« カンフー警察官 ひったくり退治 福岡市博多区、未遂容疑者逮捕(17日) | トップページ | 「額打ち抜くぞ」鑑札なし釣り客に散弾銃(17日) »

2010年8月17日 (火)

子どもの未来、安全守る 児童ポルノ根絶 京都市PTAらが連携(17日)

児童ポルノ犯罪から子どもを守ろうと、京都市PTA連絡協議会や市教育委員会らが連携し、規制強化を求める運動を進めている。児童ポルノをめぐっては先月、政府がインターネット上の画像へのアクセスなどを制限する「児童ポルノ排除総合対策」を策定。全国的に規制への機運が高まる中、児童ポルノ根絶を求める署名を首相らに提出するなど、精力的に活動している。

関連記事

記事本文の続き 警察庁によると、今年上半期の全国の児童ポルノ事件は摘発件数599件で被害児童数295人にのぼり、いずれも統計を取りはじめた平成12年以降で最多。府警でも20年の摘発件数同106件(被害児童数60人)から21年は同131件(同108人)と、件数は約25%、被害児童数は約70%増加している。

 児童が性的な暴行をうけたりわいせつな写真を撮られる被害のほか、インターネット上での児童ポルノ画像のやりとりなどが急増。また、被害児童の低年齢化も進んでおり、被害に気づかないケースもあるという。

 同協議会ではこうした事態を受け、4月から街頭パレードや啓発活動を実施。児童ポルノ製造などの規制強化▽被害児童の早期発見・支援対策-など4項目を求める署名約3万筆を集め、7月に内閣府で泉健太衆院議員(民主)を通じて菅直人首相に提出したほか、今月には山田啓二府知事に手渡した。

 また、同協議会は政府に対し、規制事業のための予算を明文化することなども文書で要求。府の9月議会では「青少年の健全な育成に関する条例」を改正予定で、奥村高史同協議会長は「子どもを性の対象にする行為は断じて許せない。子達の未来と安全をしっかりと守るよう、国と府に訴えていく」と話している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« カンフー警察官 ひったくり退治 福岡市博多区、未遂容疑者逮捕(17日) | トップページ | 「額打ち抜くぞ」鑑札なし釣り客に散弾銃(17日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49171153

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの未来、安全守る 児童ポルノ根絶 京都市PTAらが連携(17日):

« カンフー警察官 ひったくり退治 福岡市博多区、未遂容疑者逮捕(17日) | トップページ | 「額打ち抜くぞ」鑑札なし釣り客に散弾銃(17日) »