« 2010年8月4日 | トップページ | 2010年8月6日 »

2010年8月5日

2010年8月 5日 (木)

カーナビ1000個以上盗む、容疑の3人逮捕(5日)

埼玉県や千葉県などでトヨタ車のカーナビばかり1000個以上が盗まれた連続窃盗事件で、警察は無職の35歳の男ら3人を逮捕していたことが分かりました。被害額は1億7000万円にも上るということです。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、千葉県船橋市の無職・石川直樹容疑者ら3人です。

 警察によりますと石川容疑者らはおととし2月から去年10月までの間、埼玉県や千葉県などで駐車してある車の窓をハンマーで割り、備え付けてあったカーナビゲーションあわせて1000個以上を盗んだ疑いが持たれています。

 石川容疑者らはトヨタ車ばかりを狙い、助手席の横にある三角窓をハンマーで壊す手口で、総額1億7000万円相当のカーナビを盗んだということです。

 石川容疑者らは取り調べに対し、「多いときは1晩30件以上やった。カーナビを盗るのは空き巣に入るよりリスクが低く簡単だった」と供述していて、容疑を認めているということです。(05日18:16)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4494512.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者所在不明問題 厚労省、問題解決に向けた対策チームを設置し初会合(5日)

全国各地で100歳以上の高齢者の所在が相次いでわからなくなっている問題で、厚生労働省は5日午後、対策チームを設置し、初会合を開いた。
長妻厚労相は「高齢者の地域の孤立化は、これまでも言われていたが、あらためて対策を厚生労働省として知恵を出し合っていこうと」と述べた。
この対策チームは、長妻厚労相をトップとして、今後、医療保険の利用状況などから、高齢者の安否を確認する方法を検討することにしている。
また、地域内で高齢者が孤立化していることが、今回の問題の大きな要因とされていることから、その支援策についても話し合うほか、公的年金の不正受給の防止策も検討課題となっている。

(08/05 20:59)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182059.html

Logo4_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都府警:95事件481点の証拠品紛失 16警察署で(5日)

京都府警刑事部は5日、府内16署で98年7月~10年3月に計95事件481点の証拠品と18事件の捜査書類を紛失していたと発表した。いずれも管理が不徹底で廃棄していた。大半が未解決事件という。計68人が口頭で注意を受けた。

 府警によると、紛失した証拠品には衣類など被害者らに返すべき物品も23点あり、被害者に謝罪したという。また、捜査書類は傷害事件の被害届や強盗事件の被害調書、捜査報告書など。いずれも既に溶解処理され、外部流出はないとしている。

 伏見署で今年3月、証拠品や捜査書類約600点の紛失が発覚したのを機に、府警が内部調査を進めていた。【太田裕之】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100806k0000m040049000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人:とんかつ店主殺害で無職の男逮捕 埼玉・春日部(5日)

埼玉県春日部市一ノ割1の飲食店「とんかつ どん」で7月、店主の麻生義久さん(58)=越谷市大房=が殺害された事件で、埼玉県警春日部署捜査本部は5日、住所不定、無職、大屋学容疑者(34)を殺人容疑で逮捕した。

 容疑は、7月24日午後11時40分から25日午前0時20分までの間、店内で麻生さんを包丁のような刃物で刺して殺害したとしている。麻生さんは背中や頭を数十カ所刺され失血死した。店内にあった麻生さんの財布からは紙幣がなくなっていた。【平川昌範】

毎日新聞 2010年8月5日 20時45分

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100806k0000m040060000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人容疑の男性釈放 奈良地裁「逮捕手続きに違法」(5日)

奈良市歌姫町のアルバイト店員米沢良子(よしこ)さん(当時66)が自宅で胸などを刺された遺体で見つかった事件で、奈良地裁(宮本初美裁判長)は4日、殺人容疑で逮捕された無職の男性(40)について「逮捕手続きに重大な違法がある」として勾留(こうりゅう)を取り消した。男性は釈放された。

