« 2010年8月19日 | トップページ | 2010年8月21日 »

2010年8月20日

2010年8月20日 (金)

「未公開株」勧誘にご用心 府や京都市で相談急増(20日)

未公開株の購入を巡るトラブルが京都府内で増えている。「上場すれば高値」と勧められて買ったが、上場予定がなかったり、株券が届かないなどの被害が出ており、府や京都市の消費相談窓口に2009年度寄せられた相談件数は前年度からほぼ倍増した。勧誘の手口も巧妙化していることから、府や市が注意を呼びかけている。

 府消費生活安全センターに寄せられた未公開株を巡る相談は、08年度の24件から昨年度は51件に倍増。京都市市民生活センターも昨年度は前年度から15件増の40件だった。

 「契約を解除したいのに売りつけた業者と連絡が取れない」「上場間近といいながら上場しない」などの相談が多く、年代は60歳以上の高齢者が目立つという。

 勧誘の手法も手が込んでいるのが特徴。未公開株を発行するという企業のダイレクトメールを送った後、別の会社を装って電話し、「この会社の株は購入数に上限がある。高値で買い取るから代理で買ってほしい」と働きかけたり、未公開株を買い取るには手数料が必要としてカネをだまし取るなどのケースがあるという。府消費生活安全センターは「上場前の株式が出回ることはほとんどない。少しでも不審に思ったら、取引を見合わせてほしい」と注意を喚起している。

 相談は府消費生活センターTEL075(671)0004か、京都市市民生活センターTEL075(256)0800、消費者ホットラインTEL0570(064)370へ。

47newslogo1_2 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20100820000081

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道警:押収データ悪用し、わいせつ電話 巡査長免職(20日)

北海道警稚内署刑事課の男性巡査長(34)が押収品の携帯電話のデータを悪用して複数の女性にわいせつな電話をかけていたとして、道警は20日、巡査長を道個人情報保護条例違反(目的外の情報収集)容疑で旭川地検に書類送検するとともに、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 道警監察官室によると、送検容疑は昨年10月以降、容疑者から押収した携帯電話に登録されていた約400人分の女性名の電話番号を書き写すなどして、2人の女性にわいせつ電話をかけていたとしている。【吉井理記】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100820k0000e040068000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻所持・譲渡容疑、西南学院大生3人を逮捕 福岡(20日)

大麻を所持したり譲り渡したりしたとして、福岡県警は20日、西南学院大(福岡市)の男子学生3人を大麻取締法違反の疑いで逮捕したと発表した。県警や大学によると、3人は学内の同じクラブに所属。2人は容疑を認め、1人は否認しているという。

 中央署や同大によると、7月29日に福岡市博多区板付5丁目、経済学部3年佐野亮(20)、同市西区今津、商学部3年浜洲(はます)聡一郎(21)の両容疑者が現行犯逮捕され、その後いずれも起訴された。さらに20日、春日市若葉台西3丁目、法学部4年舟越遼容疑者(24)が大麻を譲渡した疑いで逮捕された。

 佐野、浜洲両容疑者は7月29日午前1時40分ごろ、同市中央区舞鶴1丁目の駐車場で、紙巻き乾燥大麻を所持していた疑いがある。駐車場にいた2人を警察官が職務質問したところ、手製の紙巻きたばこ4本(乾燥大麻計約0.5グラム)を発見。2人は、舟越容疑者から数万円で数本を買った、と供述したという。

 舟越容疑者は7月5日午後3時40分ごろ、同市早良区西新6丁目の空き地で、佐野、浜洲両容疑者に有償で大麻を譲り渡した疑いが持たれている。舟越容疑者は調べに対して「弁護士にしか言わない」と話しているという。

 県警は入手経路などについて調べる。

Logo2_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくりの高1「怖くなり100万燃やした」(20日)

女性から約300万円をひったくったとして、大阪府警少年課と吹田署は20日、同府吹田市在住の私立高1年の男子生徒2人(15歳と16歳)を窃盗容疑で逮捕した、と発表した。

