« 2010年8月8日 | トップページ | 2010年8月10日 »

2010年8月9日

2010年8月 9日 (月)

“虐待情報は速やかに通告を”(9日)

東京・台東区の都立高校で、母親から暴行を受けているという女子生徒の訴えを校長が把握していながら児童相談所に通告せず、その後も虐待が繰り返されていたことがわかり、東京都教育委員会は9日、虐待の情報があれば速やかに通告するよう都内の学校に一斉に通知しました。

東京都教育委員会によりますと、ことし4月、台東区の都立高校の教諭が1年生の女子生徒の顔にあざがあり、前歯が欠けているのに気付いて声をかけたところ、女子生徒は「酒に酔った母親から暴行を受けた」と訴えました。教諭は、校長に報告しましたが、校長は家庭訪問して親子関係の実態を調べるよう指示しただけで、児童相談所には通告していませんでした。

しかし、先月10日には女子生徒の腕や足にあざがあるのを再び担任の教諭が見つけ、自分の判断で児童相談所に通告して女子生徒は保護されました。

女子生徒は、母親と2人暮らしで、現在は里親のもとで暮らしているということです。東京都教育委員会は、高校の対応が遅かったとして、9日、虐待の疑いがある場合は教職員個人であっても速やかに児童相談所に通告するよう都内の公立の小中学校と高校すべてに通知しました。

女子生徒が通う都立高校の校長は「緊急性があるかどうか判断するため様子を見たが、結果的に見通しが甘かった。今後はすぐに通報するなどの対応をとりたい」と話しています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100809/k10013261141000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サル目撃情報、都心の住宅街で相次ぐ(9日)

 東京都内でサルの目撃情報が相次いでいます。今のところ被害は出ていませんが、サルは凶暴性もあることから、注意が必要です。

 9日午後4時ごろ、東京・北区の住宅街で、その姿をとらえました。警視庁によりますと、サルの目撃情報は午前5時すぎ、豊島区巣鴨であったのを皮切りに、文京区や北区で相次ぎました。

【サルを目撃した人は――】
 「木の上から下りたところを私は見たんだと思うんだけど、結構大きくて」
 「畑のとうもろこしをかじって屋根伝いに逃げていきました」

 実はこのサル、5日前には板橋区内、その2日後には豊島区の池袋などで目撃されていました。朝から警察官は、捕獲用の網を手にして警戒にあたっていました。「いない。ここからじゃ見えない」(街の人)

 そして午後1時すぎ、サルを発見。しかし、逃げられてしまいました。
 「(この網では)無理らしいですね。大きさ的にもっと大きいらしいんです。これで頭を押さえ込んで、あとは手錠をかけます」(捜索中の警官)このサル、一体どうやって街にやってきたのでしょうか。

 「歩いてきた可能性もあれば、電車あるいはトラックと、こういったものの荷台に乗り込んで山林地帯からこちらに流れたのではないか」(高尾山さる園 菱山剛男 園長)サルは凶暴性があることから、エサを与えたり、目を合わせたりしないよう注意が必要です。(09日18:05)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4497537.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパート追い出し:家賃集金代行会社に賠償命令 東京地裁(9日)

1カ月分の家賃滞納を理由にアパートから追い出したのは違法だとして、東京都の男性(26)が不動産会社や家賃集金代行会社などに計約240万円の賠償と敷金15万円の返還を求めた訴訟で、東京地裁(甲斐哲彦裁判長)は代行会社に40万円の支払い、不動産会社に敷金全額の返還を命じる判決を言い渡した。判決は7月30日付で、原告弁護団が9日、明らかにした。

 判決によると、男性は05年に杉並区のアパートに入居。昨年2月分の家賃7万7000円の支払いが遅れたところ、代行会社の従業員らは玄関ドアを施錠具で固定、室内の荷物を撤去した。甲斐裁判長は「居住する利益を一方的に奪ったもので違法」と代行会社の使用者責任を認定。こうした経緯を知らなかったとして不動産会社の賠償責任は否定した。【和田武士】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100810k0000m040066000c.html