 捜査関係者によると、遺体は7月20日に見つかった。奈良県警は同日夜から、良子さんの長女(42)と、交際していた男性をホテルに寝泊まりさせて事情聴取し、同27日に逮捕した。男性の弁護士が今月2日、勾留決定を不服として準抗告し、地裁は「逮捕状が出ていないのに拘束し、実質的に逮捕と同じ状態で強制的に取り調べた」と判断した。長女の弁護士も5日、同様の準抗告を申し立てた。

 奈良地検の徳久正・次席検事は「(決定には)一部事実誤認もあり、不満は残るが、現段階ではいったん釈放して捜査を継続すべきだと判断した」と話した。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元日本赤軍、重信房子被告の懲役20年が確定(5日)

 日本赤軍がオランダ・ハーグの仏大使館を占拠した「ハーグ事件」などで、殺人未遂罪などに問われ、1、2審で懲役20年とされ、最高裁に上告が棄却された元日本赤軍最高幹部、重信房子被告(64)側の異議申し立てについて、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は棄却する決定をした。懲役20年が確定した。決定は4日付。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

旧五菱会ヤミ金事件 5490人に犯罪収益返還(5日)

 指定暴力団山口組旧五菱会のヤミ金事件で、東京地検は5日、犯罪収益の返還申請をした6887人の被害者のうち、検察官による審査の結果、返還対象と認定された5490人に対し、総額23億7838万7089円を返還する手続きを開始したと発表した。

 地検によると、被害認定総額は約161億1300万円で、被害者には被害認定額に応じて、スイスの銀行口座などから没収した犯罪収益約29億5000万円から被害額に応じて返還金が分配される。返還金は被害額の約14.7%相当。

 また、審査の結果に納得せず提訴したり、所在不明になっていたりするケースが約10件あるという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)

責任は自治体にあるsign03

【治安解説】
212

 日本同様高齢化が進んでいるイタリアのコリエレ・デラ・セラ(電子版)が日本で100歳以上の高齢者の所在不明事案について「世界で最も長寿と考えられている日本の人口統計に疑問が出てきた」と指摘した=産経新聞電子版。
 なんとも恥ずかしい話しである。

 一連の問題が発生して以来、マスコミは不明者の人数を独自調査。連日、その数字を発表している。ANN54人、NHK57人、FNN72人、日テレ51人など……当たり前だが各社バラパラ。正確な数字は何人なのか。それを調べるのは厚生労働省なのに、何の発表もない。やる気がないのだろう。

 読売新聞電子版によると、家庭裁判所で失踪宣告を受け、民法上は1995年に死亡したとみなされていた男が7月16日、花屋に盗み目的で侵入し警視庁立川署に建造物侵入容疑で現行犯逮捕された。

 このほか、本籍地では死亡が確認されていたり、すでに戒名が付いていた故人が、住民登録上は「生存」していたという珍事も起きている。さらに、自治体がかなり前から事実をつかみながら、住民票の訂正をしていなかったケースも相次いでいるという。こうした怠慢が今回の事案に繋がったのだろう。

 ある自治体の民生委員が担当家庭を訪問して、なかなか対面できないので自治体から情報を得ようとしても、自治体は個人情報保護法の観点から情報を出さないという。

 警察が盗難バイクのナンバーを緊急照会したある自治体が「個人情報保護法から回答は出せない」と答えたことがあった。そこで問題になり、自民党政権時代に一部見直しを行おうとした。

 100歳以上の老人なら老人福祉や保健所、医療関係や年金問題などあらゆる角度から調査が可能なはずだ。
 それなのに「何もできない」というのは、やる意思がないだけよ。こんな問題、自治体がしっかりしていれば起きないはずだ。また、自治労が関係しているのかな? クハバラクハバラ

と、怒りを込めて書いていたら厚生労働省は5日午後、対策チームを設置し、初会合を開いたという。遅すぎるsign03

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島降り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

110歳不明 長野市、会見でうそ 実態把握に消極的(5日)