 2人は容疑を認め、「ゲームソフトなどを買ったが、思ったより大金だったので怖くなり、100万円以上を自宅ベランダで燃やした」などと話しているという。

 発表によると、2人は5月18日午前5時頃、同市朝日町で、飲食店員の女性(64)が自転車の前かごに入れていた約300万円入りの手提げかばんをひったくった疑い。300万円は飲食店の売上金と女性の生活費だった。2人は盗んだ金をパチンコ代やタクシー代などにも使っていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)

国家公安委員長の辞任を要求する

【治安解説】
212

 拉致問題担当相を兼ねている中井洽国家公安委員長がまた、とんでもない発言をした。20日付けの産経新聞によると、夏休みで霞が関の官庁街を訪れた子供たちから、「拉致問題で私たちに何ができますか」と質問されたのに対して、横田めぐみさんの事件を次のように説明したという。

 「めぐみさんは高校生の時、仕事帰りに拉致されたが…」
 めぐみさんは中学1年生だった昭和52年11月にクラブ活動を終えて帰宅する途中、自宅の見えるところで拉致されたのが真実です。中井氏は20日の閣議後の会見で「ぼーっとしていた」と謝罪したが、治安機関のトップとして極めて無責任で、謝罪にもならない言葉である。

 中井氏の発言に問題があったのはこれだけではない。警視庁が捜査していた大相撲の野球賭博事件に関して「押収した中には暴力団関係者と思われる名前が何件か出てきたものがあった、ということは聞いています」と捜査状況を暴露した。

国家公安委員長には、こんな発表権はなく、報告を受けたとしても、捜査そのものについては言及してはならない。しかも、発言の内容に間違いがあり、捜査当局に迷惑をかけたのです。

 さらに、金賢姫元工作員が日本を訪問した際、ヘリコプターで富士山などを観光したことについて、「本人や韓国側の要求だった」と発言。韓国で波紋が広がるなど軽率な発言が多すぎる。

 そればかりか、東京地検特捜部が民主党衆院議員の石川知裕容疑者ら小沢一郎幹事長の側近3人を逮捕したことに絡み「逮捕は特捜部の権限としてあるが、特捜部も説明責任がある」としたほか、逮捕時期が通常国会召集と党大会の直前だった点を挙げ「何を考えて逮捕状を執行したのかよく分からない」と捜査批判。

 治安を預かる職責から、「うっかり」では済まされないのです。テロ事件など重大なことで、「うっかり発言」してしまえば、国がいや国民が危機にさらされることだってある。よってAPECの前の辞任を要求する。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

20100819k0000e010044000p_size51_2

 警察庁は19日、不評だった70歳以上の高齢者ドライバー向けの「もみじマーク」に代わり、四つ葉のクローバーをデザインした新しいマークを採用することを決めた。年内にも道路交通法の施行規則を改正して新マークを導入するが、もみじマークも使用可能とする。読売新聞電子版http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・葛飾で不審火相次ぐ 連続放火事件か(20日)

 東京・葛飾区で20日未明、店のシャッターなどが燃える2件の不審火がありました。周辺では約10件の不審火が相次いでいて、警視庁は、連続放火事件として調べています。

 警視庁などによると、午前2時半ごろ、葛飾区金町の青果店の店舗兼住宅で、シャッターなどが燃える不審火がありました。約5時間後、近くのアパートでも壁が燃えた跡が見つかりました。いずれもけが人はいませんでした。これらを含め、周辺では、今年1月から半径700メートルの範囲で9件の不審火が相次いでいます。警視庁は、連続放火事件として調べています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引き:急増する高齢者 抑止へ社会参加支援 警視庁(20日)

急増する65歳以上の高齢者の万引きを防止しようと警視庁は9月から、万引きの検挙者に社会活動への参加を促し、立ち直りを支援する。警視庁が昨年行った約200人を対象にした調査で、検挙された高齢者の3分の1が「孤独」や「生きがいのなさ」を抱えていたことが判明しており、地域社会とつながりを持ってもらうことで、万引き抑止を図る狙いがある。こうした支援がどのような効果があるか200人を対象にした追跡調査を行う。【町田徳丈】

 警視庁によると、新宿、渋谷、立川など20署管内で検挙された50歳以上を対象に、警察署の行う防犯活動や、警視庁が協力を要請した市区の地域活動への参加を呼びかける。

 検挙者には、困り事の相談先を持っているか▽ボランティア活動への意欲--など15項目程度の聞き取りを行う。このうち生活支援を受けると回答した100人に警察官が3カ月ごとに電話をかけて生活状況や心理状態を聞く。

 1年後に再び同じ項目で100人に調査を実施する。支援を受けなかった100人にも同じ調査を行って、万引きへの意識に差があるかを比較し、今後の支援策に生かす考えだ。

 09年に東京都内の万引きで検挙された高齢者は3110人で、検挙者に占める割合は21.0%。20年間で約10倍になった。以前は少年の割合が半数にのぼり、「万引きといえば少年犯罪」というイメージが強かったが、高齢者の割合は03年に10%を超え、その後急増し、高齢者対策が迫られている。

 警視庁は「規範意識の低下が影響しているのではないか。追跡調査を踏まえ、どのような支援が有効か探りたい」とし、社会参加活動を通した高齢者の変化に期待している。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100820k0000e040058000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗、同じ店舗に3回目?(20日)

 20日午前4時5分頃、大阪市淀川区塚本2のコンビニ店「ローソン塚本二丁目店」に、ベージュのストッキングをかぶった男が押し入り、陳列棚に商品を並べていた男性アルバイト店員(41)に「金を出せ」と脅した。

 店員がその場に座り込んで動けなくなったため、男は自分でカウンターのレジを開けようとしたが、床に落ちても開かず、何も取らずに逃走した。

 店内に客はおらず、男性にけがはなかった。

 淀川署は、強盗未遂容疑で捜査。発表によると、男は1メートル65~1メートル70で、40~50歳代。灰色っぽい長袖シャツに、黒っぽい手袋をしていた。

 同店では4月6日と7月22日にも、背格好の似た男がタオルのようなもので顔を覆って押し入り、それぞれ3万円と5万3000円を奪う強盗事件があり、同一犯の可能性があるとみて関連を調べる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店客強殺事件、37歳無職男を聴取(20日)

 埼玉県八潮市のパチンコ店内で7月、客の夫婦が強盗に襲われ、夫の同市南川崎、会社員新井政弘さん(当時37歳)が刺殺された事件で、東京都足立区の無職男(37)が事件に関与した疑いが強まり、県警は20日午前、男を任意同行し、強盗殺人容疑で聴取を始めた。

 容疑が固まれば逮捕する方針。

 車で男を店に送り届けたとみられる同居の30歳代の女からも事情を聞いている。

 捜査関係者などによると、男は7月30日午後10時半頃、同市大曽根のパチンコ店「やすだ八潮店」で、遊技中の新井さんに付き添っていた妻(38)に包丁を突きつけてバッグを奪おうとし、止めに入った新井さんの首を刺し、殺害した疑いが持たれている。

 妻はこの日、「大当たり」を連発し、事件直前、現金十数万円分の景品を換金していた。

 店の防犯カメラには、パチンコ台の出玉状況を表示したコーナーをうろついたり、妻の様子をうかがったりする丸刈り風の男が映っていた。同じ男が事件の約3時間前、同店近くの駐車場に女と一緒に軽乗用車で乗り付けていたことも判明。

 女は、男を降ろした後、車で立ち去っていた。

 県警は、当初から強盗目的で来店したとみて、この男の映像を公開するなどして捜査。特徴が一致する軽乗用車が東京都内で見つかり、防犯カメラの男と酷似する人物が浮上したという。県警は20日朝から2人を聴取し、自宅や車を捜索している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

最低賃金法違反容疑で元社長を書類送検 静岡(20日)

支払わなければならない賃金を支払わなかったとして、浜松労働基準監督署は20日、最低賃金法違反の疑いで、浜松市浜北区寺島の精密機器製造業「旭メカトロシステム」の元代表取締役社長の男(59)を、静岡地検浜松支部に書類送検した。

