« 今野雄二さん:自宅で自殺 映画評論家(3日) | トップページ | 犯歴照会への回答、基準なし 犯罪人名簿作成の市区町村(3日) »

2010年8月 3日 (火)

日テレ記者らは水死…滝つぼで?流された?(3日)

埼玉県秩父市の山中でのヘリ墜落事故を取材中だった日本テレビ記者ら2人が死亡した遭難事故で、埼玉県警は2日、司法解剖の結果、死因はともに水死だったとする中間報告を発表した。

 2人の遺体は沢の途中の滝つぼの岸で発見されたことも判明。県警は滝つぼでおぼれたか、上流で低体温症などを起こし、意識を失って滝つぼまで流された可能性などを視野に、詳しく調べている。

 県警によると、滝は高さが約3メートルで、滝つぼは直径7~8メートル。死亡した記者の北優路さん(30)(さいたま市浦和区)と、カメラマンの川上順さん(43)(東京都江東区)はあおむけになり、滝つぼの岸に寄りかかるようにして倒れていた。

 ともに胸まで水につかり、川上さんの約1メートル下流側に北さんが倒れていた。北さんは頭や顔、川上さんも頭や右肩に擦り傷や打撲の傷などがあったが、いずれも軽傷で、ほかに目立った外傷はなかった。周辺に滑落したような跡はなかった。

 約50メートル下流では、川上さんの免許証や軽食などが入ったリュックサックと、北さんの左足用の沢登りの靴が見つかった。ただ、取材用ビデオカメラは見つかっていない。

 2人は31日早朝、ガイドの水野隆信さん(33)と入山。引き返す途中、川上さんが「尾根の方まで行きたい」と言い、水野さんと別れた。水野さんは1日夜の記者会見で「尾根までは一般ルートなので不安はなかったが、発見場所が沢と聞いて驚いた」と話した。

 

« 今野雄二さん:自宅で自殺 映画評論家(3日) | トップページ | 犯歴照会への回答、基準なし 犯罪人名簿作成の市区町村(3日) »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49043042

この記事へのトラックバック一覧です: 日テレ記者らは水死…滝つぼで?流された?(3日):

« 今野雄二さん:自宅で自殺 映画評論家(3日) | トップページ | 犯歴照会への回答、基準なし 犯罪人名簿作成の市区町村(3日) »