「実際は(男性の家族と)2日に面談していた。おわび申し上げます」。県内最高齢の110歳とされる市内の男性の消息が把握できていないことを明らかにした長野市。高齢者福祉課の大沢重信課長は4日、男性の家族に面会しての聞き取り調査を終えた後の記者会見で、家族に初めて連絡を取ったのは「3日夕」とした3日夜の会見での説明を翻し、うそだったことを認めた。事態に的確に対応できているのか、疑問の声も出そうだ。

 4日午後、長野市役所。大沢課長は会見の冒頭、3日夜の会見での説明について謝罪。うそを言った理由を「(2日の面談で)得た情報の精査に時間が必要だった」と釈明した。

 男性の所在確認の手掛かりとなり得る年金受給や介護保険料の支払い状況などを聞いた質問にも、「分かっていない」「開示できない」などとするにとどまった。「よりどころとなるものがなく、かなり厳しい」と実態把握に消極的な姿勢に終始した。

 一方、男性の住民票がある場所の近くの住民たちは困惑した様子。「何年も男性を見ていない」「そのような男性はいたこと自体知らない」といった受け止めが目立ち、70代男性は「何が何だか分からない」と話した。

47newslogo1_2 http://www.shinmai.co.jp/news/20100805/KT100804FTI090015000022.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗、ニュース見て「息子だ」 母が説得、少年出頭 大阪(5日)

 大阪府警泉佐野署は5日、コンビニ店員にけがを負わせたとして強盗致傷容疑で府内在住のアルバイトの少年(19)を逮捕した。防犯カメラに写った少年の姿がテレビニュースで流れ、母親が「息子だ」と気付き、出頭させた。

 逮捕容疑は4日午前10時15分ごろ、泉佐野市葵町コンビニエンスストアでたばこ1箱を盗もうとして女性店長(35)に呼び止められ、逃げる際に女性店員(37)を突き飛ばし、打撲などの軽いけがを負わせた疑い。

 泉佐野署によると、4日夜、たばこをポケットに入れ店長に注意された後、店員を突き飛ばす様子がニュースで放映された。覆面はしていなかった。母親が少年を説得し、5日未明、同署に付き添って出頭させた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100805/crm1008051529017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官 虐待事件の検証を(5日)

大阪のマンションで、先月、幼い子ども2人の遺体が見つかった事件について、警察庁の安藤長官は「なぜ深刻な状況を把握できなかったのか、しっかり検証を行う必要がある」と述べました。

この事件について、警察庁の安藤長官は会見で「警察の最大の責務は、生命や身体が危険にさらされている被害児童の存在をいち早く把握し、大事に至る前に救出、保護することであり、その徹底を図っていきたい」と述べました。そのうえで、「今回、なぜ深刻な状況を把握できなかったのかについて、しっかりと検証を行う必要がある。検証は、児童相談所と共同で行うことが望ましいと考えている」と述べ、子どもが置き去りにされて死亡するまでの経緯について、児童相談所とも協力して検証を進める考えを示しました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100805/k10013185341000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

上半期の児童虐待摘発、過去最多181件 (5日)

今年上半期の児童虐待事件の摘発件数や被害を受けた子どもの人数が過去最多となったことが警察庁のまとめでわかりました。

 警察庁によりますと、今年1月~6月までの全国で起きた児童虐待事件は181件で、前の年の同じ時期に比べて34人多い199人が殺人や傷害致死容疑で摘発されました。被害にあった子どもは187人で、児童虐待事件の件数、摘発人数、被害者数ともに過去最多となりました。

 今年1月に東京・江戸川区で小学1年生だった岡本海渡くん(当時7)が暴行を受けて死亡するなど、虐待事件で死亡した子どもは前の年に比べて7人多く18人でした。

 警察庁は児童虐待事件の増加について、「国民の関心の高まりで通報が増え、事件が発覚するケースが多くなっている。虐待事案自体も増加の実態がある」と分析しています。(05日11:14)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・八千代市で遊歩道の桜の木62本が根元から刃物で折られる 器物損壊事件として捜査(5日)

