« 他人のカード情報不正入手、チケット購入容疑で男逮捕(5日) | トップページ | 東京・新宿区の高級時計店で男があわせて900万円相当の腕時計を両腕にはめたまま逃走(5日) »

2010年7月 5日 (月)

高齢者施設の虐待防止態勢調査(5日)

栃木県は介護施設などでお年寄りへの虐待や不適切な行為が相次いで明らかになったことを受けて、高齢者施設を対象にした定例監査の際に、虐待などを防ぐ態勢についても今後、重点的に調べていくことになりました。
栃木県内では、ことし3月、真岡市の病院で職員が高齢の入院患者を虐待していたことがわかったほか、宇都宮市の介護老人保健施設では、職員が、上半身が裸になった認知症の男性の姿を携帯電話で撮影し、同僚に見せるといった不適切な行為があったことが、ことし4月に明らかになりました。
こうした事態を受けて栃木県では、県内の216か所の高齢者施設を対象に行っている定例監査で、虐待についても今後、重点的に調べていくことになりました。
具体的には、▼虐待防止マニュアルが作成されているかや、▼虐待を早期に発見するためのチェック態勢が整備されているかどうかなどについて、県の担当者が施設に出向いて確認するということです。栃木県は「定例監査の中で重点的に調べる姿勢を打ち出すことで、虐待防止への意識を高めていきたい」としています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005530771.html

 

« 他人のカード情報不正入手、チケット購入容疑で男逮捕(5日) | トップページ | 東京・新宿区の高級時計店で男があわせて900万円相当の腕時計を両腕にはめたまま逃走(5日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者施設の虐待防止態勢調査(5日):

« 他人のカード情報不正入手、チケット購入容疑で男逮捕(5日) | トップページ | 東京・新宿区の高級時計店で男があわせて900万円相当の腕時計を両腕にはめたまま逃走(5日) »