« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 大相撲:理事長代行は「捜査の行方を見守る」…名刺問題(14日) »

2010年7月14日 (水)

決闘の容疑で非行グループの少年3人を書類送検 埼玉(14日)

非行グループの勢力を拡大するため殴り合いをしたとして、埼玉県警武南署は14日、決闘の疑いで、同県戸田市の高校生(15)と名古屋市の高校生(16)ら少年3人を書類送検した。

 送検容疑は、いずれも中学3年だった昨年12月6日午後、少年2人が事前に約束した上で、埼玉県川口市の河川敷で殴り合いをした疑い。1人は指を骨折する重傷、もう1人は顔に軽いけが。

関連記事

記事本文の続き 武南署によると、非行グループのリーダーだった戸田市の高校生が、別のグループの少年に携帯メールで決闘を申し込み、当時川口市に住んでいた名古屋市の高校生が代わりに応じた。

 決闘罪を規定した法令は明治22年(1889年)に制定され、年に数件の適用事例がある。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 大相撲:理事長代行は「捜査の行方を見守る」…名刺問題(14日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決闘の容疑で非行グループの少年3人を書類送検 埼玉(14日):

« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 大相撲:理事長代行は「捜査の行方を見守る」…名刺問題(14日) »