« 路上で男がスプレー、36万円入った財布奪い逃走 岐阜(23日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(23日) »

2010年8月23日 (月)

差し入れ荷物に包丁、留置人が自殺図る (23日)

 警視庁渋谷警察署で今月16日、覚せい剤取締法違反の容疑で留置されている43歳の男が柳刃包丁で自殺を図っていたことがわかりました。柳刃包丁は弁護士が差し入れた荷物の中に入っていたもので、担当の警察官が事前に荷物検査を行わずに荷物を男に渡したとみられています。

 警視庁によりますと、今月16日の夜、渋谷警察署の留置施設の中で、覚せい剤取締法違反の容疑で留置されていた43歳の男が、警察官の立会いのもと、弁護士から差し入れられた荷物を開けたところ、中から包丁を取り出し、いきなり自分の腹を刺しました。

 男はすぐに取り押さえられ、病院に運ばれましたが、腹部に軽いけがをしました。

 留置担当の警察官は、留置場の中に危険なものなどが持ち込まれないよう、留置人に荷物を渡す前に中身を確認することが法律に基づく規則で決められていますが、今回は事前の荷物検査は行われなかったとみられています。

 問題発覚を受け、渋谷警察署は、「詳細については確認中だが、あってはならないことで、厳しく対応したい」とコメントしています。(23日11:27)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4508289.html

 

« 路上で男がスプレー、36万円入った財布奪い逃走 岐阜(23日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(23日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49227520

この記事へのトラックバック一覧です: 差し入れ荷物に包丁、留置人が自殺図る (23日):

« 路上で男がスプレー、36万円入った財布奪い逃走 岐阜(23日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(23日) »