Logo_mainichi_s1

毎日新聞 2010年8月9日 20時50分

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊急雇用対策の一環、街頭防犯業務委託 tZb

 東京都の緊急雇用対策の一環として失業者に雇用の機会を創ろうと、警視庁が民間の警備会社に街頭での防犯業務を委託しました。

 警備員の制服で防犯パトロールに出発するのは、一時的に職を失った人たちおよそ100人です。

 防犯パトロールは来年3月まで足立区や板橋区など街頭犯罪の多い4つの区で行われ、今回、雇われた警備員は2人1組でひったくりや性犯罪などの防犯にあたります。(09日18:39)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4497541.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)

性犯罪対策を

【治安解説】
212

11歳の小学6年の女児に乱暴し、ケガをさせたとして37歳の会社員=川崎市多摩区生田=が神奈川県警多摩署に9日、逮捕された。会社員は7月2日午後3時40分ごろ、川崎市多摩区の小学6年の女児宅に押し入り、女児に乱暴しけがをさせた疑い=産経新聞電子版

 小学校教諭による連続少女暴行事件で、警視庁は9日、東京都稲城市立小学校教諭(29)=強姦(ごうかん)致傷などの罪で起訴=を強姦致傷と強盗などの疑いで再逮捕した。

 教諭は東京都多摩地区で昨年3月下旬の夕方、当時小学生だった10代の少女が帰宅して玄関のドアを開けたところ、後ろから家の中に押し入り、性的暴行を加えた。

 平成17年5月以降、多摩地区のほか23区、神奈川県内で小中学生らが狙われた性的暴行事件など十数件について、同容疑者は関与を認める上申書を警視庁に提出している=朝日新聞電子版。

 こうした強姦など性犯罪は再犯率が極めて高い。古い数字になるが、昭和57年から平成9年までの子ども対象の強姦容疑で摘発された527人のうち追跡調査した506人について、平成16年6月までの再犯状況調査をした結果、20.4㌫が再び性犯罪を犯しているのだ。(東京法令出版・警察の進路より)

 こうした犯罪を防ぐためアメリカではメーガン法が制定されており、被疑者は出所後に氏名、住所、指紋、職場、自動車ナンバーを警察に登録させ、その情報を学校や一般住民に公表するという制度だ。

 日本も届け出は義務づけているが、残念ながら警察に届け出るだけで公表はされていない。ここにもプライバシー優先が蔓延っている。sign02
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島降り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (2) | トラックバック (0)

家族承認だけで初の脳死判定(9日)

関東地方の病院で治療を受けていた20代の男性が、臓器の提供について本人の意思がわからないまま家族の承諾だけで脳死の判定が行われ、9日昼前に脳死と診断されました。臓器提供のため本人の意思がわからないまま脳死の判定が行われたのは、先月17日の改正臓器移植法の施行後、初めてです。

関係者によりますと、この20代の男性は関東地方の病院で治療を受けていたということで、検査で脳死の疑いがあると診断されました。連絡を受けた日本臓器移植ネットワークのコーディネーターが、健康保険証の記入欄を調べたり、家族からの聞き取りを行ったりして本人に脳死の判定や臓器の提供を拒否する意思がなかったことを確認しました。そして、家族の承諾で脳死判定が行われた結果、男性は9日午前11時55分、脳死と判定され、死亡が告げられたということです。

 現在、日本臓器移植ネットワークが関係機関と連絡を取って脳死からの臓器移植の実施に向けた準備を進めています。本人の意思がわからないまま脳死の判定が行われたのは、先月17日の改正臓器移植法の施行後、今回が初めてです。

 日本臓器移植ネットワークは、このあと午後5時半から厚生労働省で記者会見をして状況について説明することにしています。改正臓器移植法では、本人が拒否の意思を示していなければ、家族の承諾で脳死判定や臓器の提供ができるようになりました。脳死判定を行うかどうかを決める前に、日本臓器移植ネットワークのコーディネーターが▽家族に聞き取りをしたり、▽臓器提供の意思表示カードや健康保険証の記入欄、それにネットワークのホームページ上の登録などを調べたりして本人に拒否の意思がなかったか確かめることになっています。

 拒否の意思表示は子どもでも認められます。一方、障害などで意思表示の難しい人では年齢にかかわらず、脳死判定や臓器の提供は行われません。臓器の提供を承諾できる家族の範囲は、原則として夫婦、親子、祖父母と孫、それに同居する親族とされ、家族の承諾が得られた場合は、書面による本人の意思表示がある場合と同じ手続きで脳死判定や臓器提供が行われます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フジテレビあてに「社内にあるローソンの食品に青酸カリ混入」とメール 30歳の男逮捕(9日)

