« 陸山会事件:検察審手続き第2段階(26日) | トップページ | 発砲され大けがも逃走の男、きょう再逮捕(26日) »

2010年8月26日 (木)

「111歳」遺体:家族を26日にも逮捕 年金詐取容疑で(26日)

東京都足立区で7月、都の男性最高齢111歳とされていた加藤宗現さんの白骨化遺体が自宅から見つかった事件で、加藤さんの死亡を隠ぺいして遺族共済年金約915万円を不正受給していた疑いが強まったとして、警視庁捜査2課と千住署は26日にも、加藤さんの長女(81)と孫の女(53)を詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。高齢者所在不明問題の発端となった事件は家族の逮捕に発展する見通しとなった。

 捜査関係者によると、長女と孫は元小学校教諭だった加藤さんの妻が04年8月に101歳で死亡した後も加藤さんが生存しているように装い、加藤さんを受給者とする同年10月~今年6月分の遺族共済年金計約915万円を、公立学校共済組合から不正に受給した疑いが持たれている。

 加藤さんは70歳以上に支給される老齢福祉年金を1969年8月から受け取っていたが、加藤さんの妻が死亡した後、より支給額が多い遺族共済年金に切り替える手続きが行われていた。年金は加藤さん名義の口座に振り込まれ、今年7月以降に計270万円が引き出されるなどして、遺体発見時の残高は約340万円だった。

 加藤さん方は長女と長女の夫(83)、孫の女と孫の男性(49)が暮らす。民生委員からの相談を受け区職員らが7月26日に訪問した際、長女らは「父は会いたくないと言っている」と面会を拒否。だが2日後に孫の女が千住署を訪れ「祖父は約30年前から自室で水も食事も取らず暮らしている。3月に部屋を見たら白骨化した祖父が見えた」と説明、署員が遺体を発見した。【酒井祥宏、川崎桂吾、伊澤拓也】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100826k0000m040126000c.html

 

« 陸山会事件:検察審手続き第2段階(26日) | トップページ | 発砲され大けがも逃走の男、きょう再逮捕(26日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「111歳」遺体:家族を26日にも逮捕 年金詐取容疑で(26日):

« 陸山会事件:検察審手続き第2段階(26日) | トップページ | 発砲され大けがも逃走の男、きょう再逮捕(26日) »