« 2010年8月12日 | トップページ | 2010年8月14日 »

2010年8月13日

2010年8月13日 (金)

現場に油まかれた跡…埼玉のガソリンスタンド火災(13日)

埼玉県所沢市のガソリンスタンドで男性従業員が全身やけどの重傷を負った火災で、現場に油がまかれていたことが新たに分かりました。警察は、放火・殺人未遂事件として捜査を始めました。

 12日午前4時ごろ、所沢市のガソリンスタンドで火災があり、67歳の男性従業員が全身にやけどをして、今も意識不明の重体です。その後の警察の調べで、全焼した事務所の中に油のまかれた跡があることが新たに分かりました。火災直後には、ガソリンスタンドの敷地内で不審な男も目撃されていました。警察は油の鑑定を行うとともに、何者かが事務所内に油をまいて放火した可能性もあるとみて、放火・殺人未遂事件として捜査を始めました。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

住居侵入容疑で逮捕の高校生、病院搬送後に死亡(13日)

岐阜県警北方署は13日、住居侵入容疑で現行犯逮捕された同県瑞穂市の高校3年生男子(18)が、病院搬送後に死亡したと発表した。

 目立った外傷はなく、同署は司法解剖して死因を調べている。

 発表によると、高校生は12日午後5時10分頃、瑞穂市内の民家1階窓ガラスを割って侵入し、屋内にいた男性に取り押さえられた後、署員に引き渡された。同6時頃、パトカーで同署に到着したが、大量の汗をかき、荒い息をしていたため、署員が体温を計測したところ約40度あった。同署はすぐに病院へ搬送したが、13日午前1時50分頃死亡した。

 高校生は友人と一緒に道路にいたが、突然、「助けて」と大声で叫んだり、落ちている枝を拾って駐車中の車をたたいたりした後、道路沿いの男性宅に侵入したという。署員が駆けつけるまで約10分間、高校生は1階廊下でうつぶせの格好で取り押さえられていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫の未公開株購入に不満 仙台・教諭殺害容疑で逮捕の妻(13日)

仙台市青葉区の私立常盤木学園高校教諭、松本秀夫さん(当時56)=仙台市泉区桂3丁目=が4月に殺害され、妻の無職美代容疑者(44)と知人の男2人が殺人容疑で逮捕された事件で、美代容疑者が松本さんの未公開株購入をめぐって周囲に不満を漏らしていたことが13日、捜査関係者への取材でわかった。宮城県警は夫婦間のトラブルがきっかけで犯行に及んだ可能性もあるとみて調べている。

 美代容疑者のほかに逮捕されたのは、夫婦の共通の知人の不動産会社役員松山哲士(38)=同区南光台東1丁目=、すし店経営梅原啓(27)=同区高森7丁目=の両容疑者。

 捜査関係者によると、松本さんが購入した未公開株を巡り、夫婦間で意見が対立していた。松本さんは今年3月、周囲に「道で足を滑らせた」などと説明していた頭の大けがで入院したが、この際、美代容疑者は松本さんの荷物類を引き取りに勤務先の学校を訪問。松本さんの机の引き出しから株券を持ち帰ったという。美代容疑者は知人らに「だまされているようなものだ。私なら手を出さない」などと語っていたという。また、松本さんと美代容疑者の間では数年前から、松本さんの私的な交際関係を巡るもめ事も起きていたという。

 一方、関係者によると、美代容疑者は次女の家庭教師をしていた松山容疑者と親密な交際をしていたという。松山容疑者は最近まで家庭教師を続け、その後も松本さん方を何度も訪問。今月8日の逮捕当日も、松山容疑者は松本さん方を訪れていたところで、県警から任意同行を求められた。松山容疑者は県警に「松本さんが邪魔だった」との趣旨の供述をしているという。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

偽造運転免許証に注意

【治安解説】
212

 読売新聞電子版によると、偽造された運転免許証を使って他人になりすまし、住民基本台帳カードなどをだまし取るなどした事案が6月以降、東京都内23区で少なくとも計26件起きていることが分かった。

 各区ではICチップ入り免許証の真偽を確認できる専用ソフトを導入したり、複数の身分証明書の提示を求めたりと対応に追われている。携帯電話の契約に悪用されたケースもあり、警視庁では、振り込め詐欺グループなどが暗躍している可能性もあるとみて捜査を始めた。

 偽造免許証を使って住基カードをだまし取られた事例は、世田谷で5件、江戸川4件、墨田3件、中野、練馬各2件、新宿、杉並、中央、品川、大田各1件。このほか、職員が気付くなどして未遂に終わった事例も、世田谷と練馬、大田、渋谷、江戸川で1件ずつあった。名義を使われた住民に、後日、身に覚えのない携帯電話の契約書類が送付されたケースもある。いずれも住基カードが本人確認に悪用されていた=以上、読売

 運転免許証の偽造事件の摘発は後を絶たず、平成21年8月には、北海道警と福井県警などは運転免許証をパソコンで偽造したなどとして、北海道函館市の広告代理業ら4人を逮捕した。4人は偽造免許証で銀行から通帳をだまし取る手口で、福井、長野など28都道府県の顧客に対し、延べ130回以上の偽造免許証の送付記録が残っていた=読売新聞

 また、山口県警は同年3月、運転免許証を偽造し携帯電話を詐取したとして組幹部ら8人を逮捕している。

  さらに、警視庁少年事件課が摘発した事件では平成18年に少年少女ら6人を含むグループによる運転免許証偽造事件のほか、過去には、外国人登録証明書等の偽造アジトを摘発。運転免許証などを偽造していた中国人3人を逮捕した事件がある。

 偽造事件には通貨偽造、文書偽造、カード偽造などがあるが、今年上半期(1~6月)に認知された件数は2764件。検挙件数は1891件で検挙率は68.4㌫だった。

 都内で続発している事件だが、23区内だけに集中しているのが気になる。突き上げ捜査に期待したい。「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 東京・調布市で13日朝、タクシーの運転手が客を装った男にカッターナイフのようなもので脅され、売上金およそ5万円を奪われる強盗事件が発生した。犯人は逃走中だが運転手にケガがかったので首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「プロのハッカー集団の犯行」 ネットスーパーの情報盗難(13日)

ユニー(愛知県稲沢市)など8社のネットスーパーの顧客情報が大量に盗まれた事件で、運営を請け負うネオビート(大阪市)のウェブサイトに対し、外部から不正な指令を送ってデータベースを操作する「SQLインジェクション」と呼ばれるハッキング行為があったことが、同社などの調査で13日分かった。

 ネオビート側は、中国や国内から約3万回に上った不正アクセスが「プロのハッカー集団の犯行」とみており、大阪府警に被害届を提出。府警は資料収集や関係者のヒアリングなどの捜査を進めている。

 今年に入り、ゲームソフト会社やアウトドア用品会社でも同様の手口で顧客情報が盗まれるなど被害が相次いでおり、企業側の対策が急務となっている。

 また、今回盗まれたクレジットカード情報を第三者が悪用して買い物をした事例を、大手カード各社が確認。あるカード会社は被害件数を「未遂も含めると100件以上」としている。不正使用された場合、顧客の負担にはならないが、カードの作り替えを勧めている会社もある。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081301000631.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者不明:神戸市 情報の大半を市民課が放置(13日)

100歳以上の高齢者105人が所在不明になっている神戸市で、住民票を扱う各区役所の市民課が、国民健康保険の担当課から所在不明の可能性がある加入者の情報を毎年300~400件受けながら、大半を放置していたことが分かった。人手不足などのためで、長年続いているという。所在不明問題は、自治体の担当部署間で情報を共有しなかったことが大きな原因とみられるが、神戸市のケースは情報を共有しながら適切な対応をとっていなかった。

 国民健康保険は自営業や無職の人たちが加入。神戸市では住民基本台帳を基に毎年6月、各区の保険年金医療課が保険料の納付書を郵送し、納付を確認すれば保険証を送付する。後期高齢者医療保険が始まった08年4月以降、75歳以上の人は除外されている。

 市によると、保険料が納付されなかったり、納付書が返送されてきた場合、住所地を訪問。居住実態がないと判断すれば、住民票から削除するための調査をするよう各区の市民課に書面で年2回通知している。しかし、市民課は「人手不足」などを理由に、現地調査をほとんどしていないという。【吉川雄策】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100813k0000e040061000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車トランクから「監禁された」携帯110番、ヘリで追跡し、男性保護(13日)

13日午前6時55分ごろ、大阪市内を走行中の車に閉じ込められた40代の男性から「車のトランクの中にいる」と携帯電話で110番があった。

 大阪府警などがヘリコプターなどで追跡し午前7時45分ごろ、大阪市都島区でこの車を発見。同区毛馬町の駐車場で男3人が車を放置して逃走したが、府警は50代の男の身柄を近くの民家敷地内で確保し、男性を保護した。

関連記事

記事本文の続き 淀川署によると、男性は淀川区内のマンションにいたところを3人に連れ出され、トランクに押し込められたという。女性関係のトラブルとみられ、同署は男から事情を聴いている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・調布市でタクシー強盗、男逃走(13日)

東京・調布市で13日朝、タクシーの運転手が客を装った男にカッターナイフのようなもので脅され、売上金およそ5万円を奪われました。

 13日午前7時半ごろ、調布市入間町の路上で、タクシーに乗っていた男がいきなり男性運転手(41)にカッターナイフのようなものをつきつけて「金を出せ」と脅し、胸ポケットに入っていた売上金およそ5万円を奪って逃げました。運転手に、けがはありませんでした。

 警視庁によりますと、逃げた男は世田谷区役所の近くで「環七を赤堤方面へ」といって乗車し、人通りの少ない路地へと進路を指示したということです。

 男の年齢は30歳くらい、身長170センチ位で、黒のTシャツにジーパン姿だったということで、警視庁が行方を追っています。(13日11:28)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4500638.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道にオイル!バイク転倒・車スリップ…計9台が事故 堺(13日)

堺市内の府道で12日早朝、オートバイが転倒したり、車が縁石に乗り上げたりする事故が5件あった。大阪府警によると、計9台が事故に遭い、2人が軽傷を負った。約3キロにわたって路面にオイルの跡が残っており、府警は、走行中の車から廃油などが漏れた可能性があるとみて、事故との関連を調べている。

 西堺署によると、堺市中区平井の府道で午前6時20分ごろ、会社員男性(45)のオートバイが転倒し、男性が腕に擦り傷を負ったのをはじめ、約30分間に中区と西区で軽トラックやワゴン車がスリップして道路脇の縁石に乗り上げたり、停車中の車に接触したりする事故が計5件起きた。

 オイルは西区草部~中区深井畑山町の府道東行き車線(片道2車線)の約3キロに点在し、11日深夜からの降雨で広がっていたという。

Logo2_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(13日)

住基カード、偽造免許で詐取…振り込め悪用か

 偽造された運転免許証を使って他人になりすまし、住民基本台帳カードなどをだまし取るなどした事案が6月以降、東京都内23区で少なくとも計26件起きていることが分かった。各区ではICチップ入り免許証の真偽を確認できる専用ソフトを導入したり、複数の身分証明書の提示を求めたりと対応に追われている。携帯電話の契約に悪用されたケースもあり、警視庁では、振り込め詐欺グループなどが暗躍している可能性もあるとみて捜査を始めた。

 偽造免許証を使って住基カードをだまし取られた事例は、世田谷で5件、江戸川4件、墨田3件、中野、練馬各2件、新宿、杉並、中央、品川、大田各1件。このほか、職員が気付くなどして未遂に終わった事例も、世田谷と練馬、大田、渋谷、江戸川で1件ずつあった。名義を使われた住民に、後日、身に覚えのない携帯電話の契約書類が送付されたケースもある。いずれも住基カードが本人確認に悪用されていた。

 ◆ソフト導入で阻止  品川区役所では今月5日、窓口に来た男が、40歳代の区民男性の名義となっている偽造免許証を使って、住基カードの交付を受けた。後日、交付通知書を男性宅に送ったところ、「身に覚えがない」と連絡があり、発覚。同区では、再発防止のため、10日に免許証のICカード確認の専用ソフトを導入した。

 6月下旬から、同様の事案が相次いだ世田谷区は、7月から、品川区と同じ専用ソフトを導入し、窓口での確認を強化。7月上旬には、住基カードの申請に来た男にソフトで確認を求めたところ、男があわてて立ち去った例もあった。6月に3件(うち1件は未遂)の事案があった練馬区は現在、免許証以外にも国民健康保険証など住所、名前の確認できる複数の書類の提示を求めている。

 だが、こうした防止策も万全ではない。専用ソフトは、ICカード化されていない免許証では効果がなく、複数の身分証明書の提示も、制度上は1種類でよく、強制はできない。「複数の確認書類の提示を求められるよう国で制度を改善してほしい」(新宿区)と話す自治体もある。

 ◆即日交付しない区も 一方、台東区や港区は多くの区と違って、即日交付をしていない。台東区は申請受理後、住基カードの交付通知書を住所地に郵送。通知書を区役所に持参しないと住基カードを受け取れない仕組み。利用者にとっては二度手間になり、「ほかの区では即日交付される」という苦情もあるというが、同区の担当者は「手間や時間がかかってもきちんと本人に渡したい」としている。(2010年8月13日10時13分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺害教諭妻、夫に不満…松山容疑者「自分で計画」(13日)

仙台市泉区の私立高校教諭松本秀夫さん(当時56歳)が自宅前で殴殺され、妻の美代容疑者(44)ら3人が殺人容疑で逮捕された事件で、知人の会社役員松山哲士容疑者(38)が「美代容疑者から松本さんへの強い不満を聞き、自分が犯行を計画した」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 宮城県警泉署の捜査本部は、松山容疑者が親しくしていた美代容疑者から夫への不満を聞いて殺害を企て、知人のすし店経営梅原啓容疑者(27)に松本さん襲撃を指示したとみて、3人の役割や動機を調べている。

 捜査関係者によると、松山容疑者は、家族の証言などから美代容疑者と交際していたとみられる。松本さんの近所では、2人が一緒に犬の散歩をする姿がしばしば目撃され、近所の主婦(42)は「夫婦かと思っていた」と話す。

 調べに対し、松山容疑者は「(美代容疑者は)夫との関係で不満を持ち、『いなくなってほしい』と話していた」とも供述。捜査本部は、美代容疑者が事件にどう関与したか調べている。

 事件当日、実行犯とみられる梅原容疑者以外の2人は、それぞれ別の場所にいたことから、同本部は事前に計画しアリバイ作りをした疑いが強いとみている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都立高生5人が「弱そうな」“おやじ狩り”で逮捕 居酒屋で計画(13日)

中高年男性を襲って金品を奪い取る“オヤジ狩り”をしたとして、警視庁少年事件課は強盗致傷の疑いで、いずれも東京都中野区在住、都立高校3年の少年(17)ら5人を逮捕した。同課によると、少年ら4人は容疑を認めており、「弱そうなおじさんや酔っぱらいを狙ってオヤジ狩りをした」と供述。無職少年(15)は「俺は関係ない」と容疑を否認している。

関連記事

記事本文の続き 同課の調べによると、5人は6月29日午前1時ごろ、杉並区方南の路上で、帰宅のためタクシーを止めようとした小金井市の男性会社員(50)に「なんだこの野郎」などと因縁をつけ暴行。男性が持っていた現金約5万6千円の入ったショルダーバッグを奪い、男性に肋骨骨折などの重傷を負わせた疑いが持たれている。

