« コンビニ強盗、ニュース見て「息子だ」 母が説得、少年出頭 大阪(5日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年8月 5日 (木)

110歳不明 長野市、会見でうそ 実態把握に消極的(5日)

「実際は(男性の家族と)2日に面談していた。おわび申し上げます」。県内最高齢の110歳とされる市内の男性の消息が把握できていないことを明らかにした長野市。高齢者福祉課の大沢重信課長は4日、男性の家族に面会しての聞き取り調査を終えた後の記者会見で、家族に初めて連絡を取ったのは「3日夕」とした3日夜の会見での説明を翻し、うそだったことを認めた。事態に的確に対応できているのか、疑問の声も出そうだ。

 4日午後、長野市役所。大沢課長は会見の冒頭、3日夜の会見での説明について謝罪。うそを言った理由を「(2日の面談で)得た情報の精査に時間が必要だった」と釈明した。

 男性の所在確認の手掛かりとなり得る年金受給や介護保険料の支払い状況などを聞いた質問にも、「分かっていない」「開示できない」などとするにとどまった。「よりどころとなるものがなく、かなり厳しい」と実態把握に消極的な姿勢に終始した。

 一方、男性の住民票がある場所の近くの住民たちは困惑した様子。「何年も男性を見ていない」「そのような男性はいたこと自体知らない」といった受け止めが目立ち、70代男性は「何が何だか分からない」と話した。

47newslogo1_2 http://www.shinmai.co.jp/news/20100805/KT100804FTI090015000022.htm

 

« コンビニ強盗、ニュース見て「息子だ」 母が説得、少年出頭 大阪(5日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 110歳不明 長野市、会見でうそ 実態把握に消極的(5日):

« コンビニ強盗、ニュース見て「息子だ」 母が説得、少年出頭 大阪(5日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »