« ヘリテレ…日本でも犯人を空から追いつめる時代(6日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年8月 6日 (金)

警視庁への生活安全相談、過去最多の勢い (6日)

今年の上半期、警視庁に寄せられた迷惑メールや付きまといなど生活安全に関する相談件数が、過去、最も多かった2004年に迫る勢いで増加していることが分かりました。

 警視庁によりますと、今年1月から6月までに寄せられた生活安全に関する相談件数は4万8411件に上りました。これは去年に比べておよそ16%の増加となっていて、振り込め詐欺の被害が急増し、過去最も相談件数が多かった2004年に迫る勢いとなっています。

 相談の内容は「パソコンにスパムメールが届いた」、「IDを不正に使われた」などといったインターネットに関するものが、去年に比べプラス35%と急増しています。また、「近所で子供に対する嫌がらせがあった」など、防犯に関する相談も増加しています。

 こうした相談のうち、165件は事件として扱われ検挙されていますが、生活安全相談をめぐっては不同意堕胎の罪で医師・小林達之助被告が逮捕・起訴された事件も、被害者の女性が警視庁の生活安全相談センターを訪れたことから事件が発覚しています。(06日15:26)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4495439.html

 

« ヘリテレ…日本でも犯人を空から追いつめる時代(6日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49075779

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁への生活安全相談、過去最多の勢い (6日):

« ヘリテレ…日本でも犯人を空から追いつめる時代(6日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »