« 金賢姫元工作員来日へ 80年代初め「同僚を訪ねたとき、めぐみさんに会った」(19日) | トップページ | 観客1割減・懸賞4分の1…揺れる名古屋場所、折り返し(19日) »

2010年7月19日 (月)

フィリピン:広島県出身の63歳男性?誘拐(19日)

【マニラ矢野純一】フィリピン警察当局は18日、同国南部スルー州のパングタラン島で、広島県出身の伊藤敏雄さん(63)とみられる男性が武装集団に誘拐されたことを明らかにした。

 警察当局などによると、男性は16日、同島の自宅から約10人の武装集団に誘拐されたという。当初、警察当局は男性の名前を「アメール・カタヤマ・ママイト」としており、日系2世か3世とみられていたが、自宅から日本人名のパスポートが見つかった。このパスポートが誘拐された男性のものかどうか、確認を急いでいる。

 男性はイスラム教に改宗し、5年以上前から同島に住んでいたという。医療施設を経営する一方、第二次世界大戦中に日本軍が隠したといわれる財宝を探していたという。男性は武装組織が発行する身分証明書を持っていたという情報もある。

 同州はイスラム過激派「アブサヤフ」の活動地域として知られている。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100719k0000m030084000c.html

Logo_mainichi_s1

 

« 金賢姫元工作員来日へ 80年代初め「同僚を訪ねたとき、めぐみさんに会った」(19日) | トップページ | 観客1割減・懸賞4分の1…揺れる名古屋場所、折り返し(19日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン:広島県出身の63歳男性?誘拐(19日):

« 金賢姫元工作員来日へ 80年代初め「同僚を訪ねたとき、めぐみさんに会った」(19日) | トップページ | 観客1割減・懸賞4分の1…揺れる名古屋場所、折り返し(19日) »