関連記事

記事本文の続き 調べでは、男は平成21年6月末までに、工場と事務所の従業員の男女5人に平成21年4月26日~5月25日までの、県が定めた最低賃金(時間額711円)で算出した計53万737円を支払わなかった疑いが持たれている。

 同署によると、同社は社員数10人の零細企業で、21年9月に廃業。男は「支払いたい気持ちはあったが、経営が苦しく支払えなかった」と供述しているという。従業員の申告を受けた同署が調べていた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

両手足を縛り風呂に沈める 18歳社員殺害容疑で派遣会社社長ら逮捕 (20日)

埼玉県八潮市の中川で6月、元派遣作業員の永津隼さん=当時(18)が全裸の水死体で見つかる事件があり、埼玉県警草加署捜査本部は20日、殺人と死体遺棄の疑いで千葉県松戸市古ケ崎、派遣会社社長、豊嶋貴博被告(46)と同県柏市藤ケ谷、アルバイト、高橋保幸被告(37)を、死体遺棄の疑いで松戸市小金清志町、会社員、今野辰也被告(32)=いずれも監禁罪で起訴=を再逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部の調べでは、豊嶋、高橋両容疑者は6月3日夕、豊嶋容疑者の自宅マンションで永津さんの両手足を縛り、風呂に沈めるなどして水死させ、同日夜から翌4日未明までに、今野容疑者も加わって永津さんの遺体を八潮市大瀬の中川に遺棄した疑いが持たれている。

 豊嶋容疑者は容疑を認めているが、高橋容疑者は「暴行は加えたが殺意はなかった」と供述し、死体遺棄容疑も否認。今野容疑者も否認しているという。

 捜査本部によると、豊嶋容疑者は約2年前に派遣会社を設立。永津さんは千葉県松戸市の実家を出て、2年前から同社に派遣従業員として数回勤務し、事務所や豊嶋容疑者の自宅に住んでいたこともあったが、日常的に暴行を受け脱走を繰り返していたという。

 捜査本部によると、3人は6月3日午後、永津さんを松戸市の実家近くの公園で発見、車に乗せて連れ去った。永津さんの遺体は6月6日に発見されたが、公園から連れ去るところを見ていた近所の住民から110番通報が千葉県警に入っており、関連を調べていた埼玉県警は7月15日に監禁容疑で3人を逮捕した。

 捜査本部によると、豊嶋容疑者が殺人などについて自供したほか、中川に設置されている監視カメラに永津さんの遺体を遺棄しにきた豊嶋容疑者の乗用車などが写っていた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(20日)

振り込め詐欺 2か月連続増加

8月20日 7時30分 動画あり

News_pic1

先月の振り込め詐欺の被害額は、前の月よりおよそ1億円増えて6億円余りに上り、2か月連続の増加となりました。警察庁は、警察官を装った手口などが依然として目立つとして、取り締まりを強化しています。

警察庁のまとめによりますと、先月の振り込め詐欺の被害は全国で525件で、金額は6月よりもおよそ1億円増えて6億3000万円に上りました。振り込め詐欺の被害額はことし1月には4億6000万円まで減りましたが、この2か月は連続で増加しました。手口別では、いわゆるオレオレ詐欺が5億円と全体の79パーセントを占めているほか、有料サイトの利用料金の名目で架空の請求をする詐欺の被害も1億円に上っています。特にオレオレ詐欺では「借金の返済に迫られている」といった従来の手口に加えて、警察官などを装って「あなたの口座が犯罪に使われているので調べさせて欲しい」と言って、キャッシュカードを持ち去り、現金を引き出す手口が32パーセントを占めています。警察官などを語る犯行グループの一部は中国から国際電話をかけているとみられ、今月には、中国から振り込め詐欺の電話をかけたとして日本人の男5人が警視庁に逮捕されています。全国の警察では、取り締まりを強化するとともに、こうした手口に特に注意するよう呼びかけています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100820/k10013458781000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・市川で姉弟が死傷、弟が姉刺したか (20日)

19日、千葉県市川市の住宅で74歳の姉と69歳の弟が刺し傷を負って倒れているのが見つかりました。姉は死亡し、弟も重傷を負っていて、警察は弟が姉を刺して自殺を図った可能性があるとみて捜査しています。

 19日午後6時半ごろ、市川市中国分の住宅を訪ねた男性から「人が倒れている」と通報がありました。警察官が駆けつけたところ、この家に住む無職の飯塚安紀子さん(74)と弟の祐司さん(69)が体に刃物による傷を負って倒れているのが見つかりました。2人は病院に運ばれましたが、安紀子さんがまもなく死亡したほか、祐司さんも重傷です。

 警察の調べによりますと、19日夕方、住宅から男性の怒鳴り声がするのを近所の人が聞いたということです。警察は2人が何らかの原因でけんかとなり、祐司さんが安紀子さんを刺した後に自殺を図った可能性があるとみて捜査しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4506014.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人:派遣会社社長ら3人逮捕 18歳従業員を殺害容疑(20日)

埼玉県八潮市の中川で6月、千葉県松戸市中根長津町の派遣社員、永津隼(ながつはやと)さん(当時18歳)が遺体で見つかる事件があり、埼玉県警は20日、永津さんの勤務先の派遣会社社長や社員計3人を殺人や死体遺棄の疑いで逮捕した。

 県警によると、殺人と死体遺棄の容疑で逮捕されたのは▽松戸市古ケ崎2、派遣会社社長、豊嶋貴博(46)▽同社員の高橋保幸(37)の2容疑者。死体遺棄容疑で逮捕されたのは同社員の今野辰也容疑者(32)。3人は既に7月中旬に永津さんを車内に監禁したとして逮捕され、その後起訴されていた。

 3人は6月3日午後、豊嶋容疑者の自宅マンションで、永津さんを殴ったり浴槽に沈めるなどして殺害し、遺体を川に遺棄した疑いがもたれている。永津さんは6月6日正午過ぎ、全裸で川に浮いているのを散歩中の男性に発見された。

 豊嶋容疑者は08年に人材派遣会社を設立。殺害された永津さんは従業員だった。永津さんの知人は毎日新聞の取材に「永津さんは会社に来なくなると、見つけられて連れ戻されて働かされていた」と話した。【町田結子、飼手勇介】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100820k0000e040050000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

祖父をけって死なせる、県立高生徒を逮捕(20日)

茨城県警水戸署は20日、同県大洗町に住む県立高校2年の少年(17)を傷害致死容疑で逮捕した。

 発表によると、少年は19日午後5時45分頃、自宅で同居する祖父(74)と口論になり、祖父の腹や胸などを複数回にわたりけったり踏みつけたりし、死なせた疑い。

 少年は、祖父がぐったりしているのに気付き救急車を呼んだが、祖父は搬送先の病院で死亡が確認された。

 少年は祖父母と3人暮らし。同署で詳しい動機などを調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人男性に強制わいせつ容疑 警部補を聴取 栃木県警(20日)

栃木県警の所轄署勤務の男性警部補(53)が知人男性にわいせつ行為をしたとして、県警が強制わいせつの疑いで警部補から任意で事情を聴いていることが20日、分かった。県警によると、警部補は大筋で容疑を認めているといい、同容疑で書類送検するかどうか検討しているという。

 捜査関係者によると、警部補は6月ごろ、同県佐野市内の自宅で、酒を飲んで20代の知人男性の下半身を触った疑いを持たれている。男性との間で示談が成立しているという。被害者からの申告で発覚し、警部補は現在、自宅謹慎中という。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リュックに母の骨?男性が保管 大田区の104歳女性か(20日)

 相次いでいる高齢者の所在不明問題を受け、東京都大田区が、区内に住所登録がある104歳の女性の所在を調べていたところ、同区羽田4丁目のアパートの一室からこの女性のものとみられる骨が見つかっていたことが20日、わかった。息子を名乗る男性(64)が持っていた。蒲田署はDNA型鑑定をするなどして、身元を調べている。

 大田区や警視庁によると、近所の人が「一度も女性を見たことがない」などと話したことから、区が所在不明として女性を捜していた。区職員が何度も自宅へ行き、手紙を置くなどしていたところ、19日になって男性が区役所を訪れた。事情を聴いたところ、「母親は2001年6月、前に住んでいた文京区内で死亡した」と説明したという。

