« 防災ヘリ墜落:日テレ記者2人心肺停止 取材中、不明に(1日) | トップページ | 「タクシーが男性はねて逃げた…」出張中の横浜の男性死亡 札幌(1日) »

2010年8月 1日 (日)

埼玉・秩父市ヘリ墜落事故を取材中の日テレ記者ら2人が山中で遭難 心肺停止状態で発見(1日)

埼玉・秩父市で起きたヘリコプター墜落事故を取材中だった日本テレビの記者とカメラマンのあわせて2人が山中で遭難し、1日午前、心肺停止の状態で発見された。
捜査関係者によると、日本テレビの記者ら2人は、墜落現場から数km離れた沢の中で見つかったという。
警察などによると、いずれも日本テレビの社員で、記者の北 優路さん(30)とカメラマンの川上 順さん(43)は、7月31日午前、防災ヘリ墜落事故の取材のため、秩父市大滝の山中に入ったが、その後、無線連絡が途絶えたという。
警察は、1日午前4時から捜索を開始し、午前9時すぎ、山中の沢の中で水に漬かった状態の2人を発見したが、いずれも心肺停止の状態だという。
1日午前11時半現在、警察や消防が2人を病院に搬送作業中だという。
警察によると、2人は7月31日朝、山岳ガイドとともに山に入り、沢に下りたが、水が冷たく、2人が軽装だったため、ガイドが注意を促し、いったん登山口まで引き返したという。
しかし、ガイドの男性によると、その後2人は「別のルートを探してきます」と告げて、自分たちだけで山の中に入り、遭難したという

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 防災ヘリ墜落:日テレ記者2人心肺停止 取材中、不明に(1日) | トップページ | 「タクシーが男性はねて逃げた…」出張中の横浜の男性死亡 札幌(1日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉・秩父市ヘリ墜落事故を取材中の日テレ記者ら2人が山中で遭難 心肺停止状態で発見(1日):

« 防災ヘリ墜落:日テレ記者2人心肺停止 取材中、不明に(1日) | トップページ | 「タクシーが男性はねて逃げた…」出張中の横浜の男性死亡 札幌(1日) »