千葉・八千代市で、遊歩道に植えられた桜の木62本が根元から刃物で切られているのが見つかった。
千本桜の会の会員は「誰がこんないたずらするのか、非常に腹立たしい思いですね。ちょうどここのところをのこぎりで切断して」と話した。
八千代市島田で4日、川沿いの遊歩道に植えられた「桜の木が切られている」と市に連絡があった。
市の職員が確認したところ、2010年3月に植栽したばかりの幼木99本のうち、河津桜や陽光など3種類の品種の桜62本が、のこぎりのようなもので切られていたという。
警察は、八千代市からの被害届を受け、器物損壊事件として捜査を始めた。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182031.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・町田市で女性がはいていたレギンスを無理やり脱がし奪って逃走した21歳男逮捕(5日)

東京・町田市で、女性がスカートの下にはいていたレギンスを無理やり脱がされたとして、21歳の男が警視庁に逮捕された。
男は、帰宅途中の女性を押し倒し、馬乗りになってレギンスを奪って逃走した。
強盗の疑いで逮捕された大田区のアルバイト・鴇田(ときた)優哉容疑者(21)は2010年5月、町田市内の路上で、深夜、帰宅途中だった22歳の女子大生のレギンスを無理やり脱がし、奪った強盗の疑いが持たれている。
警視庁によると、付近の防犯カメラには、犯行の直前、女子大生の後をつける鴇田容疑者の様子が映っていたという。
調べに対して、鴇田容疑者は、「お金がなく、むしゃくしゃして、女性を困らせようと思った。レギンスは逃走中に捨てた」と容疑を認めているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00182026.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

職員室のコンセントに盗聴器…車載無線機が受信(5日)

宮崎県都城市にある県立都城工高・情報制御システム科の職員室で、盗聴器が見つかっていたことがわかった。

 遅くとも2年前からあったとみられ、同校は4日、県警都城署に通報した。

 同校によると、電源の差し込み口を増やすための三つまたコンセント(縦約3センチ、横約4センチ、高さ約2センチ)の中に長さ数ミリのマイクが仕掛けられていた。コンセントは職員室内で、男性教諭の机上の延長コードに差し込まれていた。

 実習用の工具の納入で来校した業者が7月23日、「車載の無線機が不審な電波を受信した」と申し出た。製品番号などから、インターネットなどで販売されている盗聴器と判明した。男性教諭は2008年春、職員室内でこのコンセントを偶然見つけ、そのまま使っていたという。

 盗聴器は周囲5~6メートルの声を拾って電波を発し、半径100~200メートルの範囲で受信できるという。大重順一校長は「なぜ職員室に盗聴器があるのか分からない」と話している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

戸籍は死亡、住民票で「生存」…所在不明高齢者(5日)

本籍地では死亡が確認されていたり、すでに戒名が付いたりしていた故人が、住民登録上は「生存」していた――。

 全国で100歳以上の高齢者の所在不明が次々に判明している問題で、自治体による確認作業の結果、そんなケースが表面化した。

 約30年前に亡くなったとみられる事実を、自治体が把握しきれていなかった現状に、担当者らは「原因がわからない」「連絡がない以上は把握が難しい」と漏らしている。

 生存していれば99歳の夫と共に所在不明だった100歳の女性が判明した静岡県熱海市。4日に、市が女性の本籍地の北海道函館市に照会し、1981年の死亡が確認された。夫も86年に亡くなっていた。

 総務省や法務省によると、死亡者の親族らは戸籍法に基づき、住所地、本籍地、亡くなった地域のいずれかの自治体に死亡届を提出。受理した自治体は、住民基本台帳法などに基づいて、それらの関係自治体に通知。通知を受けた自治体が、住民票や戸籍を削除する決まりになっている。

 しかし、今回は本籍地で戸籍上は死亡していたのに、住民票では「生存」のまま。熱海市の担当者は「当時は電算化されておらず、何らかのミスがあったのかもしれない。通常では考えられないが、資料が残っておらず、原因が分からない」。

 一方、高知市では、生存していれば105歳だった男性が、33年前に水難で行方不明になっていたことが、市の4日の調査で判明した。市は今年6月、男性が住んでいた地域の民生委員から、男性の水難の話を聞いていたが、4日に市職員が施設に入所している男性の息子を訪ね、寺で男性を供養したという書面を確認し、男性が死亡しているものと判断した。