 女性の死亡届は出ておらず、男性が女性のものとみられる骨を持っていたため、蒲田署に通報したという。

 男性は、04年5月に女性とともに大田区に転入届を提出していた。女性は生きていれば104歳になるという。女性が95歳の時に自宅で死亡し、しばらくは押し入れに入れていたがミイラ化したため、風呂場で洗い、骨をリュックサックに詰めて保管していたという。骨はポリ袋に入った状態で完全に白骨化しており、一部、砕けていたという。警視庁は司法解剖して死因を調べるとともに、DNA型鑑定で親子かどうかを確認するという。

 区によると、男性宅には07、08、09年の3年間、100歳以上の人に贈られる祝い金各5万円を現金書留で郵送した。年金や介護給付は受給記録がないという。

 また、捜査関係者によると、男性は「葬式のお金がなかった。母親が死んだ後も年金をもらっていた」と説明しているという。

 男性宅の近所の人は「男性は一人暮らしで、2年ぐらい前から住んでいた。踊りの師匠だったとかで、先日も地域の盆踊りに参加していた」と話した。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

銃押収、介護士ら4人逮捕 自宅で不法所持容疑(20日)

 機関銃の部品を不正に輸入したとして、愛知、愛媛両県警と警視庁の合同捜査本部が外為法違反容疑でミリタリーショップを摘発した事件で、捜査本部は19日までに、自宅に銃を隠し持っていたとして、銃刀法違反(所持)の疑いで新たに鹿児島県曽於市の介護士(50)ら男4人を逮捕、小銃とカービン銃計4丁を押収した。

 捜査関係者によると、逮捕者はほかに、三重県桑名市の生花販売業者(47)、兵庫県篠山市の会社員(47)、同県西宮市の無職の男(46)。拳銃の部品や小銃などを隠し持っていたとされる。

 鑑定で発射能力が確認され、名古屋地検が19日までに同罪で起訴した。捜査本部は銃の入手経路を調べている。

 捜査本部は7月、機関銃の部品を国の許可なく米国から輸入したとして、外為法違反容疑で愛知県内のミリタリーショップなどを家宅捜索し、経営者と愛媛県の消防職員ら計3人を逮捕。関係先として捜索した4人の自宅から小銃などが見つかった。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081901000954.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物で切りつけられる? 千葉で女性1人死亡、男性重傷(20日)

 19日午後6時半ごろ、千葉県市川市中国分で、ともに70代の男女が室内で倒れているのを住宅を訪れた男性が発見した。2人には刃物で刺されたような傷があり、女性は搬送先の病院で死亡が確認された。男性も重傷という。

 県警市川署は2人が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、関係者から事情を聴いている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100819/crm1008192223023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の浜辺に麻薬14キロ 洋上取引に失敗して漂着?(20日)

沖縄県警は19日、同県宮古島市伊良部島の伊良部海岸で、円筒形の容器に入った麻薬14キログラムが7月に発見されていたと発表した。捜査関係者によると、麻薬は麻酔薬にも使われる「ケタミン」という。暴力団などによる洋上での取引が失敗して漂着した可能性もあるとみて、発見までの経路などを調べている。

 県警によると、7月20日午前9時ごろ、伊良部海岸を歩いていた近くの男性が、長さ117センチ、直径17センチの円筒形の容器を浜辺で発見。県警に届け出た。中には白い粉末14キログラムが入っていて、鑑定の結果、ケタミンと判明した。

 ケタミンは乱用すると幻覚作用があるため、2007年に麻薬指定された。今月、神戸市の須磨海水浴場で、大学生らが使用や所持の疑いで逮捕されている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

粗大ごみから312万円、紙幣の紙片も 愛知の集積場(20日)

 愛知県警豊川署は19日、同県豊川市南千両2丁目のごみ集積場「加山興業豊川工場」で、現金312万円と紙幣の紙片数十点が見つかったと発表した。同署が拾得物として保管しているが、落とし主は見つかっていないという。

