由に従業員を2人とも解雇していたという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2歳女児不審死、両親を傷害致死容疑で逮捕 広島・福山(10日)

広島県福山市で、8月末に急死した女児(2)の頭などに複数の打撲の跡が見つかった問題で、女児に暴行を加えて死亡させたとして、県警は10日、父親の無職、浜先勝利(20)と母親の同、美和(21)の両容疑者=いずれも同市東手城町1丁目=を、傷害致死容疑で逮捕した。勝利容疑者は「間違いない」と容疑を認め、美和容疑者は「(死亡当日に)殴ったことはない」と否認しているという。

 県警によると、両容疑者は8月30~31日、自宅アパートの一室で、長女の鈴美ちゃんの頭を殴るなどして、死亡させた疑いがある。31日午後5時ごろに「長女の体調が悪い」と自宅から119番通報があり、心肺停止状態で病院に運ばれたが間もなく死亡した。司法解剖の結果、頭に強い圧力がかかり、脳が腫れたのが死因と判明した。

 県警の任意の事情聴取に対し、美和容疑者は日常的な虐待を認めていたが、8月31日当日の暴行は否定。勝利容疑者は「子どもと風呂に入っている途中でトイレに行って戻ったところ、浴槽に浮かんでいた」などと説明していた。

 県こども家庭センターは8月中旬、美和容疑者の親族から通報を受け、鈴美ちゃんの体にあざがあるのを把握。福山市と協議し、鈴美ちゃんを第三者の監視のもとに置くため、今月1日から同市内の保育所に通わせる予定だった。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニのトイレに拳銃忘れた…巡査長処分(10日)

愛知県警は10日、コンビニエンスストアのトイレに拳銃を置き忘れた機動捜査隊の男性巡査長(28)を減給6か月(10分の1)の懲戒処分にした。

 発表によると、巡査長は捜査活動中だった今年7月14日午後3時25分頃、同県刈谷市宝町のコンビニのトイレ個室で、棚の上に実弾入りの拳銃の入ったポーチを置いたまま店を出た。拳銃は約10分後、女性客が見つけ、店長を通じて刈谷署に通報し、同署が回収した。悪用された形跡はなかったという。

 また、巡査長の指導監督を怠ったとして、男性巡査部長(37)、機動捜査隊長の男性警視(52)も本部長訓戒などの処分を受けた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ被害者、なぜか5キロ離れた路上に(10日)

9日午後10時55分頃、福岡市南区的場2で2トントラックがオートバイと衝突し、そのまま走り去った、と110番があった。

 福岡県警南署員が現場に駆けつけたところ、壊れたオートバイと運動靴だけが残っていた。約1時間半後、オートバイを運転していたとみられる男性が、約5キロ離れた同市博多区美野島3の路上で倒れた状態で見つかった。頭部を打ったためか事故の記憶がなく、トラックに引きずられた痕跡もないため、同署は「どうやって5キロも移動したのか」と首をかしげている。

 目撃情報などによると、事故は国道202号交差点で発生し、右折しようとしたトラックと対向車線を直進してきたオートバイが衝突。トラックは一度減速したが、北に向かって逃走したという。同署は道交法違反(ひき逃げ)容疑でトラックの行方を追っている。

 発表によると、男性は同県春日市の会社員(22)。「路上に人が倒れている」との別の110番を受けた同県警博多署員が男性を見つけた際には、市道上に意識がもうろうとした状態で倒れていた。

 免許証からオートバイの所有者と判明。右腕や顔の骨が折れているが、命に別条はない。「オートバイには乗っていない。事故も起こしていない」などと話しているという。両親のことなどは覚えており、一時的な記憶喪失の可能性が高い。

 南署が確認したところ、男性は事故前、福岡市西区の実家で食事しており、自宅に戻る途中だったとみられる。実家を出る時に持っていた現金もそのままで、タクシーでの移動は考えられないという。