 市の担当者は「民生委員からの情報など、行政が高齢者の所在不明に気付くきっかけはある。ただ、本人のプライバシーの問題もあり、最終的な安否確認は難しい。家族、親族に届けを出してもらうしかないのだが……」と困惑している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島降り込め詐欺(5日)

振り込め詐欺:連続で3人が580万円被害 大津署、注意呼びかけ /滋賀

 

Logo_mainichi_s1_3

大津市内で3日午前、71~82歳の女性3人が計約580万円の振り込め詐欺の被害に遭う事件が相次ぎ、大津署が発表した。いずれも警察などを名乗る男から電話があった後、自宅を訪れた男にキャッシュカードなどをだまし取られており、同署は注意を呼びかけている。

 約300万円の被害に遭った女性(82)の家には同日午前10時半ごろ、警察をかたる男から「銀行の犯罪を取り締まっている。暗証番号から指紋認証の手続きをするのでカードを取りに行かせる」と電話があった。昼ごろに自宅を訪れた作業服姿の30歳くらいの男にキャッシュカード3枚を手渡したところ、それから1時間以内に市内の金融機関のATM(現金自動受払機)から現金が引き出されたという。【南文枝】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100805ddlk25040523000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

人乗り原付きに追跡パト衝突、少年骨折 愛知・豊橋(5日)

 5日午前4時ごろ、愛知県豊橋市山田一番町の県道で、少年2人が乗ったミニバイクと追跡中のパトカーが衝突、2人は転倒したバイクを置いて逃走した。このうち15歳の少年が約2時間後に豊橋署に出頭。左足骨折などで重傷のもよう。パトカーの豊橋署員2人にけがはなかった。

関連記事

記事本文の続き 豊橋署によると、市内の交差点でヘルメットを着用せずに運転していたバイクをパトカーが発見。約6キロ追跡したところでバイクと衝突した。

 同署は道交法違反容疑などでもう1人の行方を追っている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フリーズ強盗!? 未遂容疑で逮捕 札幌中央署(5日)

札幌中央署は4日、強盗未遂の疑いで、札幌市中央区南9西11、無職池田智和容疑者(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月12日未明、札幌市中央区のコンビニエンスストアで、女性店員(21)にカッターナイフを突きつけ、「フリーズ(動くな)」などと英語で脅し、現金を奪おうとした疑い。店員にけがはなかった。

 同署によると、池田容疑者は「日本人か外国人か分からなくするため英語で脅した。借金があり、金に困っていた」と供述しているという。

47newslogo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/244785.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

口論相手ボンネット乗せ走行(5日)

埼玉県所沢市で、18歳の男子高校生が、口論相手の少年を車のボンネットに乗せたまま3.5キロにわたって走り続け、振り落としたなどとして、殺人未遂などの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・東村山市に住む私立高校3年の18歳の少年です。警察の調べによりますと、この男子高校生は、4日午前3時ごろ、所沢市下富のコンビニエンスストアの駐車場で乗用車を発進させて、19歳の無職の少年をボンネットにはねあげたあと、3.5キロにわたって少年を乗せたまま車を走らせ、振り落としたなどとして、殺人未遂などの疑いが持たれています。少年は、車から振り落とされた際に、頭の骨を折る大けがをしました。警察によりますと、逮捕された男子高校生は、駐車場にいた16歳の少女に声をかけたことをきっかけに、少年のグループと口論になったため、その場から車で立ち去ろうとした時に、少年が前に立ちはだかったということです。調べに対して男子高校生は、「口論になって怖くなり、逃げようと思って車を発進させた」と供述しているということで、警察は当時の状況を詳しく調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100804/k10013172481000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

貴金属店強盗の容疑者、日本に引き渡しへ (5日)

3年前、東京・銀座の貴金属店で2億円相当のティアラなどが奪われた事件で、警視庁に国際手配されてスペインで拘束されていた「ピンクパンサー」のメンバーの身柄が、今月14日にも日本に引き渡されることが分かりました。

