« 日本列島振り込め詐欺(23日) | トップページ | 覚せい剤を自宅に隠し持つ、作曲家を逮捕(23日) »

2010年8月23日 (月)

大相撲:元琴光喜関恐喝 万谷容疑者が主導か(23日)

野球賭博の口止め料名目で元大関・琴光喜関(34)が1億円を要求された事件で、恐喝未遂容疑で再逮捕された指定暴力団山口組黒誠会系幹部、万谷里弘容疑者(37)が「(野球賭博の仲介役だった)元幕下力士の資料の中に琴光喜関の名前も載っている」などと偽り、元力士の古市満朝容疑者(38)に事件に加担するよう持ち掛けていたことが関係者への取材で分かった。警視庁組織犯罪対策3課は、万谷容疑者が事件を主導したとみて捜査している。

 古市、万谷両容疑者と山口組伊豆組系幹部の安田善彦容疑者(45)は今年2月に阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(35)に因縁を付け300万円を脅し取った恐喝容疑でも逮捕された。

 関係者によると、この事件で万谷容疑者は当初は元幕下力士側に立ち、古市、安田両容疑者と1~2月に交渉した。古市容疑者側は元幕下力士に1000万円を要求。万谷容疑者は「300万円が精いっぱい。それ以上は払えない」と減額を求め、万谷容疑者側は元幕下力士から預かった600万円のうち300万円を古市容疑者側に渡し、残り300万円を成功報酬として自ら受け取った。

 さらに、万谷容疑者は交渉の過程で「阿武松部屋の力士の中には、元幕下力士に負け金を支払っていないのがいっぱいある」「部屋に街宣車を走らせる」と逆に古市容疑者を脅し、元琴光喜関から1億円を脅し取る計画を持ち掛けた。古市容疑者は「阿武松部屋には弟がいるので困る」とためらったが、計画に加担することになったという。

 こうした経緯から古市容疑者は3月26日深夜、元琴光喜関のまげを担当し野球賭博の仲介をしていた床山(29)に「大変なことになっている。おれも相撲界にいた人間だから頼む」「自分が2000万円を払うから、残り8000万円払ってくれ」などと仲裁役を装い、1億円を要求したという。【酒井祥宏、川崎桂吾】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100823k0000e040056000c.html

 

« 日本列島振り込め詐欺(23日) | トップページ | 覚せい剤を自宅に隠し持つ、作曲家を逮捕(23日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:元琴光喜関恐喝 万谷容疑者が主導か(23日):

« 日本列島振り込め詐欺(23日) | トップページ | 覚せい剤を自宅に隠し持つ、作曲家を逮捕(23日) »