フジテレビあてに「社内にあるローソンの食品に青酸カリを混入させた」などのメールを送りつけ、業務を妨害したとして、30歳の男が警視庁に逮捕された。
威力業務妨害の疑いで逮捕された愛知・豊田市に住む杉浦宗龍容疑者(30)は、2010年5月、フジテレビあてに「ローソンフジテレビ店にある食品に青酸カリを混入させた」などのメールを送りつけ、業務を妨害した疑いが持たれている。
メールの内容は、フジテレビからローソンに転送され、ローソンが被害届を警視庁に提出していた。
調べに対し、杉浦容疑者は「忘れました」などと容疑を否認しているということだが、警視庁は、ほかにも同様の手口で脅迫を行っていた可能性があるとみて、余罪を追及している。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182243.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子児童に強姦致傷容疑、小学教諭を再逮捕 警視庁(9日)

小学校教諭による連続少女暴行事件で、警視庁は9日、東京都稲城市立小学校教諭の大塚友意(ゆうい)容疑者(29)=強姦(ごうかん)致傷などの罪で起訴=を強姦致傷と強盗などの疑いで再逮捕し、発表した。

 捜査1課によると、逮捕容疑は、東京都多摩地区で昨年3月下旬の夕方、当時小学生だった10代の少女が帰宅して玄関のドアを開けたところ、後ろから家の中に押し入り、性的暴行を加え、少女の着衣を奪ったもの。現場から大塚容疑者のDNA型が採取された。大塚容疑者は容疑を認め、「部屋の電気がついていないのを確かめて押し入った」と供述しているという。

 2005年5月以降、多摩地区のほか23区、神奈川県内で小中学生らが狙われた性的暴行事件など十数件について、大塚容疑者は関与を認める上申書を警視庁に提出しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宝石店に拳銃?強盗、98万円の指輪奪い逃走(9日)

9日午後1時50分頃、津市藤方の宝石店「宝石のイトウ」に男が押し入り、女性店員に拳銃のようなものを突きつけて「金を出せ」と脅した。

 女性店員がレジを開けて引き出しごと渡すと、男は現金約4万円を奪い、さらに陳列ケースの中にあったサファイアの指輪(約98万円相当)を奪ってバイクで逃げた。

 三重県警津署の発表によると、店内には当時、女性店員2人と男性客1人がいたが、けがなどはなかった。押し入った男は、黒いフルフェースのヘルメットにサングラス、濃いグレーのつなぎ服姿だったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小6女児を強姦致傷容疑 川崎の会社員逮捕 「わいせつ」認めるも強姦は否認(9日)

 神奈川県警多摩署は9日、小学6年の女子児童(11)に乱暴しけがをさせたとして、強姦致傷の疑いで、川崎市多摩区生田2丁目、会社員井上雅司容疑者(37)を逮捕した。

 同署によると、井上容疑者は「わいせつなことはしたが、強姦はしていない」と供述している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は7月2日午後3時40分ごろ、川崎市多摩区の小学6年の女児宅に押し入り、女児に乱暴しけがをさせた疑い。 2人に面識はなかった。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

土木作業員の男性、撃たれ重傷 殺人未遂事件で捜査 栃木・佐野(9日)

9日午前0時15分ごろ、栃木県佐野市本町の路上で、同県岩舟町古江、土木作業員、早乙女哲久さん(35)が腹部を拳銃のようなもので撃たれ、重傷を負った。命に別条はない。佐野署で殺人未遂事件として捜査している。

関連記事

記事本文の続き 調べによると、男性は現場付近で車を降り、歩いているところを撃たれたという。同伴者と病院に行き、手術によって腹部から弾丸1発が摘出された。病院側が「銃器のようなもので撃たれたようだ」と佐野署に通報した。同伴者が「パーン」という銃声を聞いたという。

 現場は飲食店などが並ぶ市街地。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の2人 事件後も自宅訪問(9日)

ことし4月、仙台市で高校の男性教師が殺害された事件で、殺人の疑いで逮捕された男2人は、被害者の家族と会うために、事件のあとも何度か自宅を訪れていたことが警察への取材でわかりました。警察は、2人が被害者や家族と何らかのトラブルになっていたとみて調べることにしています。

