« 犯行予測し痴漢を逮捕!「犯罪情報分析システム」の実力(9日) | トップページ | 強盗殺人容疑で52歳の男逮捕 愛知の車上狙い刺殺事件(9日4) »

2010年7月 9日 (金)

非出会い系性犯罪急増…接続して人生暗転(9日)

インターネット上で会員同士が情報交換するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やプロフ(自己紹介サイト)など、出会い系以外のサイトを通じて18歳未満の少女が性犯罪に巻き込まれるケースが増えている。

 福岡県警が昨年1年間に摘発した事件数(

強姦

(

ごうかん

)

や強制わいせつなどを除く)は62件で、出会い系サイト絡みの約5倍。今年上半期も約2倍になっている。県警は「児童買春などの温床になっている。安易にメールをやりとりしないで」と呼びかけている。

 「水泳と野球が好き」。SNSのブログでこう自己紹介していた女子高生(15)に、「自分も野球が好き。友達になって」とのメールが届いたのは昨年7月だった。県内に住む男(34)からで、2人は1か月ほどメールを交換し、野球や好きな歌手の話題で盛り上がった。やさしい男と思い、1度会ったところ、男の態度が一変。「下半身の写真を送って。送らないと、ネットに携帯電話の番号をばらす」。女子高生は写真を送らざるを得なかった。県警が男を別の少女に対する

淫行

(

いんこう

)

事件で逮捕し、余罪を追及する中で発覚。県警は5月、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で男を書類送検した。

 県警少年課によると、出会い系以外のサイトがきっかけとなって県内で起きた性犯罪(摘発件数)は、2008年が38件。09年は62件に急増し、今年上半期も25件を数えた。

 逆に、出会い系サイト絡みの性犯罪は04年の77件から減少傾向に。08年は48件、09年は13件にとどまり、初めて「非出会い系」を下回った。今年上半期も11件で、「非出会い系」が多い傾向は続いている。

 かつて、性犯罪の温床になっていた出会い系サイトは、03年に施行された「出会い系サイト規制法」により、18歳未満の書き込みが禁止された。08年には利用者の年齢確認を厳格化する法改正もなされた。

 県警少年課は、規制が厳しくなった出会い系サイトが回避される一方、登録が無料で気軽に利用でき、子どもたちに人気があるSNSなどが性犯罪に悪用され始めた、と分析している。

 警察庁の統計でも、昨年1年間に全国の警察が摘発した非出会い系サイト絡みの性犯罪は1266件に上り、前年に比べて319件も増加。出会い系サイト絡みは547件で、前年より356件減少した。

 ◆SNS=企業などがインターネットに専用サイトを設け、会員同士が書き込みなどを通じて交流する場を提供するサービス。会員登録後、自分のページで性別や年齢を公開し、身の回りの出来事などを書き込み、他の会員が閲覧する。国内では「ミクシィ」などが有名。(牛島康太)

 

« 犯行予測し痴漢を逮捕!「犯罪情報分析システム」の実力(9日) | トップページ | 強盗殺人容疑で52歳の男逮捕 愛知の車上狙い刺殺事件(9日4) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48837289

この記事へのトラックバック一覧です: 非出会い系性犯罪急増…接続して人生暗転(9日):

« 犯行予測し痴漢を逮捕!「犯罪情報分析システム」の実力(9日) | トップページ | 強盗殺人容疑で52歳の男逮捕 愛知の車上狙い刺殺事件(9日4) »