« 高齢者不明:神戸市 情報の大半を市民課が放置(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年8月13日 (金)

「プロのハッカー集団の犯行」 ネットスーパーの情報盗難(13日)

ユニー(愛知県稲沢市)など8社のネットスーパーの顧客情報が大量に盗まれた事件で、運営を請け負うネオビート(大阪市)のウェブサイトに対し、外部から不正な指令を送ってデータベースを操作する「SQLインジェクション」と呼ばれるハッキング行為があったことが、同社などの調査で13日分かった。

 ネオビート側は、中国や国内から約3万回に上った不正アクセスが「プロのハッカー集団の犯行」とみており、大阪府警に被害届を提出。府警は資料収集や関係者のヒアリングなどの捜査を進めている。

 今年に入り、ゲームソフト会社やアウトドア用品会社でも同様の手口で顧客情報が盗まれるなど被害が相次いでおり、企業側の対策が急務となっている。

 また、今回盗まれたクレジットカード情報を第三者が悪用して買い物をした事例を、大手カード各社が確認。あるカード会社は被害件数を「未遂も含めると100件以上」としている。不正使用された場合、顧客の負担にはならないが、カードの作り替えを勧めている会社もある。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081301000631.html

 

« 高齢者不明:神戸市 情報の大半を市民課が放置(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プロのハッカー集団の犯行」 ネットスーパーの情報盗難(13日):

« 高齢者不明:神戸市 情報の大半を市民課が放置(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »