« 全国4万件…児童虐待7割は実母、2割が実父 専門家「地域で防げ」(8日) | トップページ | 連続車両火災:少年と中3少女逮捕 15台関与供述 愛知(8日) »

2010年7月 8日 (木)

大相撲:勝敗記録見つからず 仲介役、破棄か…警視庁捜索(8日)

大相撲の野球賭博事件で、胴元と力士らをつないだ阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(34)ら仲介役が保管していたとみられる「付(づ)け帳」が発見されていないことが関係者への取材で分かった。付け帳は賭博客の勝敗などの記録で、賭博事件を立証する有力な物証だが、警視庁は元幕下力士らが破棄したか隠匿したとみている。また、胴元と連絡する仲介役は元幕下力士ら3人で、野球賭博はこの3ルートで角界に拡散した可能性が高いことも判明した。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 警視庁は8日も、相撲部屋などを賭博開張図利容疑で家宅捜索。押収した携帯電話や通帳を分析し、賭博の実態や胴元の特定を進める。

 関係者によると、力士らが予想したプロ野球の勝敗や賭け金の額を集計して胴元に伝えていた仲介役は▽元幕下力士▽恐喝容疑で逮捕された古市満朝容疑者(38)の弟で同部屋の現役幕下力士(34)▽複数の力士と契約を結んでいたトレーナー(42)--の3人と判明した。前大嶽親方(42)=元関脇・貴闘力=や元大関・琴光喜関(34)らの野球賭博を仲介していた同部屋の床山(29)は、元幕下力士に伝える役割で、胴元と直接の連絡はなかったという。

 日本相撲協会は親方や力士ら27人が野球賭博に関与したと認定したが、ほとんどの力士らは3人のいずれかのルートで賭博をしていたという。このため警視庁は仲介役の3人の関係先として、賭博に関与した力士らが所属する相撲部屋などの捜索を続けている。

 仲介役は、賭博客とのトラブルを防止するために賭博客の勝敗表や賭け金などを付け帳に記録しておくのが通例。警視庁は仲介役3人も付け帳を保管していたとみているが、周辺からは見つからず、押収できていないという。警視庁は元幕下力士らが摘発を免れるため、元琴光喜関への恐喝事件が発覚した5月以降に破棄された疑いがあるとみている。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100708k0000e040070000c.html

 

« 全国4万件…児童虐待7割は実母、2割が実父 専門家「地域で防げ」(8日) | トップページ | 連続車両火災:少年と中3少女逮捕 15台関与供述 愛知(8日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:勝敗記録見つからず 仲介役、破棄か…警視庁捜索(8日):

« 全国4万件…児童虐待7割は実母、2割が実父 専門家「地域で防げ」(8日) | トップページ | 連続車両火災:少年と中3少女逮捕 15台関与供述 愛知(8日) »