« 神戸の所在不明は105人…最高齢は125歳(10日) | トップページ | パトロール中に手錠紛失、少年が拾い届け出 沖縄県警(10日) »

2010年8月10日 (火)

「知人が転落死」と夫婦で保険金詐欺960万円(10日)

 知人の男性に生命保険をかけ、保険金約960万円をだまし取ったとして、警視庁は10日、住所不定、元暴力団組員・阿久津好男(68)と妻のタツ子(58)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 阿久津容疑者らは、男性が自殺を図ったにもかかわらず「誤って転落死した」とする虚偽の事故報告書などを作成し、生命保険会社に提出していた疑いが持たれている。同庁は、男性が自殺した経緯についても阿久津容疑者らから詳しく事情を聞く方針。

 発表によると、阿久津容疑者らは2007年3月30日、知人の大沢菊夫さん(当時61歳)が東京都奥多摩町の林道からがけ下に転落し、死亡したとする虚偽の事故報告書や保険金の請求書を生命保険会社に提出し、保険金約960万円をだまし取った疑い。阿久津容疑者ら2人は「だました覚えはない」などと容疑を否認しているという。

 大沢さんは04年頃、「行くところがない」として、阿久津容疑者が当時住んでいた埼玉県坂戸市の自宅で一緒に生活するようになった。05年8月には、タツ子容疑者を受取人とする生命保険を契約。07年2月21日、がけ下に転落し、4日後に死亡した。

 同庁は、阿久津容疑者らが大沢さんに自殺をそそのかした可能性もあるとみて、調べる方針。

 

« 神戸の所在不明は105人…最高齢は125歳(10日) | トップページ | パトロール中に手錠紛失、少年が拾い届け出 沖縄県警(10日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知人が転落死」と夫婦で保険金詐欺960万円(10日):

« 神戸の所在不明は105人…最高齢は125歳(10日) | トップページ | パトロール中に手錠紛失、少年が拾い届け出 沖縄県警(10日) »