« 違法パチスロ店摘発 14人逮捕 暴力団の資金源か(15日) | トップページ | 絵画ローン巡り詐欺容疑、画廊元社員を逮捕 名古屋地検(15日) »

2010年7月15日 (木)

小沢氏の07年分規正法違反容疑「不起訴不当」 検察審(15日)

小沢一郎・前民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京第一検察審査会は、2007年分の政治資金収支報告書をめぐる小沢氏の政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑を不起訴とした東京地検特捜部の処分について「不起訴不当」と議決し、15日に公表した。議決は8日付。

 今回の議決を受けて特捜部は再捜査するが、不起訴の判断を変えないとみられる。

 小沢氏については、04、05年分の同容疑について別の市民で構成される東京第五検察審査会が先に審査し、4月末に「起訴相当」と議決した。2度目の審査で「起訴すべきだ」とする議決(起訴議決)をすれば、裁判所が指定した弁護士によって強制的に起訴されるが、07年分は1度目が「不起訴不当」にとどまったため、こうした手続きにはならない。

 小沢氏が市民団体により告発されていたのは、陸山会が04年に約3億5千万円の宅地を購入した際に原資となった小沢氏からの借入金4億円を07年に返済した事実を記載せず、登記も05年にずらすなどした一連の容疑。

 04、05年分と07年分に分けて告発があったため、特捜部もそれぞれ判断し、いずれも小沢氏を不起訴とした。審査会への申し立ても07年分は04、05年分より遅かったため、別々の審査会が担当することになった。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 違法パチスロ店摘発 14人逮捕 暴力団の資金源か(15日) | トップページ | 絵画ローン巡り詐欺容疑、画廊元社員を逮捕 名古屋地検(15日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48883477

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏の07年分規正法違反容疑「不起訴不当」 検察審(15日):

« 違法パチスロ店摘発 14人逮捕 暴力団の資金源か(15日) | トップページ | 絵画ローン巡り詐欺容疑、画廊元社員を逮捕 名古屋地検(15日) »