« 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月9日 »

2010年8月8日

2010年8月 8日 (日)

口論し兄の足に包丁刺した容疑 茨城、兄は病院で死亡(8日)

水戸署は8日、茨城県茨城町長岡、無職福田久男容疑者(54)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。同署によると、福田容疑者は8日午後1時ごろ、近くの長兄宅で、兄の福田倍久(ますひさ)さん(58)と口論になり、包丁で左足太ももを刺した疑いがある。倍久さんが搬送された病院で死亡したことから、同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。久男容疑者は「刺したけど殺す気はなかった」と供述しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民生委員は気付いていた!…109歳男性不明(8日)

神奈川県内最高齢とされていた川崎市幸区の109歳の男性が所在不明となっている問題で、男性宅を訪問していた民生委員が2009年9月、区に「男性は別の所にいるのでは」と指摘したのに、区が所在確認などの対応をとっていなかったことが7日、分かった。

 同市長寿社会部の成田哲夫部長は「適切に対応すべきだった」としている。

 同部によると、民生委員は、区の担当職員に対し、「本人に10年くらい会ったことがない。別の所にいるのではないか」と指摘していた。

 民生委員は08年秋、高齢者世帯の実態調査のため、男性宅を5、6回訪問したが、本人に一度も会えず、家族からは「元気でいます」と聞かされていたという。

 区は指摘を受けた後も、男性との面会を試みるなどの対応をとらなかった。今後、当時の家族とのやり取りなどについて、詳しく調べる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕術も 警察学校を新人記者が体験取材!(8日)

新人警察官が厳しい規律と寮生活の中で警察官としての基礎を学んでいく「警察学校」を、社会部新人・平山晃一記者が体を張って取材した。

 茨城県警察学校では、今年4月に入学した197人が法律の知識や実務を学び、武道などの鍛錬に励んでいる。

 犯人を制圧・逮捕することを目的とした実践的な格闘技「逮捕術」に、記者が挑戦した。防具をつけて臨んだが、教官からは「怖がらない!怖がらない」と注意を受けた。

 「鑑識」の授業は、盗難バイクから犯人の指紋を採取するという設定で行われた。薬品をつけて指紋が浮き出てくると、教官は「上手だと思います。才能があります」と褒めてくれた。

 厳しい教育と訓練を受け、精神面・体力面で日々目覚ましく成長していく新人警察官たち。6~10か月、警察学校で学んだ後、現場での実習を経て第一線の警察官を目指す。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2010/08/07/07164319.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)

振り込め詐欺日中戦争?

【治安解説】
212

中国から日本に国際電話をかけ、高齢者から現金をだまし取っていた振り込め詐欺で35歳の日本人ら5人が警視庁に逮捕された。

 5人は国内で「中国で仕事をしないか」などと声をかけられ、5月中旬に中国に渡航。警視庁町田警察署や八王子署、神奈川県警戸部署の警察官をかたって国際電話をかけ、「あなたの口座を凍結する必要がある。取りに行くから、金を引き出してください」などとうそをついて、現金およそ370万円をだまし取っていた。5人からの連絡を受けて、国内で現金を取りに行ったとされる男2人を、警視庁が詐欺容疑で逮捕。中国にいる5人が浮上した。

 中国でも振り込め詐欺が多発しており、サーチナニュース電子版http://searchina.ne.jp/によると、昨年3月には、「警察官」「マネーロンダリングセンターのスタッフ」などと名乗る人物が次々と被害女性に接触。北京市内の女性から日本円で3640万円をだまし取った振り込め詐欺事件が発生した。海淀警察が捜査を始めている。

 さらに昨年5月下旬には上海市虹口区内にある銀行拠点のATM前で男性が携帯電話を通じて詐欺犯から指示を受けて11万元を送金しようとしたが、案内係の女性に止めらて被害を受けずに済むなど同区内では今年に入ってからこれまでに計58件が未然に防がれている。

 手口は言葉巧みにATMの前に誘導し、英語画面に切り替えさせて送金させようとする悪質な手口が頻発しているという。

 今年1月12日のサーチナニュースは次のように報じた。
  止まらぬ中国の電話詐欺…組織化や国外進出も
Y! 【社会ニュース】 2010/01/12(火) 22:12
 
