カテゴリー

« 千葉・館山市の牛丼店強盗傷害事件 警察、覆面男の素顔を公開(11日) | トップページ | 「虐待防げ」10万人署名、国会提出へ(12日) »

2010年8月12日 (木)

大阪2児遺棄 玄関先まで踏みこむ対応に見直し(12日)

 大阪市西区のマンションで幼い姉弟2人の遺体が見つかった虐待死事件で、市こども相談センター(児童相談所)の職員らが現場に駆けつけた5回のうち最初の3回は、いずれもマンションのオートロックに阻まれて玄関先まで行けなかったことが11日、市への取材で分かった。近隣住民の証言などでは、母を求めて泣き叫ぶ姉弟の悲鳴が玄関先のインターホンを通じて聞こえていたことが判明しており、市幹部は「玄関先で室内の異音を確認できていれば、救い出せた可能性はある」と反省。市では今後は原則、マンションの管理会社などの協力を得て玄関先まで踏みこむ対応に見直すことを決めた。

関連記事

記事本文の続き 今回の事件で、市こども相談センターに最初の通報があったのは3月30日朝。「ほぼ毎日、夜中の2時や3時に子供が泣いている。インターホンを使って室内から『ママー、ママー』と長時間叫んでいる」との内容だった。

 市は翌31日昼と4月1日朝、2日夕の計3回、センターや西区役所の職員を現場に派遣した。

 しかし、いずれもマンション内への進入を入り口でオートロックに阻まれた。入り口で現場とみられる部屋番号を入力し、インターホンを鳴らしたが応答はなく、マンション内への進入を断念。安否を確認できないまま現場を後にした。

 現場の部屋は3階にあり、マンションの入り口からは通常、室内の音などは聞こえないという。

 一連の対応について、市幹部は「マンション入り口でインターホンを鳴らすだけでは、室内に母親がいても居留守を使われれば終わり。3回とも玄関先まで行っていれば、人の気配が確認できたかも…」と悔やむ。

 その後、センターは4月8日夜と5月18日早朝にも同様の通報を受け、さらに2回職員が現場に駆けつけたが、この時にはマンション住民がオートロックを通過するのを見計らい、一緒にすり抜けてマンション内に入った。玄関先までたどり着いたが、室内から泣き声などの異音は確認できなかったという。

 センターでは従来、職員が勝手にオートロックを突破すると、別のマンション住民に通報されるなどしてトラブルになる恐れもあるため、こうした手法は緊急時以外は自粛しているという。

 ただし、玄関先までたどり着けば室内の異変を察知できる可能性はあり、市は事件を教訓に対応の見直しを検討。都市部ではオートロック式マンションが増えているため、市幹部は「今後は原則、管理会社などの協力を得て玄関先まで踏みこむ対応に改めることにした」としている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 千葉・館山市の牛丼店強盗傷害事件 警察、覆面男の素顔を公開(11日) | トップページ | 「虐待防げ」10万人署名、国会提出へ(12日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪2児遺棄 玄関先まで踏みこむ対応に見直し(12日):

« 千葉・館山市の牛丼店強盗傷害事件 警察、覆面男の素顔を公開(11日) | トップページ | 「虐待防げ」10万人署名、国会提出へ(12日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