« 遺体発覚恐れ 現金引き出しか(28日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日)公開された写真 »

2010年8月28日 (土)

プロレスラーら3人が過失致死で書類送検((28日)

2008年、プロレス団体で練習中に危険な技を愛好家の男性にかけて死亡させたとして、団体の代表ら3人が過失致死の疑いで書類送検されました。

 書類送検されたのは、プロレス団体「RofC」元代表の男性(31)ら3人です。警視庁によると、3人は2008年、江東区新木場の練習場で、相模原市の会社員・由利大輔さん(当時25)に「ダブルインパクト」と呼ばれる危険度の高い技をかけ、死亡させた疑いが持たれています。由利さんはプロレス歴が1年未満で、試合に出たのも1回だけでした。3人は、由利さんが経験不足で受け身も取れないと知っていたということです。調べに対し、男らは「危険な技とは分かっていたが、こんな大事になるとは思わなかった」と容疑を認めているということです。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200827049.html

 

« 遺体発覚恐れ 現金引き出しか(28日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日)公開された写真 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49271821

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスラーら3人が過失致死で書類送検((28日):

« 遺体発覚恐れ 現金引き出しか(28日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日)公開された写真 »