ここ数年日本国内で大きな問題となっている「振り込め詐欺」。以前に比べ減少傾向にあるというものの撲滅には程遠い状況にあるのは、巧みな心理誘導や絶えず登場する新たな手口によるものと思われる。中国でも「電話詐騙」「電信詐騙」と呼ばれる電話やメールを使用してATMなどで金銭を振り込ませる詐欺犯罪が盛んになっており、詐欺関連の記事が毎日のように掲載されている。
 北京市公安局が発表した数値によると、今年の1月1日から6日までのわずか6日間で、同市内で発生した電話やショートメールを使用した詐欺事件が68件発生し、被害総額は143万元(約1860万円)にのぼったという。広い中国全土でこの期間にいったいどれだけの電話詐欺が発生したかを想像すると、気が遠くなる。国や地方政府の関連機関は、約1ヶ月後に迎える春節(旧正月)に向けた電話詐欺防止キャンペーンを行うようだが、そう簡単には収まりそうもない。

 こうしてみると、振り込め詐欺団は日本と中国が国際的に競争力をつけ合いながら勢力を拡大しているように見られてならない。今回の警視庁の逮捕の突き上げ捜査が期待される。

「日本列島降り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉のライブハウスでスプレー のどに痛み、3人軽傷(8日)

8日午前3時ごろ、千葉県柏市柏のライブハウスから「客が催涙スプレーをかけられた」と110番があった。柏署によると、のどの痛みを訴えた女性(20)ら男女計3人が病院に運ばれた。いずれも軽傷。

 柏署によると、男性客同士が口論になり、若い男が催涙スプレーのようなものを噴射したとみられる。男は署員が駆け付けた際、既に店を立ち去っていた。柏署が傷害容疑などで調べている。

 ライブハウスではバンド演奏などが開かれており、店内には客約150人がいたという。

47newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080801000240.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンスタンドの売り上げ金89万円奪う(8日)

 8日午前2時頃、福岡県糸島市二丈武のガソリンスタンドで、セルフ給油機の売り上げ金を回収中の男性従業員(40)の背後から男が近づき、約89万円が入った回収袋を奪って逃走した。

 従業員にけがはなかった。福岡県警糸島署は窃盗事件として男の行方を追っている。

 発表によると、男性従業員が袋を右脇に挟んで売り上げ金を回収していたところ、いきなり男にひったくられたという。当時、同店は営業中だったが、店にいたのはこの従業員だけだった。男は20~40歳で、身長1メートル70~75の中肉。白色の長袖パーカーに水色のジーパン姿だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通整理中の警官、トラックにはねられ骨折(8日)

8日午前8時半頃、静岡県袋井市堀越の県道交差点で、交通整理をしていた同県警磐田署交通課の大島栄一巡査部長(57)がトラックにはねられ、右ひざ骨折の重傷を負った。

 同署は、トラックを運転していた愛知県豊田市吉原町屋敷畠、運転手中山和美容疑者(45)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、現場では同日午前6時15分頃、乗用車が信号機に衝突して壊す事故があり、大島巡査部長が交通整理をしていた。中山容疑者は「警察官に気づかなかった」と話しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

老夫婦が無理心中?妻を介護の72歳夫死亡 大阪(8日)

8日午前1時半ごろ、大阪市東住吉区鷹合の無職、森田留夫さん(72)宅で、森田さんが死亡しているのを近所に住む次女(37)が見つけ、通報した。

 東住吉署によると、森田さんの妻(67)から「自分が首を絞め、夫が死んでいる。私も後を追って死ぬ」と電話を受けた次女が駆け付けると、森田さんが首にタオルを巻かれたままベッドに倒れていた。妻は多量の薬を飲んで意識不明の状態。病院で手当てを受けている。

関連記事

記事本文の続き 同署は無理心中の可能性があるとみて、妻の回復を待って詳しい事情を聴く。森田さん夫婦は2人暮らしで、妻は足が不自由で、精神的に不安定なため通院中だった。森田さんが介護していた。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

芸能事務所代表を逮捕 19億円詐取未遂の疑い (8日)

引っ越し大手アートコーポレーション(大阪府)の寺田寿男前会長(64)に架空の訴訟を起こし、約19億円をだまし取ろうとした事件で、大阪府警捜査4課は8日までに、詐欺未遂の疑いで指名手配していた元暴力団組員で芸能事務所代表,高野一男容疑者(58)=埼玉県八潮市伊勢野=を逮捕した。

 捜査4課によると、容疑を否認している。

 逮捕容疑は、3月30日、同容疑者が代表の芸能事務所「ジェイ・エイ・シー・コンサルタント」に所属する女性タレント2人が寺田前会長と性的関係を持ち、精神的ショックを受け芸能活動ができないと偽り、約19億円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こして金をだまし取ろうとした疑い。