 同署によると、現金は同日午前11時ごろ、粗大ごみを破砕機に投入する作業をしていた作業員が発見した。同市が粗大ごみの処分を委託していることから、同市職員が現金を署に持参して届け出た。紙片は破砕機で破砕されたらしい。

 同署は「落とし主のなりすましが出る恐れもあるので、発見の状況などについては詳しくは話せない」と話している。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「近況」実は証拠隠滅指示の手紙、警官が配達(20日)

福岡県警久留米署留置管理課の男性巡査長(49)が6月、署に拘置中で接見禁止中だった男(33)から託された手紙を男の妻に渡していたことがわかった。

 男は覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕されており、手紙には隠語で注射器を示す「ボールペン」を処分してほしいと証拠隠滅を促す内容が書かれていた。県警は19日、巡査長を減給10分の1(6か月)の懲戒処分にしたと発表、巡査長は同日辞職した。

 県警監察官室によると、男は自称暴力団組員。巡査長は6月29日夜、男から「妻に近況を知らせたい」と頼まれ、留置場内の座布団や雑誌を回収するかごに隠していた封筒入りの手紙2通を受け取り、翌日、同県久留米市内の妻宅まで行って手渡した。

 7月1日に同署に情報が寄せられ発覚。同署が情報に基づき、男の知人宅などを捜索したところ、ベッドとマットの間から注射器2本が見つかった。

 巡査長は「男には差し入れも少なく、懇願され情にほだされてしまった。手紙は読んでいない」と釈明。金品などの授受はなかったという。巡査長は昨年3月に留置管理課に配属された。県警は「ほかに同様のケースはなかった」としている。

 男は6月2日、道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕され、採尿検査で覚せい剤反応がみられたため、覚せい剤取締法違反容疑で再逮捕されていた。

 西谷五郎・首席監察官は「事実関係を踏まえ、厳正に処分した。再発防止を徹底したい」と話した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

18歳従業員殺した疑い、派遣会社社長ら逮捕へ(20日)

埼玉県八潮市の中川で今年6月、18歳の少年が全裸の遺体で見つかる不審死事件があり、少年を雇っていた派遣会社の社長と社員の計3人が殺害などに関与した疑いが強まったとして、県警は20日にも、殺人容疑などで再逮捕する。

 県警は、少年を車に監禁した疑いで3人を逮捕して調べていた。少年は数年前に従業員として雇用され、会社事務所などで寝起きして派遣労働に就いていたが、日常的に暴力を受けていたとの情報もあり、県警は事件の経緯を詳しく調べる。

 捜査関係者によると、千葉県松戸市の派遣会社社長(46)と30歳代の社員は殺人と死体遺棄容疑で、別の30歳代の社員は死体遺棄容疑で再逮捕する方針。3人は6月3日午後、社長宅のマンションで、同市の永津隼さん(当時18歳)を浴槽に沈めるなどして殺害し、遺体を八潮市の中川に遺棄した疑いが持たれている。

 3日後の6日午後0時45分頃、全裸の永津さんの遺体が中川に浮かんでいるのを散歩中の男性が発見した。司法解剖の結果、死因は水死だったが、川に流されて着衣が脱げた形跡はなく、県警は事件に巻き込まれたとみて捜査。永津さんが自宅近くで男らに殴られ、車に連れ込まれた目撃情報があったほか、国土交通省が設置する監視カメラなどに、同月3日深夜、遺体発見現場付近に出入りする社長らの車などが映っていたという。

 知人らによると、永津さんは数年前に雇用されて以来、ほとんど帰宅しなくなり、会社事務所などで寝泊まりしていたが、たびたび逃げ出しては連れ戻されていた。周囲に「いくら働いても給料をピンハネされる」「暴力を振るわれる」などと話しており、事件当日も、社長ら3人が逃走した永津さんを捜していたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「犬うるさい」と切りつけ 殺人未遂容疑で男逮捕(20日)

