« 113歳女性の次男見つかる「母親出て行った」(3日) | トップページ | 中華料理店から男性2人の遺体、世田谷区(3日) »

2010年8月 3日 (火)

保釈中に逃亡、30年余行方不明の男収監(3日)

岡山地検は3日、恐喝罪に問われ、保釈中に逃亡して30年余り行方が分からなくなっていた韓国籍の朴正一被告(68)を名古屋市東区で発見し、収監したと発表した。

 発表によると、朴被告は約束手形(額面200万円)の回収を依頼され、1979年2月下旬から3月下旬にかけ、岡山市内などで知人男性から、約束手形1通と現金200万円を脅し取ったとして、80年2月8日に恐喝罪で起訴された。

 保釈保証金150万円を納付し、同月27日に保釈されたが、初公判前の3月3日に行方が分からなくなったという。

 地検は7月、名古屋市東区のアパートで朴被告が潜伏していることを突き止めた。所在が判明した理由や、潜伏期間中の行動などについては「捜査上、言えない」としている。

 起訴後、刑が確定するまで時効は適用されないため、今後、岡山地裁で朴被告の初公判が開かれる。

 

« 113歳女性の次男見つかる「母親出て行った」(3日) | トップページ | 中華料理店から男性2人の遺体、世田谷区(3日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49047965

この記事へのトラックバック一覧です: 保釈中に逃亡、30年余行方不明の男収監(3日):

« 113歳女性の次男見つかる「母親出て行った」(3日) | トップページ | 中華料理店から男性2人の遺体、世田谷区(3日) »