« 夏祭りに包丁3本「騒ぎで市を困らせてやる」(26日) | トップページ | 「犯人も同じつらい思いを」 八王子スーパー強殺事件15年を前に女子高生の両親(26日) »

2010年7月26日 (月)

“オウム”新施設購入 住民らが反対集会(26日)

オウム真理教から改称したアレフが東京・足立区に新たな施設を購入した問題で、地元住民ら600人が教団の進出反対を訴える集会を開きました。

 住民側の代表:「あの4階建ての建物の1階部分は道場などに使われる。(信者は)隠れて地域に入ってくる。隠れて人が出入りしているのを見たら通報して頂きたい」
 公安調査庁などによると、教団は今年3月、足立区入谷の土地と4階建ての建物を約1億円で購入しました。この施設が教団の新たな拠点として利用される恐れがあるとして、地元住民ら約600人が建物近くで反対集会を開きました。足立区の職員が教団の活動状況の説明を行った後、住民らは国に団体規制法の強化を呼びかけていくことなどを確認するとともに、アレフの進出に対して徹底的に抗議を続けるとしています。

 

« 夏祭りに包丁3本「騒ぎで市を困らせてやる」(26日) | トップページ | 「犯人も同じつらい思いを」 八王子スーパー強殺事件15年を前に女子高生の両親(26日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48978984

この記事へのトラックバック一覧です: “オウム”新施設購入 住民らが反対集会(26日):

« 夏祭りに包丁3本「騒ぎで市を困らせてやる」(26日) | トップページ | 「犯人も同じつらい思いを」 八王子スーパー強殺事件15年を前に女子高生の両親(26日) »