ことし4月、仙台市泉区で私立常盤木学園高校の教師、松本秀夫さん(56)が自宅前で頭などを殴られ殺害されているのが見つかった事件で、警察は8日、いずれも仙台市泉区に住む会社役員の松山哲士容疑者(38)と、すし店経営の梅原啓容疑者(27)を殺人の疑いで逮捕しました。警察によりますと、逮捕された2人は松本さんや家族とは数年前からの知り合いで、調べに対し、松本さんを殺害したことを認めているということです。さらに2人は、事件のあとも松本さんの家族に会うため、何度か自宅を訪れていたことが警察への取材で新たにわかりました。警察は、松本さんや家族と何らかのトラブルになっていたとみて調べることにしています。また、松本さんは事件の2か月前にも頭に大けがをして入院していて、警察は2人がかかわっていないか調べることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100809/k10013243201000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(9日)

報酬は帰国後、摘発で受け取れず 振り込め詐欺5容疑者

Logo2

 中国から電話をかける振り込め詐欺グループの日本人が中国で拘束され、警視庁に逮捕された事件で、無職浦山健二容疑者(45)ら5人は「報酬はもらえなかった」と供述していることが同庁への取材でわかった。詐欺の「成功報酬」を帰国時に受け取る約束だったが、摘発されたため支払われなかったという。

 捜査関係者によると、5人は知人に誘われるなどし、5月中旬、中国福建省アモイ市に渡航。マンションの部屋を拠点に日本への電話を繰り返していた。文言などをまとめたマニュアルや日本の電話帳が用意されていたという。

 捜査2課によると、5人の逮捕容疑は東京都練馬区の女性(81)から現金計約370万円をだまし取ったもの。まず6月1日に警視庁町田署の警部を名乗って電話をかけ「詐欺事件で男を逮捕したが、あなたの通帳が出てきた。後ほど銀行協会から電話が行くはずです」と言っていったん切り、今度は協会職員を名乗り「口座凍結のためお金を引き出しておいてください」と伝えたという。

 翌2日、日本国内にいる仲間の日本人の男(25)=逮捕=が協会職員を装って女性宅を訪れ、現金約270万円を受け取った。この後、女性が「定期預金にまだ100万円あります」と話したため、改めて現金をおろさせ、さらに約100万円を受け取った。現金はこの男から20代の台湾人の男=同=に渡ったという。

 浦山容疑者ら5人は帰国する際に報酬を受け取る約束だった。このうち、逮捕容疑となった約370万円詐取についての報酬は四十数万円だったという。しかし、中国公安当局が7月9日に拠点に踏み込み、詐欺グループを摘発。5人は結局、報酬を全く受け取れなかったという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引きも「孤独から」…摘発の25%が高齢者(9日)

高齢者が犯行理由に「孤独」を挙げるケースは、万引きでも目立っている。

 警察庁によると、昨年1年間に万引きで摘発された65歳以上の高齢者は全体の25%にあたる2万7019人で、過去最多となった。

 また、警視庁が今年1~4月に都内で摘発した万引き犯のうち、65歳以上の144人について調べたところ、57・6%にあたる83人が一人暮らしで、92・4%にあたる133人は無職だった。

 警察幹部によると、動機は従来のような「生活苦」を理由とするケースのほか、「寂しかった」「孤独だった」とする供述が目立っているという。

 政府によると、65歳以上の高齢者の中での一人暮らしの割合は増加しており、2030年には男性17・8%、女性20・9%に達すると推計される。警察幹部は「お年寄りが孤立しない社会を作ることも大切」と話している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生後11カ月の娘殺害 37歳母親を逮捕 長野市(9日)

長野市で、生後11カ月の娘を殺害したとして37歳の母親が逮捕されました。

 逮捕された37歳の母親は、7日夜から8日朝までの間に、長野市の自宅で生後11カ月の娘の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。8日午前6時40分ごろ、この家から「赤ちゃんがぐったりしている」と消防に通報があり、約40分後に搬送された病院で死亡が確認されました。警察は殺害の動機などを調べています。

Annlogo1_2

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200808038.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・茨城町で58歳兄を刺した54歳弟を現行犯逮捕 刺された兄は死亡(9日)

