« 革労協反主流派の拠点を一斉捜索 (19日) | トップページ | 盗撮:容疑の警官、逃走後に出頭 スカート内をビデオ撮り(19日) »

2010年8月19日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

検挙率の1位は

【治安解説】
212

おまたせ致しました。検挙率の話しです。検挙率とは犯罪の認知件数に対する検挙件数の割合を言います。一応、治安の数字的バロメーターとされていますが、我々が感じる治安の良し悪しは体感治安であると思います。しかし、警察組織では、この数値治安は政策評価に繋がることから重要視しています。

 昭和のころには、この検挙率は全国平均で60、70㌫台を誇っていた時代がありました。昭和60年代に入り、グリコ森永事件など重大事件が続発したことから、警察は平成に入り、重要事件に力点をシフトしました。

 それまでは街頭で無灯火の自転車の取締などきめ細かな警察力を執行していたのですが、シフト変えで街から制服警察官の姿が消え、空き交番が増えました。

 この結果、平成13年には刑法犯の認知件数が昭和の時代より100万件も増え、280万件を突破。検挙率は戦後初めて20㌫を割り込み19.8㌫になりました。

 これではいけないと平成16年に「犯罪抑止策」に乗りだし、ようやく認知件数も200万件を割り、検挙率も30㌫台に回復しました。

 それでは今年1~7月の検挙率を見てみましょう。全国平均では30.8㌫で都道府県警別にみると、1位は山形県警の50.5㌫でした。2位が岩手県警と島根県警が同数で49.3㌫。4位が秋田県警の48.0㌫、5位徳島県警の46.5㌫でした。

 ちなみに首都東京の治安を守る警視庁は31.4㌫。認知件数が11万件を超え、1日の110番受理件数も4000件以上も扱うなど特殊な事情もあり、大都会の場合は抑止力が重要とされています。

 刑法犯認知件数9万件以上で2位の大阪府警の検挙率は17.9㌫で全国で最低の数字でした。がんばれ、大阪府警。
首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

20100819k0000e010044000p_size51_2

 警察庁は19日、不評だった70歳以上の高齢者ドライバー向けの「もみじマーク」に代わり、四つ葉のクローバーをデザインした新しいマークを採用することを決めた。年内にも道路交通法の施行規則を改正して新マークを導入するが、もみじマークも使用可能とする。読売新聞電子版http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

 

« 革労協反主流派の拠点を一斉捜索 (19日) | トップページ | 盗撮:容疑の警官、逃走後に出頭 スカート内をビデオ撮り(19日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

警察に「ノルマ」はないと思います。駐車違反の摘発は、ノルマではなく「仕事をしている」という証ですから…ただ、けん銃の摘発などは押収量を競ったことがありました。このため「自作自演」などの不正があったのです。
 四つ葉のクローバーは、警察庁のホームページでも広報しているので心配はないと思います。毎度…

投稿: 危ないデカ | 2010年8月20日 (金) 午後 12時30分

どうも、ためになる話ありがとうございます♪^^

ネズミ捕りなんかは、今日のノルマが決まってる

って聞きますが本当ですか?^^;

話は、変わりますが四葉のクローバーの宣伝をTVと

うで間違わないように後から問題が起こらないように

してほしいですねえ^^

投稿: kouji973 | 2010年8月20日 (金) 午前 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 革労協反主流派の拠点を一斉捜索 (19日) | トップページ | 盗撮:容疑の警官、逃走後に出頭 スカート内をビデオ撮り(19日) »