« 「104歳」母衰弱の記録、長男が手帳に(22日) | トップページ | 母の年金は「生活の糧。悪いと思いつつ受給」 「104歳」白骨遺体事件(22日) »

2010年8月22日 (日)

留置場から逃走の男を逮捕 電動鍵が作動せず、窓開いたまま 青森(22日)

青森市の青森署で拘置されていた男が逃走した事件で、青森県警は21日、逃走容疑で、同市金沢、無職、倉内康全容疑者(33)を逮捕した。逮捕容疑は、同署3階の留置場の窓から飛び降り逃走したとしている。

 県警留置管理課によると、窓には鉄格子があるが、電動の鍵が正常に作動せず、掛かっていなかった。署内には数カ所、同タイプの鍵があるがいずれも掛かっておらず、鍵の不調に気付いていた署員もいたとみられる。

 倉内容疑者は顔や足に軽いけが。逃走時は黒のTシャツに下着姿ではだしだった。県警は同署員を総動員した上、ヘリコプターも出動して捜索。約1時間半後に身柄を確保された。

 倉内容疑者は市内のパチンコ店に侵入したとして建造物侵入罪で20日に青森簡裁で有罪判決を受けていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100821/crm1008212202022-n1.htm

 

« 「104歳」母衰弱の記録、長男が手帳に(22日) | トップページ | 母の年金は「生活の糧。悪いと思いつつ受給」 「104歳」白骨遺体事件(22日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 留置場から逃走の男を逮捕 電動鍵が作動せず、窓開いたまま 青森(22日):

« 「104歳」母衰弱の記録、長男が手帳に(22日) | トップページ | 母の年金は「生活の糧。悪いと思いつつ受給」 「104歳」白骨遺体事件(22日) »