« 公務執行妨害のTBSディレクター不起訴 英国女性遺棄(2日) | トップページ | 深夜2人組が羽交い締め強盗、携帯奪う 大阪・松原(2日) »

2010年7月 2日 (金)

東京地裁が民主・長島一由氏のセクハラ1件認定(2日)

「飲み会で女性2人にセクハラをした」とする週刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の衆議院議員が新潮社に損害賠償などを求めていた裁判で、東京地裁は1人についてのセクハラを認めた上で、もう1人は「事実でない」として新潮社側に50万円の支払いを命じました。

 週刊新潮は民主党の長島一由衆院議員について、神奈川県逗子市の市長だった2005年の飲み会の席で、女性2人にセクハラをしたとする記事を掲載しました。

 長島議員は記事で名誉を傷つけられたとして、出版元の新潮社に対し1000万円の損害賠償と謝罪広告を求めていましたが、東京地裁は1日、女性1人について「セクハラがあった」と認める一方、もう1人については「真実とする証明がなく不法行為にあたる」として新潮社側に50万円の支払いを命じました。

 長島議員の代理人の弁護士は、「(金額が認められたことは)記事に名誉毀損があったと裁判所が認めたもので評価したい。ただし、事実認定の一部については異論がある」とコメントしています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4466965.html

 

« 公務執行妨害のTBSディレクター不起訴 英国女性遺棄(2日) | トップページ | 深夜2人組が羽交い締め強盗、携帯奪う 大阪・松原(2日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京地裁が民主・長島一由氏のセクハラ1件認定(2日):

« 公務執行妨害のTBSディレクター不起訴 英国女性遺棄(2日) | トップページ | 深夜2人組が羽交い締め強盗、携帯奪う 大阪・松原(2日) »