 この事件は2007年6月、中央区銀座の貴金属店に外国人の2人組の男が押し入り、従業員に催涙スプレーを吹きつけて2億円相当のティアラなどを奪ったものです。

 捜査関係者によりますと、国際強盗団「ピンクパンサー」のメンバーで警視庁が国際手配していたモンテネグロ人のリファト・ハジアフメトヴィチ容疑者(42)の身柄が、今月14日にもスペインから日本に引き渡されることが分かりました。

 日本と犯罪人引渡条約を結んでいないヨーロッパの国から外国人容疑者の身柄が引き渡されるのは初めてですが、死刑の対象となる犯罪ではないとの判断から実現したとみられるということです。(05日00:13)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都内最高齢113歳女性所在不明 女性の家族が警視庁に捜索願を提出、受理される(5日)

東京・杉並区に住む都内最高齢の113歳の古谷ふささんが所在不明になっている問題で、古谷さんの家族が警視庁に捜索願を提出、受理された。
古谷さんをめぐっては、死亡した夫の遺族扶助料が、東京都から古谷さんの口座に50年間振り込まれていたことがわかっている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00181990.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

顧客クレジットカード情報流出 ネット宅配で1万2千件(5日)

ネット宅配のシステム会社「NEO BEAT(ネオビート)」(大阪市)は4日、同社がスーパー7社から運営を委託されているネット宅配サイトと、自社の宅配サイトに会員登録している計1万2千件超の顧客のクレジットカード情報が流出したと発表した。複数の不正利用が確認されたが、金銭被害については「今のところ把握していない」としている。

 流出した情報は、クレジットカードの番号と名義、有効期限。サイトを運営していたスーパーと流出件数は、イズミヤ(大阪)4720件▽ユニー(愛知)6272件▽大近(大阪)395件▽不二商事(大阪)179件▽琉球ジャスコ(沖縄)187件▽フジ(愛媛)125件▽マルエツ(東京)237件▽ネオビート28件。各社のサイトは7月30日から31日にかけ停止しており、復旧のめどはたっていない。

 ネオビートによると、不正アクセスは、7月24日午後5時16分から同26日午前2時36分にかけてあった。日本国内と中国の計四つのアドレスから、各社のサイトを経由してサイトを管理する同社のサーバーが攻撃されたという。26日午後にカード会社から情報流出の疑いがあるとの連絡を受けて判明し、4日付で大阪府警に被害届を提出した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

トレーラーのコンテナ爆発、衝撃で男性軽傷(5日)

5日午前1時半頃、群馬県玉村町上福島の県道で、走行中の大型トレーラーのコンテナ部分が爆発した。

 爆発の衝撃で周囲の建物1棟が半壊、6棟の窓ガラスが割れるなどし、男性(70)が軽傷を負った。トレーラーの運転手にけがはなかった。

 伊勢崎署の発表によると、トレーラーは前橋市から横浜港まで建設重機などを運ぶ途中だったといい、同署で原因を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

所在不明の高齢者、全国で52人に (5日)

高齢者の所在が確認できない事態を受けてJNNが集計したところ、住民登録地に住んでいなくて、自治体側が所在を確認していない100歳以上の人が、全国15都道府県で男女合わせて52人いることがこれまでにわかりました。

 そこにいるはずのお年寄りがいない。そんな事態が次々と明るみに出ています。「川崎市在住109歳、県内最高齢の男性の現時点での転居先の 確認は取れていない」(神奈川県の会見)

 「所在と安否を確認できるようなところまでは行きついていない」(愛知県津島市の担当者)さらに、4日の夜に入ってからも、大阪で19人もの所在が分からないことが発覚。

 「以前から住民票はあるが、居住していない方は一定数いるのが現実。今回、初めて所在が確認できない事態とは考えていない」(東大阪市の担当者)JNNのまとめでは、100歳以上の高齢者で、住民登録のある自治体が所在の確認をできていない人の数は、15都道府県・52人にのぼります。

