« 新潟の切断遺体、32歳店員を逮捕…遺体は弟か(15日) | トップページ | 所持金80円 郵便局強盗の男すぐ御用 東京・足立(15日) »

2010年7月15日 (木)

恐喝額、段階的に要求引き下げ 古市容疑者「自分が値切った」(15日)

 元琴光喜関(34)=元大関、本名・田宮啓司=に対する恐喝事件で、元幕下力士の古市満朝容疑者(38)が野球賭博の口止め料などして現金約1億3千万円を脅し取ろうとした際、段階的に要求額を引き下げていたことが14日、関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 警視庁は恐喝未遂容疑での立件に向けて詰めの捜査を進める一方、交渉に同席していた指定暴力団山口組系組員とみられる男も恐喝にかかわった可能性があるとみて裏付けを急ぐ。

 古市容疑者は今年3月、大阪市内の路上で、元琴光喜関と元大嶽親方(42)=元関脇、貴闘力、本名・納谷忠茂=に対し、「胴元が1億3千万円を要求してきた」などとして、元琴光喜関の野球賭博への関与の口止め料を脅し取ろうとしたとされる。

 古市容疑者は交渉で「自分が8千万円に値切ってきた」と説明。さらに「弟が現役力士なので、自分も半分の4千万円は支払う」などと段階的に要求額を引き下げ、最終的に当座の金として2千万円の支払いを求めたという。

 古市容疑者は1月下旬、元琴光喜関から同様の趣旨で現金約350万円を脅し取ったとして、先月24日、恐喝容疑で逮捕された。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 新潟の切断遺体、32歳店員を逮捕…遺体は弟か(15日) | トップページ | 所持金80円 郵便局強盗の男すぐ御用 東京・足立(15日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐喝額、段階的に要求引き下げ 古市容疑者「自分が値切った」(15日):

« 新潟の切断遺体、32歳店員を逮捕…遺体は弟か(15日) | トップページ | 所持金80円 郵便局強盗の男すぐ御用 東京・足立(15日) »