« 84歳女性血を流し死亡、娘もケガ 北海道(11日) | トップページ | 整骨院狙い盗み 男を逮捕(11日) »

2010年8月11日 (水)

元暴力団組員らによる生命保険金詐欺事件 共犯の46歳男「分け前もらえなかった」(11日)

元暴力団組員の男らが、自殺した男性を事故死と見せかけ生命保険金をだまし取ったとされる事件で、共犯の男が、「保険金の分け前をもらえなかった」と話していたことが新たにわかった。
元暴力団組員・阿久津 好男容疑者(68)ら3人は2007年、東京・奥多摩町での大沢菊夫さん(当時61)の自殺をめぐって、事故死と偽り、およそ960万円の生命保険金をだまし取った疑いが持たれている。
大沢さんが自殺した際に一緒にいた46歳の無職の男が2008年、警視庁に相談したことから事件が発覚したもので、事情聴取に対して男は、「阿久津容疑者らから保険金の分け前をもらえなかった」などと話していたという。
また大沢さんには、およそ2,000万円の別の生命保険がかけられ、阿久津容疑者らに支払われていたことも明らかになっていて、警視庁は、阿久津容疑者らが複数の保険会社から保険金をだまし取ったとみて、大沢さんに生命保険がかけられたくわしい経緯を調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182391.html

 

« 84歳女性血を流し死亡、娘もケガ 北海道(11日) | トップページ | 整骨院狙い盗み 男を逮捕(11日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元暴力団組員らによる生命保険金詐欺事件 共犯の46歳男「分け前もらえなかった」(11日):

« 84歳女性血を流し死亡、娘もケガ 北海道(11日) | トップページ | 整骨院狙い盗み 男を逮捕(11日) »