« 万引きも「孤独から」…摘発の25%が高齢者(9日) | トップページ | 逮捕の2人 事件後も自宅訪問(9日) »

2010年8月 9日 (月)

日本列島振り込め詐欺(9日)

報酬は帰国後、摘発で受け取れず 振り込め詐欺5容疑者

Logo2

 中国から電話をかける振り込め詐欺グループの日本人が中国で拘束され、警視庁に逮捕された事件で、無職浦山健二容疑者(45)ら5人は「報酬はもらえなかった」と供述していることが同庁への取材でわかった。詐欺の「成功報酬」を帰国時に受け取る約束だったが、摘発されたため支払われなかったという。

 捜査関係者によると、5人は知人に誘われるなどし、5月中旬、中国福建省アモイ市に渡航。マンションの部屋を拠点に日本への電話を繰り返していた。文言などをまとめたマニュアルや日本の電話帳が用意されていたという。

 捜査2課によると、5人の逮捕容疑は東京都練馬区の女性(81)から現金計約370万円をだまし取ったもの。まず6月1日に警視庁町田署の警部を名乗って電話をかけ「詐欺事件で男を逮捕したが、あなたの通帳が出てきた。後ほど銀行協会から電話が行くはずです」と言っていったん切り、今度は協会職員を名乗り「口座凍結のためお金を引き出しておいてください」と伝えたという。

 翌2日、日本国内にいる仲間の日本人の男(25)=逮捕=が協会職員を装って女性宅を訪れ、現金約270万円を受け取った。この後、女性が「定期預金にまだ100万円あります」と話したため、改めて現金をおろさせ、さらに約100万円を受け取った。現金はこの男から20代の台湾人の男=同=に渡ったという。

 浦山容疑者ら5人は帰国する際に報酬を受け取る約束だった。このうち、逮捕容疑となった約370万円詐取についての報酬は四十数万円だったという。しかし、中国公安当局が7月9日に拠点に踏み込み、詐欺グループを摘発。5人は結局、報酬を全く受け取れなかったという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 万引きも「孤独から」…摘発の25%が高齢者(9日) | トップページ | 逮捕の2人 事件後も自宅訪問(9日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(9日):

« 万引きも「孤独から」…摘発の25%が高齢者(9日) | トップページ | 逮捕の2人 事件後も自宅訪問(9日) »