 オートバイの損傷具合から同署は、事故の衝撃で車体が前方に1回転し、はね飛ばされた男性が偶然、トラックの荷台などに乗ったと推測。しかし、走行中に荷台から振り落とされていれば「もっとひどい外傷を負っているはず」(南署員)といい、詳細は不明だ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

村木・厚生労働省元局長に無罪判決 大阪地裁(10日)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の判決公判が10日、大阪地裁で開かれた。横田信之裁判長は無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

関連記事

記事本文の続き 村木元局長は捜査段階から一貫して無罪を主張。大阪地検特捜部は上司や部下らの供述調書を根拠に村木元局長が証明書偽造を指示したとして起訴したが、公判に出廷した検察側証人が次々と供述を覆し、村木元局長の関与を否定する異例の展開となった。

 検察側は取調官6人を証人出廷させ、供述調書の証拠採用を求めた。しかし横田裁判長は5月、公判証言と異なる調書43通のうち34通の証拠採用を却下。村木元局長の指示を受けて証明書を偽造したとする部下の元係長、上村勉被告(41)の調書も退けられ、検察側は立証の柱となる直接証拠を失い窮地に立たされた。

 検察側が6月に行った論告は、わずかに採用された調書や公判証言から推論を重ねる苦しいものとなった。「有力国会議員から口添えされた案件だったため、本来行うべき正式な審査や決裁よりも議員への配慮を優先し、安易に本件に及んだと考えるのが自然かつ合理的」と主張した。

 一方、弁護側は最終弁論で地検特捜部の捜査を批判し、「自らが権限を有する決裁を省略してあえて犯罪行為をする理由はどこにもない」として無罪判決を求めた。村木元局長は障害保健福祉部企画課長だった平成16年6月、障害者団体としての実体のない「凛の会」が割引郵便制度の適用を受けるために必要な証明書を上村被告に偽造させたとして起訴された。

 ■判決骨子 

一、村木厚子元局長は無罪

 一、元局長が「凛の会」を障害者団体と認める偽造証明書を発行した事実はない

 一、部下だった元係長が証明書を作成したことは認められる

 一、元係長が元局長の指示で証明書を作成した事実はない

 一、凛の会側や元係長との共謀は認められない

 ■郵便不正事件

 障害者団体が発行する定期刊行物を支援者らに送る際、月3回以上発行などの条件を満たせば1通8円(正規料金120円)で郵送できる割引郵便制度を悪用し、定期刊行物を装った企業広告が格安で大量発送された事件が発端。制度の適用を受ける際に必要な厚生労働省の証明書の偽造にかかわったとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪で村木厚子元局長と元係長の上村勉被告、障害者団体「凛の会」幹部2人の計4人が昨年7月、起訴された。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性死亡 ひき逃げで捜査(10日)

昨夜、さいたま市の県道の交差点でオートバイに乗っていた男性が乗用車にはねられ死亡しました。男性をはねた乗用車は現場からそのまま走り去ったため警察はひき逃げ事件として捜査しています。9日午後11時40分ごろ、さいたま市見沼区南中丸の県道・第二産業道路の交差点で、オートバイに乗って走っていたさいたま市見沼区に住む会社員小堤 亮さん
(33歳)が対向車線を走ってきた乗用車にはねられました。
小堤さんは病院に運ばれましたが全身を強く打っていておよそ30分後に死亡しました。
現場は見通しの良い信号機のない交差点で右折しようとした黒っぽい乗用車が直進してきた小堤さんの運転するオートバイをはねたということです。
乗用車はそのまま現場から走り去り警察はひき逃げ事件として乗用車の行方を捜査しています。

News_pic1

http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003898271.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森・弘前市の桔梗野郵便局に刃物強盗 現金およそ110万円を奪い自転車で逃走(10日)