 捜査4課はこれまでに同事務所部長を逮捕し、社員1人を指名手配している。同事務所はロックバンド「X JAPAN」メンバーの一部が所属している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

海3県で謎の「爆発音」 被害報告なし、通報相次ぐ(8日)

7日午後5時すぎ、愛知、岐阜、三重の3県で「ドーンという大きな音がした」との通報が相次いだ。警察や消防が原因を調べているが、同日夜現在、被害の報告はなく、音の発生源も分かっていない。

 愛知県警には、常滑市や稲沢市など県内各地から110番が入った。稲沢署員は「ボーン」という花火がさく裂するような音を1回、聞いたといい、「地震かと思ったが、揺れはなかった。謎の爆発音だ」と不思議がった。

 三重県警にも「窓ガラスがかたかた揺れた」などと50件以上の通報があった。「海から聞こえた」との内容が多かったことから、警察官が伊勢湾沿いの海岸付近を詳しく調べたが、原因は分からなかった。

 岐阜県警には、関市にある消防本部から「車が庁舎にぶつかったような音がした」と通報があったが、事故は確認できなかった。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080701000859.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰省ラッシュ、今年は過去最悪と予想(8日)

お盆休みを、ふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが早くも始まりました。

 午前中、中央道では渋滞が44キロ、関越道でも40キロに達しました。今年の渋滞、実は過去最悪と予想されているのです。その理由は・・・。

 「出かけるのが遠出だと1000円は助かります」
 「ETCはつけました。(Q.割引になるから)そうですね」(行楽客)

 土日限定で行われているETC車を対象とした、上限1000円の割引料金。去年のお盆期間中は、木曜日と金曜日も適用されましたが、今年は土日のみの適用となり、週末に渋滞が集中する恐れがあります。今年のお盆期間中、10キロ以上の渋滞は過去最高の596回と予想されています。

 その渋滞のもうひとつの原因とみられているのが、6月に始まった高速道路の無料化実験。全国の高速道路の2割、1600キロ余りが無料となっています。そのうちの1つ、舞鶴若狭自動車道を訪れてみると、7日は混雑していませんでした。

 「今年から高速無料化になって、お得感も出て、さらにこっちに来たいという思いが強くなった」(行楽客)

 「(Q.お忙しいですか?)忙しいですね。やはり無料化になって(客が)多くなっているのと、今の時期は海水浴の客が多い」(店の人)

 高速道路の渋滞のピークは下りが12日から15日、上りが13日から16日になる見通しです。(07日17:19)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4496114.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・八潮市37歳男性殺害事件 防犯カメラに不審な車が映っていたことが判明(8日)

Nj2010080708_531

埼玉・八潮市のパチンコ店で、37歳の男性が殺害された事件で、防犯カメラに不審な車が映っていたことがわかった。
この事件は7月30日夜、八潮市のパチンコ店で、会社員・新井政弘さん(37)が、男に刃物で首を切られて殺害されたもの。
その後の調べで、駐車場の防犯カメラに、白色の不審な車が映っていたことがわかった。
警察は、男が車で来店したとみて調べている。

(08/08 01:17)http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182168.html

Logo4_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山梨・甲府市ガソリンスタンド現金強奪事件 男が逃走に使った車を笛吹市で発見(8日)

山梨・甲府市のガソリンスタンドで、男が現金およそ200万円を奪った事件で、男が逃走に使った車が見つかった。
この事件は6日夜、甲府市横根町のガソリンスタンドで、男が刃物で店員を脅し、現金およそ200万円を奪ったもの。
男は、店の軽トラックで逃走していたが、7日午前11時ごろ、現場からおよそ7~8km離れた笛吹市の市道で乗り捨てられているのが見つかった。
警察が行方を追っている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182167.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(8日)

振り込め詐欺:5容疑者5月中旬に中国渡航

Logo_mainichi_s1

 中国から日本に国際電話をかける振り込め詐欺事件で、警視庁捜査2課に詐欺容疑で逮捕された住所不定、無職、浦山健二(45)ら日本人の5容疑者は、国内で「中国で仕事をしないか」などと声をかけられ、5月中旬に中国に渡航していたことが捜査関係者への取材で分かった。同じ手口の事件は5月中旬以降、東京都内で12件(被害額約7500万円)確認されており、警視庁が関連を調べている。