 同課によると、5人は中野区立中学校の卒業生で、28日深夜に居酒屋で酒を飲み、犯行を計画したという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パッシング立腹し、後続車の男性を金属棒で殴った男逮(13日)

石川県警津幡署は13日までに、傷害などの疑いで中国籍の大阪府枚方市の廃品回収業、李永昌容疑者(30)を逮捕した。

 逮捕容疑は、11日午後5時45分ごろ、津幡町の国道8号の路側帯で、兵庫県尼崎市の男性(37)と大阪府茨木市の男性(35)の頭を金属棒で殴り、軽傷を負わせたとしている。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、李容疑者はトラックで走行中、後ろからパッシングされたことに腹を立て、現場に車を止め後続車の2人に殴りかかったという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県警の取調室 来月から全面禁煙に(13日)

兵庫県警は9月から警察署を含むすべての取調室を禁煙にする。2007年7月から県警施設の全面禁煙を実施しているが、取調室は容疑者の「吸う権利」に配慮して例外としてきた。警察庁によると、取調室の禁煙は、大阪や京都など全国の27都府県警で既に実施している。

 県警によると、現行では警察官と容疑者双方の了解の下で喫煙するかどうかを決める。ただ、容疑者にたばこを勧めることは利益供与にあたるとして禁止されている。

 9月以降はたばこの持ち込みも禁止となる。任意で聴取を受ける参考人のみ、所定の喫煙場所に移動して吸うことができる。留置施設では、これまで通り併設の屋外運動場などで喫煙できる。

 今月1日には、西宮署で聴取中の男が自分のたばこを突然のみ込み、病院へ搬送されるトラブルが発生。同署では捜査員に限って、取調室での禁煙を前倒しして10日から始めた。

 愛煙家の捜査員からは「取り調べがしにくくなるのでは」と影響を懸念する声も上がるが、県警は「警察官の受動喫煙対策も推進したい」と話している。

(三木良太、竹本拓也)

47newslogo1 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003307281.shtml

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

因縁つけ現金奪う 強盗傷害で3人を逮捕((13日)

千葉県流山市で、自転車に乗っていた男性に因縁をつけて顔を殴るなどして、現金を奪った疑いで無職の男ら3人が逮捕されました。

 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、住居不定・無職の照山政和容疑者(20)ら3人の男です。照山容疑者らは先月31日、流山市の路上で、自転車で帰宅していた44歳の公務員の男性に因縁をつけ、顔を殴って鼻の骨を折るなど全治1カ月のけがを負わせ、現金約2000円が入ったショルダーバッグを奪った疑いが持たれています。照山容疑者は容疑を否認していて、残る2人のうちの1人は「3人でやった」と容疑を認めているということです。千葉県では、このほかにも流山市を含む北西部でモデルガンなどを持った複数の男に現金などを奪われる事件が相次いでいて、警察は関連を調べています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200812048.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

参院選 選挙違反で66人逮捕(13日)

さきの参議院選挙をめぐって、選挙違反で逮捕されたのは、候補者1人を含む66人で、前回の参議院選挙よりも13人増えました。

警察庁によりますと、先月投票が行われた参議院選挙をめぐって、この1か月間に公職選挙法違反の疑いで逮捕されたのは、28の都府県で合わせて66人でした。これは、前回、3年前の参議院選挙の同じ時期に比べて、13人増えています。このうち、東京の会社社長が、決起集会の参加者に候補者の票のとりまとめを依頼して、現金を渡したとして逮捕されるなど、全体の半数近い31人が買収の疑いで逮捕され、前回の2倍に増えました。また、神奈川県内の特別養護老人ホームの施設長らが、入所者を装って不在者投票をしたとして逮捕されるなど、投票偽造の疑いで9人が逮捕され、前回よりも5人増えました。前回は候補者の逮捕はありませんでしたが、今回は、比例代表に立候補して落選した不動産会社の社長が、買収の疑いで逮捕されました。警察庁は、政権交代後初めてとなる本格的な国政選挙で、各地で激戦が繰り広げられたことが、逮捕者が増えた背景にあるのではないかと分析しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100813/k10013332361000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・暴力団幹部殺害、指名手配の男逮捕 (13日)