 “地縁”、“血縁”に重きを置くといわれるこの国で、いったい何が起きているのでしょうか? 各地のケースを追いました。

■北海道岩見沢市「100歳女性が所在不明」
 この女性は息子や妻や2人の孫と一緒に暮らしているはずでした。ここは行方が分からなくなっている100歳の女性が住んでいたとされている住所ですが、近所の人たちはそのような人物をまったく見た事がないと話しています。「13年前ここへ来た時にすでに見ていない。いらっしゃらなかったのでは」(近所の人)

 8年前に担当した民生委員も・・・「おばあちゃんここの家にいらっしゃるかと聞いたら『どこにいるか分からない』と聞けないそれ以上のことは」(当時の民生委員)

■静岡・下田市「103歳女性が所在不明」
 この女性は下田駅から車で20分ほどの山奥の別荘に住んでいるはずでしたが、実際には住んでいませんでした。市内に住む女性の娘は市に対して「7年前に失踪した。いつか帰ってくると思い失踪届けは出さなかった」と話しているといいます。この間、年金は支払われています。

 「住民票で確認されていれば支給はされる」(静岡県の担当者)

■兵庫・川西市「102歳男性が所在不明」
 102歳の男性の居住地とされる場所は、阪神高速の降下したになっていて一部は公園になっています。家のようなものは全く見当たりません。阪神高速道路によりますと、18年前には工事に着手していたといいますが・・・
 「住民票はあるが 本人は違う所に住んでいる場合、そこまでの把握はできない状況」(兵庫県川西市の担当者)女性の平均寿命は86.44歳で世界1位、男性も世界5位と「長寿国」として知られる日本。韓国メディアも今回の問題を大きく伝えました。

 「日本がでたらめな長寿国とみなされる衝撃的なことが起きました」「平均寿命世界一を誇る長寿国日本の名声が揺れています」(韓国KBS)新聞の見出しも「日本=長寿国家は虚構?」(文化日報)など、センセーショナルな見出しが踊りました。

 「ニュースを聞いてちょっとショックです」(ソウル市民)
 「日本の技術力を見れば日本人は几帳面という認識があります。日本も人間的なところがあるのだなと思いました」(ソウル市民)

 一方、依然として所在が分からない都内最高齢113歳の古谷ふささんを巡っては、新たな事実が浮上しました。古谷さんの預金口座に、東京都の職員で死亡した夫の遺族年金が50年にわたって振り込まれていたのです。

 「自分の親を見捨てたり、死んだことも報告せず弔いもせず、どういうつもりなのか。日本人は本当に落ちるところまで落ちたという感じがしますね」(東京都・石原慎太郎知事)行政ばかりか、一番身近な家族までもが「居場所はわからない」と口をそろえる今回の問題。専門家は・・・。

 「100歳に達する高齢者を、安定して家族が責任を果たすということ自体が容易ではない」(放送大学・宮本みち子教授〔家族社会学〕)宮本教授は、「社会保障のあり方を見直すべき」だと指摘します。
 「国の社会保障、社会福祉のあり方は 家族頼みという傾向だった。“家族・友人がいるだろう”という前提を(行政は)捨て去ることも大事では」(放送大学・宮本みち子教授〔家族社会学〕)
今回の問題で、長寿社会にひそむ家族の絆の希薄さも明らかになりました。(04日23:02)

Annlogo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4494070.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「死亡」の男逮捕…15年前に失踪宣告(5日)

家庭裁判所で

失踪

(

しっそう

)

宣告を受け、民法上は1995年に死亡したとみなされていた男が7月16日、花屋に盗み目的で侵入したとして、警視庁立川署に建造物侵入容疑で現行犯逮捕されていたことがわかった。

 男は家族と連絡を絶ち、東京都や埼玉、千葉両県などのカプセルホテルやサウナを転々としながら、事務所荒らしを繰り返していたと供述しているという。

 捜査関係者によると、逮捕されたのは、無職宗方正治容疑者(63)。宗方容疑者は7月16日午後11時15分頃、国立市中1の花屋に窓ガラスを割って侵入した疑い。花屋から現金約20万円を盗んでいたことも判明し、同署は窃盗容疑でも追送検した。

