« 暴力団は宿泊お断り 有馬温泉の旅館、約款に明記へ(14日) | トップページ | 2億円ティアラ盗、容疑者を逮捕 スペインから引き渡し(14日) »

2010年8月14日 (土)

ピンクパンサー:リファト容疑者ら 六本木拠点に現場下見(14日)

東京・銀座で07年6月、約2億8400万円相当のティアラ(髪飾り)などが強奪された事件で、強盗傷害容疑で逮捕された国際強盗団「ピンクパンサー」メンバーでモンテネグロ国籍のハジアフメトビチ・リファト容疑者(42)=スペインから移送中=は事件の約2カ月前に偽造パスポートで入国後、港区六本木にある南米系の女のマンションに潜伏していた疑いがあることが警視庁組織犯罪対策2課の調べで分かった。同課は女がリファト容疑者らの協力者だったとみて捜査する。

 リファト容疑者は同国籍のイエルシッチ・ラドバン容疑者(40)=イタリアで拘束中=と共謀し、07年6月14日午後5時ごろ、中央区銀座4の宝石店に客を装い侵入。女性店員3人に催涙スプレーを吹きかけ軽傷を負わせ、ティアラなどを強奪したとして、拘束先のスペインで13日、同課の捜査員に逮捕された。

 捜査関係者によると、リファト容疑者は07年4月12日にラドバン容疑者とともにフランスから入国。その後、知人でイラン国籍のソルヒ・ハミド・レザ容疑者(41)=盗品等無償譲り受け容疑で逮捕=に、南米系の女=偽造有印私文書行使容疑で逮捕後、処分保留=を紹介してもらったという。

 リファト容疑者らはホテルに宿泊することもあったが、女のマンションを拠点に宝石店を下見するなどの準備を進め、事件当日もマンションから現場に向かっていた。奪った貴金属を分解した場所も女の自宅とみられ、ダイヤモンドだけを持ち去り、金属部分は置いていったとされる。女を通じ金属部分を受け取ったとして今月11日に逮捕されたソルヒ容疑者は「預かったが捨てた」と供述しているという。

 リファト容疑者は事件の10日後、ラドバン容疑者は事件翌日に成田空港からフランスに出国していた。事件後、チェコの偽造パスポートを使って出国した男2人がいたことが判明し、同課が国際刑事警察機構(ICPO)に照会したところ、両容疑者が浮上したという。【神澤龍二】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100814k0000e040051000c.html

 

« 暴力団は宿泊お断り 有馬温泉の旅館、約款に明記へ(14日) | トップページ | 2億円ティアラ盗、容疑者を逮捕 スペインから引き渡し(14日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49144860

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクパンサー:リファト容疑者ら 六本木拠点に現場下見(14日):

« 暴力団は宿泊お断り 有馬温泉の旅館、約款に明記へ(14日) | トップページ | 2億円ティアラ盗、容疑者を逮捕 スペインから引き渡し(14日) »