青森・弘前市の郵便局に9日、刃物を持った男が押し入り、現金およそ110万円を奪って逃走した。
近所の人は「局長さんが走ってきた。強盗でって言って」と話した。
9日夕方、弘前市の桔梗野郵便局で、60歳ぐらいの男が局長に刃物のようなものを突きつけて脅し、現金およそ110万円を奪って自転車で逃走した。
当時、局内には客はおらず、局長にけがはなかった。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00184183.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

別府の看護師殺人、犯人がスカート持ち去る?(10日)

大分県別府市

明礬

(

みょうばん

)

の山道沿いの雑木林で神戸市

垂水

(

たるみ

)

区、看護師横手宏美さん(28)の遺体が見つかった殺人事件で、横手さんは事件に巻き込まれたとみられる当日、スカートをはいていたことが県警の調べで分かった。

 遺体の下半身は下着姿で、現場にスカートが残されていなかったことから、県警は犯人が持ち去った疑いがあるとみて捜索している。

 捜査関係者によると、横手さんは8月30日、宮崎市内のビジネスホテルに1人で宿泊。31日朝、チェックアウトした際は白のノースリーブのシャツとスカートを着用していたという。遺体は9月4日午前、捜索中の署員が発見。31日朝に着ていた白のノースリーブのシャツ姿だったが、スカートは着けていなかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡県内 コンビニ強盗、最悪ペース 昨年計46件 今年は8月まで41件(10日)

福岡県内で今年、コンビニエンスストアを狙った強盗の発生が8月末現在で過去最悪の41件にのぼっていることが9日、分かった。年間最多だった昨年(46件)を大きく上回るペース。県警は被害が集中する深夜から未明にかけてのパトロールを強化し、コンビニの勤務態勢などをチェックする「防犯診断」などの対策も進めている。

 県警によると、県内のコンビニ強盗は平成19年には13件まで減少したが、その後は一転して増加。20年は30件、21年は19年の3・5倍となった。

 今年は年始から毎月5件前後発生し、そのうち7割は来客や店員が少ない午前1時~6時に集中。被害額が30万円を超えるケースもあった。

 一方、県警が今年摘発した36件(昨年以前の発生も含む)の容疑者のうち6割は無職。犯行の動機については「生活費が底をついた」「お金に困った」などと供述し、事件の背景には長引く不況の影響もうかがわれるという。

 コンビニ強盗の急増を受け、県内各署はコンビニ専門の警戒部隊を発足させるなど夜間のパトロール態勢を強化。各店舗の深夜以降の勤務態勢や防犯設備などを「防犯診断」し、夜間は店員を複数態勢にする▽客の顔を見てあいさつし不審な様子がないかをうかがう▽レジ内の現金を5万円以下にする-などのアドバイスをしている。

 県警は「コンビニ強盗は摘発も進んでいるが、一層のパトロールの強化で未然に犯行を防いでいく」としている。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

36歳男逮捕、母絞殺した疑い 「早く楽に…」 群馬(10日)

 群馬県警太田署は10日、母親を絞殺したとして殺人の疑いで、太田市鳥山上町の会社役員、寺崎泰司容疑者(36)を逮捕した。

 逮捕容疑は9日午後10時50分ごろ、太田市吉沢町の神社駐車場に止めた軽乗用車内で、母文子さん(62)の首をロープのようなもので絞め、殺害したとしている。

関連記事

記事本文の続き 太田署によると、9日午後10時55分ごろ、寺崎容疑者から「母親が自殺した。手伝えといわれた」と110番があり、署員が駐車場に駆け付けると、車の助手席で文子さんが倒れていた。

 逮捕後の調べには「早く楽にさせてあげたかった」と供述。動機や経緯を詳しく調べている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

100歳以上で戸籍上「生存」23万人、150歳以上も884人 法務省(10日)

所在不明の高齢者が相次いでいる問題を受けて実施された法務省の全国調査で、戸籍上は「生存」しているにもかかわらず、現住所が分からない100歳以上が、23万4354人に上ることが10日、分かった。このうち120歳以上は7万7118人、150歳以上も884人にのぼった。