 同署が宗方容疑者の身元を調べたところ、鹿児島県にいる家族の申し立てで、鹿児島家裁が昨年1月に失踪宣告し、95年に死亡したとみなされていたことが判明した。失踪宣告にあたっては生死不明の期間が7年間必要で、宗方容疑者が実際に失踪したのは88年頃とみられている。

 宗方容疑者は同署の調べに対し、2000年以降だけで約200件の事務所荒らしを繰り返していたと供述、「家族には迷惑をかけてきた」と話しているという。宗方容疑者の弁護士が近く失踪宣告の取り消しを申請することになるという。

 ◆失踪宣告=行方不明者の生死が分からない状態が長期間続くと、婚姻・相続関係などで問題が生じるため、家族らの請求を受けて家裁が失踪を宣告することで、本人が死亡したとみなす制度。通常は、7年以上の失踪期間をおいて行う。その後、生存が判明した場合、本人や家族らの届け出により宣告が取り消され、戸籍も復活する。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

所在不明高齢者 日本の人口統計に疑問と伊紙(5日)

 イタリア主要紙コリエレ・デラ・セラ(電子版)は4日までに、日本で100歳以上の高齢者の所在が分からなくなったり、死亡しているのに届けが出ていなかったりするケースが相次いでいることについて「世界で最も長寿と考えられている日本の人口統計に疑問が出てきた」と指摘した。

関連記事

記事本文の続き 記事は「100歳を超える日本人のミステリー」との見出しで、東京都内最高齢で113歳の古谷ふささんが所在不明になっている問題などを伝えた。日本同様、イタリアも高齢化が進んでおり、同国統計局によると、65歳以上の高齢者が人口の約20%を占めている。(共同)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊縛強盗:名古屋の女性宅に侵入…3容疑者を逮捕(5日)

名古屋市港区の1人暮らしの女性宅に侵入して現金340万円を奪ったとして、愛知県警捜査1課と港署は4日、東京都練馬区錦、無職、松本光弘(55)▽住所不定、同、長田雅志(32)▽大阪府摂津市鳥飼中、飲食業、西村学哲(ひさあき)(32)の3容疑者を強盗容疑で逮捕した。

 容疑は共謀して09年6月30日午後7時50分ごろ、名古屋市港区惟信町の無職女性(83)宅に侵入。女性の手首と目、口を粘着テープで縛って「言うことを聞いたら殺さない」と脅し、現金と商品券を奪ったとしている。3人は容疑を認めているという。

 同署によると、松本容疑者らは静岡県、東京都で計3件の強盗傷害事件を起こしたとして今年2~6月に起訴されている。取り調べに名古屋市の事件への関与を認めたという。【山口知】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100805k0000m040122000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都城工業高:職員室に盗聴器…2年前から設置? 宮崎(5日)

宮崎県都城市の県立都城工業高の学科職員室で、盗聴器が見つかったことが分かった。少なくとも2年前には職員室にあったとの職員の証言もあり、学校は4日、県警都城署に届けた。

 学校によると、7月20日ごろ消防設備部品の納入業者が学校を訪れた際、車載の無線機が不審な電波をキャッチし学校側に伝えた。調べたところ、情報制御システム科の職員室で、裏側のねじ穴を樹脂で固め、銀シールでふさいだ白い3穴ソケットを発見。製品番号などから盗聴器と分かった。市販のソケットと形や大きさが同じで、机の上の延長コードに差し込まれていた。

 学校の調査では、周囲5~6メートルの声を拾い、携帯受信機で100~200メートルの範囲で受信できる。これまでのところ、校内や周辺で受信機などを持った不審者情報はない。

 職員室は学校西側の情報制御システム科棟2階にあり、同科の職員4人が常駐している。08年の春、職員室に放置状態のソケットを職員が見つけ、普通に使っていたという。

 大重順一校長は「なぜ盗聴器があるのか分からない。以前に誰かが気づかず持って来たことなども考えられる」と話している。【木元六男】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100805k0000m040118000c.html

Logo_mainichi_s1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月4日 | トップページ | 2010年8月6日 »