« サムターン被害→自分にもできる→練習し空き巣(8日) | トップページ | POLICEチャンネルに広告掲載 »

2010年7月 8日 (木)

賭博関与力士らの口座も捜査 金の流れ解明めざす(8日)

大相撲の野球賭博事件で、警視庁が、賭博に関与した力士や賭博の仲介者らの銀行口座を捜査していることが関係者への取材でわかった。同庁は、それぞれの口座の出入金状況を調べて、野球賭博の裏付けを進めるとともに、金の流れの面から仲介者と胴元側との関係解明も目指す。

 力士らは、阿武松(おうのまつ)部屋の元幕下力士(34)と現役幕下力士(34)や、トレーナーの男性(42)らを仲介役に、野球賭博をしていたとされる。関係者によると、力士らは仲介者を通じて胴元側から携帯メールで、プロ野球の試合開始約2時間前に賭けのハンディを伝えられ、勝敗の予想を仲介者にメールで連絡して賭けていたという。賭け金は仲介者に後払いし、毎週月曜日に精算することが多かった。賭け金は1回1万円からだったが、1回数十万円を賭けるケースもあったという。

 賭け金などは力士らと仲介役との間で手渡しすることが多かったとされるが、口座に振り込むこともあったという。

 組織犯罪対策3課は7日の相撲部屋などに対する家宅捜索で、賭博に関するメールのやりとりに使われたとされる携帯電話のほか、力士らの預金通帳も押収した。また、パソコンや賭博に関係する事柄が書かれたメモ類なども押収したとみられる。

 同課は、力士らの口座の金の動きを分析し、直接の賭け金や勝ち金の振り込みがないか確認する。また、賭け金として使うための現金などの引き出しや、受け取った勝ち金の入金の可能性がある出入金を調べ、事情聴取の内容や携帯電話の通信記録と照合して賭博の裏付けを進める。

 さらに、仲介役の口座については、胴元側との資金の移動がなかったか分析を急ぐ。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« サムターン被害→自分にもできる→練習し空き巣(8日) | トップページ | POLICEチャンネルに広告掲載 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48828831

この記事へのトラックバック一覧です: 賭博関与力士らの口座も捜査 金の流れ解明めざす(8日):

« サムターン被害→自分にもできる→練習し空き巣(8日) | トップページ | POLICEチャンネルに広告掲載 »