« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 72歳女性が強盗に“タックル” パチンコ景品交換所(17日) »

2010年7月17日 (土)

「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる(17日)

 民主党の枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌「新潮45」が報じた。枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の執行委員長で、警視庁公安部が革マル派のJR内秘密組織の幹部と判断している人物としている。枝野氏は覚書で「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」などとしている。

関連記事

 

« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 72歳女性が強盗に“タックル” パチンコ景品交換所(17日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48900700

この記事へのトラックバック一覧です: 「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる(17日):

« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 72歳女性が強盗に“タックル” パチンコ景品交換所(17日) »