« 保険金詐欺でプロゴルファーの男ら再逮捕(16日) | トップページ | 元県議に「不起訴不当」議決 神戸検察審査会(17日) »

2010年7月17日 (土)

時効1カ月半前に逮捕 共犯者起訴で成立延びる(17日)

2000年4月、高知市のパチンコ店駐車場で景品交換所の女性従業員が襲われバッグを奪われた事件で、高知地検は16日、強盗致傷の罪で高知市西塚ノ原、無職山本節男容疑者(46)を起訴した。公訴時効成立が約1カ月半後に迫っていた。

 地検によると、山本被告の共犯者の男(62)=同罪で懲役4年が確定=が08年9月に起訴され、09年1月に刑が確定。この約4カ月間は、刑事訴訟法の規定で山本被告の時効進行が停止し、ことし4月末に迎えるはずだった時効成立は、8月末に延びていた。

 この事件で山本被告は03年に逮捕されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となった。地検は共犯者の供述に基づき再捜査。15日に高知県四万十市にいた山本被告を逮捕した。

 起訴状によると、山本被告は2000年4月、高知市のパチンコ店駐車場で女性従業員の頭を棒で殴り約1週間のけがを負わせ、バッグなど(時価6万3千円相当)を奪ったとしている。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071601001175.html

 

« 保険金詐欺でプロゴルファーの男ら再逮捕(16日) | トップページ | 元県議に「不起訴不当」議決 神戸検察審査会(17日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効1カ月半前に逮捕 共犯者起訴で成立延びる(17日):

« 保険金詐欺でプロゴルファーの男ら再逮捕(16日) | トップページ | 元県議に「不起訴不当」議決 神戸検察審査会(17日) »