京都府警亀岡署は19日、刺し身包丁で男性の頭を切りつけたとして、殺人未遂の疑いで同府亀岡市西別院町万願寺大堂、無職岡崎栄一容疑者(69)を現行犯逮捕した。

 同署によると、岡崎容疑者は「男性の飼う犬がうるさかった。けがをさせたのは間違いないが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は19日午後6時ごろ、自宅近くの路上で「殺してやる」と叫びながら、近くの男性介護士(46)に切りつけた疑い。男性は頭部に1週間程度のけが。

 男性の家族が110番。駆け付けた署員がけがをした男性の近くにいた岡崎容疑者を見つけ現行犯逮捕した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童ポルノ:サイト提供の謝礼に画像投稿 愛好者が供述(20日)

警視庁少年育成課が児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で4~7月に摘発した児童ポルノ愛好者のうち数人が、サイト管理人への感謝の意味を込め「お礼張り」と称してポルノ画像を投稿した、と供述していたことが分かった。この事件では男児のわいせつな画像を携帯電話サイトの掲示板に投稿したとして、15~54歳の37人が逮捕・書類送検されている。捜査幹部は「画像を見る場所を提供してくれた謝礼として画像を投稿する慣例が児童ポルノまん延の一因になっている」と分析する。【町田徳丈】

 このサイトは、香川県丸亀市の県立高校3年の少年(17)=書類送検=が「サイトを作れば同じ趣味の人から多くの画像が入手できる」と09年1月に開設。あらかじめ5枚以上の画像を送信した利用者にパスワードを与えて閲覧させていた。サイトには画像1324点が収蔵されていた。

 逮捕された保育士の男(23)は警視庁の調べに「お礼張りをしている投稿者が多いことを知り、自分もやった方がいいと思った」と登録時の5枚以外にも投稿した動機を供述。さらに「お礼張りをしないと他の投稿者から責められると思った」と愛好者の複雑な心理を吐露した。無職の男(22)は「パスワードを取得できたことのお礼として投稿した」と供述したという。

 少年育成課は今後、さらに2人を立件する方針だ。捜査幹部は「違法性を認識しながらも、自分が投稿した画像がネットで拡散して被害児童の人権を侵害し続けることへの罪悪感が希薄な点が多くの容疑者に共通している」と分析している。

 児童ポルノ問題に取り組む後藤啓二弁護士は「愛好者だけが閲覧できるサイトは、投稿しているうちにより過激な画像を投稿しようとエスカレートする傾向にある」と指摘している。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100820k0000m040128000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

野球賭博:警視庁、組幹部再逮捕へ 元大関恐喝未遂容疑(20日)

大相撲の野球賭博を巡る恐喝事件で、元大関・琴光喜関(34)から約1億円を脅し取ろうとした疑いが強まったとして、警視庁組織犯罪対策3課と本所署は近く、山口組黒誠会系幹部、万谷里弘容疑者(37)=恐喝容疑で逮捕=を恐喝未遂容疑で再逮捕する方針を固めた。元力士の古市満朝容疑者(38)=恐喝罪で起訴後、同容疑で再逮捕=らの関与の有無についても詰めの捜査をしている。

 捜査関係者によると、万谷容疑者は今年3月ごろ、野球賭博の口止め料として、元琴光喜関から約1億円を脅し取ろうとした疑いが持たれている。関係者によると、大阪開催の春場所中の3月、大阪市内の路上で元琴光喜関と前大嶽親方(42)=元関脇・貴闘力=は万谷容疑者側と話し合いの場を持った。万谷容疑者は「琴光喜関が(野球賭博の)胴元から口止め料として1億3000万円を要求されていると聞いた。同じ山口組だから1億円に減額させる」として支払いを要求。「自分が2000万円を持つので8000万円を支払ってくれ」とも持ち掛けたという。

 元琴光喜関側が要求を拒否し交渉は決裂。前大嶽親方から警視庁に被害相談したことを伝えられた古市容疑者は「先方に伝える」と話し、恐喝行為は止まったという。万谷容疑者は野球賭博の仲介役だった阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(35)から現金600万円を脅し取ったとして、今月1日に同容疑で逮捕された。【酒井祥宏、川崎桂吾】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100820k0000m040127000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月19日 | トップページ | 2010年8月21日 »