« 時効1カ月半前に逮捕 共犯者起訴で成立延びる(17日) | トップページ | 【物來順応】前警視総監・米村敏朗 逆境の文化と角界(17日) »

2010年7月17日 (土)

元県議に「不起訴不当」議決 神戸検察審査会(17日)

議員に支給される政務調査費を自家用車のローン返済に流用し、収支報告書に虚偽記載したとして虚偽公文書作成・同行使などで書類送検されたものの、神戸地検が不起訴とした元兵庫県議(60)について、神戸第二検察審査会が不起訴不当と議決したことが16日、わかった。議決は先月30日付。地検は再捜査に入るが、「起訴相当」の議決ではないため、法的拘束力を持つ「起訴議決」に至ることはない。

 元県議は、政務調査費約110万円をローン返済にあて、収支報告書にはリース代と偽ったとして、18年8月、県警から書類送検。神戸地検は同年11月に嫌疑不十分で不起訴処分としたため市民団体が審査会に申立。審査会は不起訴不当と2回議決したが、神戸地検は3度にわたり不起訴処分としていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100717/trl1007170042001-n1.htm

 

« 時効1カ月半前に逮捕 共犯者起訴で成立延びる(17日) | トップページ | 【物來順応】前警視総監・米村敏朗 逆境の文化と角界(17日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48895405

この記事へのトラックバック一覧です: 元県議に「不起訴不当」議決 神戸検察審査会(17日):

« 時効1カ月半前に逮捕 共犯者起訴で成立延びる(17日) | トップページ | 【物來順応】前警視総監・米村敏朗 逆境の文化と角界(17日) »