関連記事

記事本文の続き 法務省は「死亡届などが提出されないままとなっていることが原因」と説明、「戦災で死亡は確認できるものの身元が不明だった場合や、移民など海外移住先で死亡したが、日本の公的機関に届け出が出されていない場合などが考えられる」と分析している。

 また、120歳以上の高齢者について、戸籍上、現住所が判明しなければ、戸籍を消除できると各法務局に通知。これまで確認作業を必要としていた手続きが円滑に進むようになる。

 国民健康保険や国民年金といった行政サービスは住民票を基にしているため、行政上の影響はほとんどないという。

 調査は8月末、各地の法務局を通じて、全国の自治体に依頼。約5257万2916戸籍(3月31日現在)の90%に当たる4743万9848戸籍を調べた。調査は電子化された戸籍を中心に実施された。これは全国市区町村の約8割にあたる。

 100歳以上の「生存」不明者は全都道府県で見つかった。1万人以上だったのは、東京、大阪、兵庫、福岡、沖縄の各都府県。150歳以上は、群馬が最も多く184人で、沖縄(103人)▽愛媛(70人)▽岡山(59人)▽山口(44人)と続いた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「カレーに石」と現金要求 詐欺未遂容疑で男逮捕(10日)

愛知県警中署は9日、喫茶店の食事に異物が入っていたなどとうそをついて現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いで、住所不定、無職北野立美容疑者(60)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は9日午前、名古屋市千種区の喫茶店でカレーライスを食べた際、「石が入っていて口から血が出た」とうそを主張。その後、いったん店を出て同日午後1時半ごろ再び来店し、実際には購入していない鎮痛剤を薬局で買ったとして、現金約3千円をだまし取ろうとした疑い。

 北野容疑者は血がにじんだティッシュペーパーを口に詰め店長に抗議。食事代も無料にさせたが、付いていたのは赤インクのようなものだった。

 同署によると、北野容疑者はピンク色の帽子に丸眼鏡という姿で「ホテル支配人」を自称。同市ではよく似た人物が飲食店でクレームを付け数千円を要求する事件が相次いでおり、北野容疑者は「5月ごろから70件やった」と供述。同署が裏付け捜査を進めている。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010090901000971.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県警巡査長が飲酒運転事故隠す 懲戒免職に(10日)

千葉県警の47歳の巡査長が、飲酒運転で事故を起こしたのに警察に隠していたとして懲戒免職処分になりました。

 松戸警察署の巡査長は7月13日、我孫子市で酒を飲んで軽乗用車を運転し、道路脇のガードパイプや車などに接触する事故を起こしましたが、警察に届けませんでした。被害を受けた車の持ち主が警察に通報して発覚しました。巡査長は、「飲酒がばれると思った」などと供述しています。千葉県警は巡査長を道路交通法違反の疑いで書類送検し、懲戒免職処分にしました。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200909043.html

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

アダルトサイトと同名、校名変更へ (10日)

山形県東根市で来年開校予定の小学校の名称が、アダルトサイトと同じであることがわかり、校名を変更する騒動に発展しました。

 校名が変更になるのは、来年春開校予定の「さくらんぼ小学校」です。東根市がさくらんぼの生産日本一であることにちなみ公募で決まった名前でした。

 しかし、今年2月、同じ名前のアダルトサイトがあると市役所にメールがあり、市民の間で議論となっていました。

 「子どもがそれに気づいたときに、ちょっと説明しづらいですよね」(市民)

 東根市では、校歌などが決まっていたことから、校名は変更しないとしていましたが、子どもへの安全面を考慮し、変更することになりました。

 「ネット社会に対する認識度合いというふうなものが足りなかったなと」(東根市・土田正剛 市長)