 おととし4月、埼玉県ふじみ野市で暴力団幹部がけん銃で撃たれて殺害された事件で、警察は指名手配していた山口組系の暴力団幹部を逮捕しました。

 殺人などの疑いで逮捕されたのは山口組系の暴力団幹部・田中真司容疑者(31)です。警察によりますと、田中容疑者はおととし4月、埼玉県ふじみ野市にある暴力団事務所の駐車場で他の組員らと共謀して住吉会系暴力団の鈴木敦嗣幹部(当時35)をけん銃で撃ち、殺害した疑いが持たれています。

 取り調べに対し、田中容疑者は「事件について話すことは何もない」と供述しているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4500513.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

資産家から1億円詐取容疑 元妻と組幹部ら逮捕、福岡(13日)

元会社社長の男性から1億円をだまし取ったとして、福岡県警は12日、同県春日市一の谷4丁目の指定暴力団道仁会系組幹部、岩崎浩二(49)と、男性の元妻で福岡市南区皿山3丁目のパート従業員、池田美代(61)、佐賀市嘉瀬町荻野の無職、副島和代(66)の各容疑者を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、3人は知り合いで、いずれも「だまし取るつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 暴力団犯罪捜査課によると、3人は共謀し、同県大野城市内の元会社社長の男性(87)から金をだまし取ろうと計画。返済する意思がないのに1億円の借金を申し込み、2003年9月11日、岩崎容疑者名義の銀行口座に1億円を振り込ませてだまし取った疑いがある。同課は、詐取した金は暴力団の資金源になったとみている。

 男性は03年6月、当時の妻が病死して生命保険金1億円を受け取った。男性が多額の金を持っていると知った副島容疑者が池田容疑者を紹介し、池田容疑者と男性が03年9月に結婚。しかし、夫婦生活はほとんど実態がなく、08年4月に離婚したという。県警は金目当ての結婚だったとみている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大事故「捜査優先」見直し 国交相方針、原因究明重視へ(13日)

航空や鉄道の重大事故が起きた時、当事者の刑事責任を問う警察の捜査が、事故原因の究明を目指す国(運輸安全委員会)の調査より優先されがちな現状について、前原誠司国土交通相は12日、仕組みを見直す考えを示した。原因究明を重視する観点から、事故調査が優先されるようにできないか検討する。

 米国や欧州の一部では国の事故調査機関の権限が強く、警察の捜査からは完全に独立している。当事者に刑罰を科さない代わりに、原因調査に協力させる制度もある。誰かを罰するよりも、真の原因を突き止めることが、再発防止に役立つとの考えからだ。

 しかし日本では、たとえば2001年の日航機同士のニアミス事故で、空港到着直後の機内で警察が操縦士から事情聴取するなど、捜査が優先されるケースが目立つ。また、捜査からの調査の独立性があいまいで、1997年に三重県上空で日航機が乱気流に巻き込まれた事故では、事故調査報告書が機長の刑事裁判で証拠として使われた。

 こうした状況では、「事故の当事者は刑事処分を恐れて国の調査に真実を話すことをためらうようになり、原因究明の妨げになる」と航空関係者らが指摘してきた。

 前原国交相は同日夕、日航機墜落事故の追悼慰霊式で、「事故の原因をすべての段階で明らかにしていく事故調査の実現」を図ると言及。その後の取材に「事故調査が優先されるような具体的な話し合いを運輸安全委と警察庁で行っていきたい」と話した。

 捜査と調査の関係については、72年に警察庁と旧運輸省とが、互いに協力することを定めた覚書が根拠となっているが、この是非についても「今後の研究テーマと考えている」と見直す可能性を示唆した。欧米のような免責制度を導入するかについては「予断を持たずに議論していく」と述べるにとどめた。

