« 102歳遺体:詐欺容疑で五女逮捕 福島県警(29日) | トップページ | 枕カバーの臭いで不明男性発見、警察犬お手柄(29日) »

2010年8月29日 (日)

「111歳」年金詐取事件 妻生前から犯行計画 長女ら年金制度を下調べ(29日)

戸籍上は111歳でありながらミイラ化遺体で発見された加藤宗現(そうげん)さんの遺族年金詐欺事件で、同容疑で逮捕された長女の真子(みちこ)容疑者(81)=東京都足立区=が、加藤さんの妻の生前、孫娘の登貴美(ときみ)容疑者(53)に年金制度の下調べを指示していたことが28日、関係者への取材で分かった。警視庁捜査2課は、真子容疑者が妻の死亡前から年金制度を熟知し、犯行を計画していたとみて詳しい経緯を調べている。

関連記事

記事本文の続き 加藤さんは昭和53年11月ごろ、「即身成仏する」と自宅の部屋にこもり、死亡したとみられる。真子容疑者らは直後に死亡を認識したが、遺体を放置したまま加藤さんの老齢福祉年金を受給し続けていた。

 関係者によると、真子容疑者は、教員だった加藤さんの妻が死亡した平成16年8月以前、登貴美容疑者に年金制度の仕組みに関する下調べを指示。老齢福祉年金より遺族年金の方が、より高額な受給を見込めることを把握したという。

 真子容疑者らは妻が死亡後の16年9月上旬、加藤さんが生きているよう装い、共済組合に遺族年金の請求書を提出。登貴美容疑者が住民票などを用意し、真子容疑者が加藤さんの代筆をしていた。真子容疑者らは16年10月下旬~22年6月中旬、加藤さんを受給者とする遺族年金約915万円をだまし取ったとされる。

 一方、加藤さん方の自宅門扉に28日、真子容疑者らと同居していた加藤さんの孫の男性(49)の署名で「多大なご迷惑をお掛けした。誠意を持ち、家族一丸となって(詐取金を)返済する努力をする」とするワープロ書きの謝罪文が掲示された。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 102歳遺体:詐欺容疑で五女逮捕 福島県警(29日) | トップページ | 枕カバーの臭いで不明男性発見、警察犬お手柄(29日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49281156

この記事へのトラックバック一覧です: 「111歳」年金詐取事件 妻生前から犯行計画 長女ら年金制度を下調べ(29日):

« 102歳遺体:詐欺容疑で五女逮捕 福島県警(29日) | トップページ | 枕カバーの臭いで不明男性発見、警察犬お手柄(29日) »