 新しい名称は9月議会で決まる見込みです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4522889.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・銀座の地下通路でホームレス風の男が包丁を持ち出し警備員を威嚇 現行犯逮捕(10日)

東京・銀座の地下通路で9日、ホームレス風の男が立ち去るよう求めた警備員に包丁を持ち出して威嚇し、銃刀法違反の現行犯で逮捕された。
9日午後3時30分ごろ、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」近くの地下通路で、警備員が50代のホームレス風の男に立ち去るように注意したところ、男はバッグから刃渡りおよそ15cmの包丁を持ち出し威嚇した。
警備員から110番通報を受けた警察官が現場に駆けつけ、男を銃刀法違反の現行犯で逮捕した。
けが人はいなかった。
男は、警視庁の調べに対し、包丁を持っていた理由について、「いじめられることが多いので持っていた」と供述しているということだが、「名前は言いたくない」と話しているという。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00184180.htmlLogo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

札幌の暴行放置事件:ネット上でデマ被害 無関係なのに「容疑者の実家」と(10日)

札幌市の路上で女性2人が相次いで車にはねられ、1人が連れ去られて死亡した事件で、事件とまったく関係のない北海道江別市の不動産会社「外山不動産」が、ネットの掲示板などに「容疑者の実家だ」などと書き込まれる被害を受けている。強姦(ごうかん)傷害容疑で逮捕された札幌市西区の会社員、外山硬基容疑者(23)が別の不動産会社に勤務していたのが原因とみられる。中傷被害を受けた外山美喜雄社長(60)は「(容疑者とは)縁もゆかりもなく、迷惑している」と、掲示板に削除依頼を出し、警察にも相談している。

 外山容疑者は8月23日午前4時半ごろ、同市中央区で、強姦目的のため女性(50)に車をぶつけたが、女性が大声を出したため逃走、強姦傷害容疑で逮捕された。さらに、約40分後に近くの路上で別の女性(45)がワゴン車にはねられ、約8キロ離れた西区の草むらで意識不明で見つかった事件についても関与を認めている。2人目の女性は病院に運ばれたが、5日、死亡した。

 事件が報道された24日朝から、外山不動産に「お宅の息子ではないか」との電話が相次ぎ、不審に思った外山社長らがネットで検索すると、「(外山容疑者の)親は江別で不動産業」などと書かれたウェブページが見つかった。25日の定休日をはさんで翌26日にも同様の電話がかかり、ネット上の書き込みも増えていたため、警察に駆け込んだ。

 外山社長はちらし10万枚を配り、店のホームページなどに「札幌で暴行事件を起こした不動産会社勤務の外山硬基(容疑者)と江別の外山不動産とは一切関係ありません」と告知を出したが、「狭い町で、同業者にもうわさが広がっているようだ。どう対処すればいいのか」と困り果てている。【岡礼子】

Logo_mainichi_s1_2

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100909mog00m040028000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全建国保に厚労省が改善命令 補助金80億円返還要求へ(10日)

全国建設工事業国民健康保険組合(全建国保、本部・東京)で約2万8千人の偽装加入がみつかった問題で、厚生労働省は9日、全建国保に是正改善命令を出した。偽装加入により国から不正に受け取った補助金は少なくとも80億円とみて、返還を求めることも決めた。また、全国の165組合すべてに対し、偽装加入がないかの一斉点検を指示する。

 是正改善命令では、偽装加入者を脱退させることや、脱退者を市町村が運営する個人加入の国民健康保険などに加入させるため、脱退者の情報を市町村国保などに提供することを命じた。加入資格の確認の徹底なども求めた。

 脱退した偽装加入者の中には負担が生じる人も出る。全建国保を脱退して市町村国保に入った場合、国保組合の方が保険料が安いため、2年さかのぼって保険料の差額を市町村に支払わなければならないからだ。所得などで差額は違うが、厚労省のモデル例では、市町村国保の保険料が2年間で45万円の場合、全建国保は22万円で、差額の23万円を支払う必要がある。