 同課によると、5人は中国福建省を拠点に国際電話をかけ、日本の高齢者から現金をだまし取ったとされる。警察官などを装い言葉巧みに預金を引き下ろさせ、国内にいる仲間に連絡して現金を回収させていた。警視庁は回収役だった川崎市のアルバイトの男(25)らを詐欺容疑で逮捕している。

 警察庁によると、中国を拠点にした振り込め詐欺事件が増加傾向にあり、電話をかける「かけ子」の多くは国内でリクルートされているという。パチンコ店や繁華街で仕事を持ち掛けられるケースも多く、渡航費用も用意されていた。5人も「日本で知り合いから誘われた」などと供述しているという。

 捜査関係者は「国外から電話をかける方が逮捕されるリスクが小さいと考え、中国に拠点を置くグループが増えているのではないか」と指摘する。警視庁は5人を中国に渡航させた人物の特定や背後関係を捜査している。【川崎桂吾】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100808k0000m040048000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ店員、向かいの駐在所員手招き…男逮捕(8日)

北海道警岩見沢署は7日、住所不定、無職斎藤周二容疑者(44)を強盗未遂容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、斎藤容疑者は7日午後5時30分頃、月形町階楽町のコンビニ店で、女性店員に「金出せ。強盗だ。警察呼べ」などと脅した疑い。

 同店の道路向かいには同署月形駐在所があり、男性店員に手招きで呼ばれた駐在所員が斎藤容疑者を逮捕した。

 斎藤容疑者は同日、月形刑務所を出所したばかりだったといい、同署では「刑務所に戻りたかったのでは」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

頭や胸に数カ所撃たれた跡 京田辺の男性死亡、殺人事件と断定(8日)

 京都府京田辺市の京阪バス転回場で、同府宇治市の建設会社社員、中村寛さん(62)が死亡していた事件で、遺体の頭や胸に銃で撃たれた跡が数カ所あったことが7日、府警の調べで分かった。現場には拳銃とみられる弾丸数発が落ちており、府警は殺人事件と断定、田辺署に捜査本部を設置した。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部によると、中村さんは会社名義の車のそばで倒れ、車体にも血痕がついていた。ポケットには、現金が入っており、車のキーもあったという。

 死因は脳幹部損傷で、6日深夜に死亡したとみられ、弾は体を貫通したり、体内に残されているものもあるという。現場は帰宅経路で、衣服の乱れや車内に争った形跡はなく、捜査本部は面識者の犯行の可能性が高いとみて、トラブルがなかったかを調べている。

 中村さんは勤務先の元経営者で、現在は長男と妻が実質的な経営を引き継いでいる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都立高、女子生徒の虐待通告せず 校長、緊急性認めず「様子見る」(8日)

東京都台東区の都立高校で4月、1年の女子生徒(15)が実母による虐待を疑われながら、学校が児童相談所へ通告していなかったことが7日、関係者の話で分かった。生徒はその後も虐待を受け、7月に児童相談所の介入により保護された。都教委は「学校の対応は適切ではなかった」として事実関係を調査する。虐待通告をめぐっては1月の江戸川区の岡本海渡(かいと)君事件を受け、文部科学省などが子供の安全確保の徹底を求める通知を出しているが、教訓が生かされていない実態が浮かんだ。

関連記事

記事本文の続き 関係者によると、4月下旬、担任の男性教諭が生徒の顔に直径約4センチの青あざがあることに気づいた。前歯も少し欠けていた。生徒が「酔った母親からの暴力に悩んでいる」と話したため、担任は男性校長(60)らへ報告した。その際、校長は緊急性を認めず「様子を見る」として児童相談所へ通告しなかった。

 7月上旬、担任は再び生徒の様子がおかしいことに気づき、左腕と左足にそれぞれ直径約4センチの黒あざを見つけた。生徒が「中間テストの結果が悪かったという理由で、酔った母親からいすで殴られた」と訴えたため、担任が独断で児童相談所へ通告したという。

 生徒は児童相談所に保護され現在、都内の里親家庭へ身を寄せている。生徒は父親と死別、母親と2人暮らしだった。

 文部科学省は、確証がなくても虐待通告するよう通知している。校長は取材に対し「緊急性があるか総合的に判断し、様子を見守ることにした。判断ミスとは思っていない」と話した。

 都教委の高等学校教育指導課の宮本久也課長(52)は「虐待の疑いがあれば通告するのが本来であり、学校の対応が適切だったとは考えていない。事実確認した上で、しかるべき対応を取る」としている。

 ●体験や意見をお聞かせください【あて先】news@sankei.co.jp(都道府県、年齢、性別をお書きください)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月9日 »