 日航機事故の遺族らでつくる「8・12連絡会」の美谷島邦子事務局長は「調査と捜査をきちんと分けると国交相が話したことは大きな進歩だ」と評価した。作家の柳田邦男さんも「事故防止と安全対策のために、真実を話しやすいよう、刑事処分は免責されるようにすべきだ」と話した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

浜田容疑者、背任認める供述 調書は拒否(13日)

 融資の担保だった株券を不正に売却し、背任容疑で逮捕された元衆院議員の浜田幸一容疑者(81)=千葉県富津市大堀=が、千葉県警の調べに対し、背任行為について容疑を認める供述をしていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。浜田容疑者は、調べには応じているものの、供述を調書化されることは依然として拒否しているという。

関連記事

記事本文の続き 浜田容疑者は逮捕当初、雑談には応じていたが、背任行為について調べが及ぶと、「答える意思はない」などと供述を拒否していた。

 県警の調べでは、浜田容疑者は千葉市稲毛区の産業廃棄物処理会社から株券を担保に2億円の融資を受けたが、その後、名義変更目的で株券の返還を打診。平成18年3~4月ごろ、返却された株券を売却し、融資元に2億円の損害を与えた疑いが持たれている。

 今年2月に同社が告訴。県警が任意で浜田容疑者から事情を聴くなどして捜査していた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻殺害:44歳被告、元交際相手殺害で再逮捕へ 静岡県警(13日)

妻を殺害し静岡県御殿場市の空き家に遺棄したとして殺人容疑などで逮捕・起訴されたリフォーム業、桑田一也被告(44)=同県清水町=について県警は12日、元交際相手の女性を殺害した疑いが強まったとして13日にも殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。県警は12日、桑田被告の供述に基づいて捜索し白骨化した遺体の入ったドラム缶を発見。捜査関係者によると、女性の殺害を認める供述を始めたといい、遺体の死因や身元確認を急いでいる。

 捜査関係者によると、桑田被告は事情聴取に、この女性を「ドラム缶に入れて遺棄した」と供述。桑田被告を立ち会わせ同県沼津市内を捜索したところ、供述通りドラム缶から遺体が見つかったという。女性は06年に行方不明になっていた。【田口雅士、山田毅】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100813k0000m040129000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲:新たに松ケ根部屋2力士が野球賭博(13日)

日本相撲協会の外部有識者による特別調査委員会(座長=伊藤滋・早稲田大特命教授)は12日、新たに松ケ根部屋の十両・松谷と三段目の若力堂が野球賭博にかかわっていたと発表した。調査委は来月6日に会合を開き、処分を検討する。両力士とも協会が行った野球賭博の調査に対して、関与を認める回答をしていなかったため、厳しい処分が下される可能性が高い。

 これまでの協会の調査で野球賭博への関与が判明した力士や親方では、元大関・琴光喜と前大嶽親方(元関脇・貴闘力)が処分を受けている。

 調査委によると、松谷は1回1万円で15回、若力堂は1回5000円で3回程度行った。時期はいずれも2年前のことだったという。

 また大阪市内にある春場所の部屋宿舎を、暴力団との関係を捜査当局から指摘される会社社長から借りていた松ケ根親方(元大関・若嶋津)と、週刊新潮の報道で裏カジノ疑惑などが浮上した佐ノ山親方(元大関・千代大海)については、継続調査となった。

 名古屋場所の部屋宿舎にしている愛知県扶桑町の土地を、過去に暴力団と関係のあった社長の建築会社から提供されていたとされる境川部屋については、「暴力団の関係者と認めることはできない」として「問題なし」と判断された。

 また、「ガバナンス(組織の統治)の整備に関する独立委員会」(座長=奥島孝康・日本高校野球連盟会長)の会合が開かれ、暴力団排除対策と維持員席制度の改革に関する最終答申を行った。協会は12日の理事会で答申を大筋で了承した。会合では大関・魁皇ら計5人の力士が委員と意見交換した。【高橋秀明】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20100813k0000m050107000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月12日 | トップページ | 2010年8月14日 »