 株式会社の従業員が偽装加入していた場合は、会社が協会けんぽに加入する必要がある。この場合は、年収374万円・夫婦2人の厚労省のモデル例では、従業員には12万円が戻り、会社は逆に従業員1人あたり32万円を支払わなければならない。国保組合は会社負担がないが、協会けんぽは会社負担があるからだ。

 国は国保組合に対し、加入者の医療費(本人負担を除く)の半分近くを補助しており、全建国保には年間230億円を出している。このため、厚労省は法律に基づき2004~09年度分について返還を求める。この間に不正に補助金から出された医療費は少なくとも80億円と見ており、11月に返還命令を出す。脱退した一部の偽装加入者分がまだあり、請求額は増える可能性が高い。

全建国保は解散時の医療費の精算に備える法定積立金などが80億円近くある。これを取り崩すには、再び積み立てるための保険料引き上げの計画を示さないと認可をもらえない。保険料を引き上げると正規の加入者も脱退して他の国保組合などに移り、運営が厳しくなる恐れがある。

 厚労省は近く、すべての国保組合に加入者の一斉点検を指示する通知を出すとともに、各組合に法令順守担当理事を置くよう求める方針も決めた。偽装加入の再発防止のため、国保組合を指導監督する専属の係も設ける。(松浦新)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(10日)

振り込め詐欺被害38億、宙に浮く…申請されず

 振り込め詐欺などの振込先となり、金融機関が預金口座を取引停止するなどした約73億円のうち、被害者に返金されないままになっている金額が約38億円に上ることが、金融庁の調査でわかった。

2008年6月に施行された振り込め詐欺被害者救済法で、被害者が簡易に被害金を取り戻せる仕組みが整備されたものの、返金率は47%にとどまっている。政府は返金率向上に向けた対策に乗り出した。

 救済法は、振り込め詐欺やヤミ金業者による被害者救済を目的に制定された。対象口座は預金保険機構がホームページ上に公告している。だが、ヤミ金の被害も救済対象になることが十分知られていないことなどから、申請していない被害者が多いとみられる。支払い手続きに入ってから2か月が過ぎた残額は預金保険機構へ納付されている。

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(10日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署敷地に「火炎瓶」 北海道(10日)

9日午後8時5分ごろ、北海道滝川市緑町1丁目の滝川署の敷地内で炎が上がっていると、近くで仕事をしていた男性から110番があった。署員が駆け付けたところ、ペットボトルが燃えており、約50センチ四方の草を焼いて火は間もなく消えた。けが人はなかった。

関連記事

記事本文の続き 滝川署は悪質ないたずらとみて、火炎瓶処罰法違反(使用)の疑いで調べている。

 現場は、市道の歩道に面した場所で、外部と仕切る塀や柵はない。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

密航中国人、デルタ航空機休憩室の鍵盗んで潜伏?(10日)

成田発米国行きの米デルタ航空ジャンボ機で密航した2人の中国人が、機内の客室乗務員休憩室の鍵を入手して潜伏していた可能性が高いことが9日、成田空港関係者の話で分かった。

 米運輸安全局(TSA)と国土交通省は同日、鍵が外部に出していたとみて、成田空港のデルタ航空や関連する会社の調査を開始した。

関連記事

記事本文の続き 中国人の密航事件は、5月17日、成田発米ミネアポリス行きのデルタ航空620便ジャンボ機の後部トイレに、中国人2人が隠れているのを乗務員が発見、機長が緊急事態を宣言して成田に引き返した。

 警備当局などによると、2人は5月16日、成田発上海行きとして運航したこのジャンボ機に正規の乗客として搭乗。同機が17日に上海から成田に戻り、ミネアポリス行きとして出発するまで機内に潜伏していたとみられる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月9日 | トップページ | 2010年9月11日 »