茨城・茨城町で、54歳の弟が58歳の兄を刺し、現行犯逮捕された。刺された兄は死亡した。
8日午後、茨城町の住宅で、無職・福田久男容疑者(54)が、兄の倍久(ますひさ)さん(58)を包丁で刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕された。
倍久さんは、搬送先の病院で死亡した。
福田容疑者は「刺したことは間違いないが、殺す気はなかった」などと供述しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182208.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自販機荒らし全国最多の愛知…新警報器を設置(9日)

全国ワースト1となるなど被害が深刻な「自販機荒らし」を防ごうと、日本自動販売協会東海支部(春日井市)は東海署や蟹江署と協力し、東海市や飛島村などの自動販売機に防犯警報器を設置する試みを始めた。

 県警によると、自販機荒らしの多発地区を選定し、警報器を付けるのは全国初。

 県警地域安全対策課によると、県内の自販機荒らしは昨年1年間に2714件と全国ワースト1。今年も6月末現在、1375件で、昨年同期より39件増えて全国ワースト1。被害総額も約3000万円と深刻だ。

 このため、県警が、自販機荒らしが多い地区の中から、東海、大府市、飛島村を選び、防犯警報器の設置を始めた。6日現在で40以上が設置された。既に警報器が付いている自販機もあったが、反応しなかったり、誤作動が起こったりするケースもあった。

 今回設置された警報器は、バールでたたかれるなど強い衝撃を受けると、始めは短い音で威嚇、さらに衝撃が加わると、段階的に音の大きさや長さが変わる。また、自販機に、英語、中国語、韓国語も併記した「防犯システム作動中」との警告ステッカーも取り付けた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台の高校教諭殺人、知人の男2人を逮捕(9日)

 仙台市泉区で今年4月、私立高校教諭松本秀夫さん(当時56歳)が殴殺された事件で、宮城県警捜査本部は8日、同区内の男2人を殺人の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、いずれも松本さんの知人で、同区南光台東、会社役員松山哲士(38)、同区高森、すし店経営梅原啓(27)の両容疑者。

 発表によると、2人は4月30日夜、松本さんの自宅敷地内で、鈍器のようなもので松本さんの頭などを数回にわたって殴るなどし、殺害した疑い。2人は容疑を認めているという。

 捜査本部は、動機や犯行経緯などを追及している。

 松本さんは同市青葉区の常盤木学園高校で数学を教えていた。

 事件に先立つ3月1日深夜、頭に大けがをして入院し、事件当日に退院したばかりだった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き家に性別不明の白骨化遺体(9日)

8日午前9時ごろ、埼玉県川口市芝富士の2階建ての空き家で、所有者の男性から「室内から異臭がして、骨らしいものが見える」と110番通報があった。駆けつけた川口署員が、2階の寝室のベッドの上から仰向けの状態で寝た性別不明の白骨化した遺体を見つけた。同署では、身元の確認を急いでいる。

関連記事

記事本文の続き 川口署の調べでは、空き家は少なくとも5年前まで所有者の家族が民家として使っていた。遺体を発見した当時、1階は施錠されていたが、2階の窓は無施錠だった。室内からは空き缶やろうそくなどが見つかり、人が生活した形跡があった。

 川口署によると、遺体の人物は両足に白い靴下をはいていた。約1週間前から近所の住民が異臭に気づいていたという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

越谷で連続2件のひったくり(9日)

8日午後3時ごろから約20分間に、埼玉県越谷市で、2件のひったくり事件が発生した。現場は直線で約3・5キロの距離。犯人の見た目も似ていることから、越谷署では、連続窃盗事件とみて調べている。

 越谷署の調べでは、8日午後3時ごろ、越谷市大沢の市道で、徒歩の無職女性(69)が後ろからバイクで近づいてきた男に、手に持っていた手提げバックを奪われそうになったが、ひもが切れて未遂に終わった。その約20分後、同市南荻島の市道丁字路交差点で、自転車の無職女性(79)が安全確認のため止まっていたところ、後ろから来て横付けしたバイクの男に、前かごにあった現金1万8000円入りのバックをひったくられた。

関連記事

記事本文の続き 越谷署によると、男は黒っぽいバイクに乗って、黒いフルフェースのヘルメットをかぶっていた。自転車の女性は自転車の前かごに防犯用のカバーを付けていたが、男はすき間から手を入れてバックを奪ったという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月8日 | トップページ | 2010年8月10日 »