« 7月の自殺者前年上回る 警察庁統計(7日) | トップページ | 不明高齢者 住民登録そのまま多数(7日) »

2010年8月 7日 (土)

葛飾区の空き地で死亡の男性 自殺の可能性(7日)

 東京・葛飾区の空き地で首から血を流して死亡していた66歳の男性に、ためらい傷とみられる小さな傷があったことが分かりました。警視庁は自殺とみて調べています。

 警視庁によると、6日午前5時半過ぎ、葛飾区小菅の空き地で、すぐ脇の住宅に住む無職の66歳の男性が首から血を流して倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。その後の警視庁への取材で、男性の首には致命傷とみられる深い傷が1つあり、その周辺に、ためらい傷とみられる小さな傷があったことが分かりました。男性の自宅の台所には血のついたナイフが落ちていて、そこから空き地まで血痕が続いていたということです。室内に争ったり、物色された跡はありませんでした。警視庁は、男性が自殺を図ったとみて調べています。

 

« 7月の自殺者前年上回る 警察庁統計(7日) | トップページ | 不明高齢者 住民登録そのまま多数(7日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49079768

この記事へのトラックバック一覧です: 葛飾区の空き地で死亡の男性 自殺の可能性(7日):

« 7月の自殺者前年上回る 警察庁統計(7日) | トップページ | 不明高齢者 住民登録そのまま多数(7日) »