« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 大相撲:暴力団関係者の名刺押収…野球賭博事件で捜索時(13日) »

2010年7月13日 (火)

「盗撮の自白強要された」 無罪の発達障害男性が国など提訴(13日)

女性を盗撮しようとしたとして東京都迷惑防止条例違反(みだらな行為)の罪で在宅起訴され、東京高裁で無罪が確定した横浜市内に住む発達障害の20代のアルバイト男性が13日、東京地検や警視庁の違法な捜査で精神的苦痛を受けたとして、国や東京都に対する1100万円の国家賠償請求訴訟を横浜地裁に起こした。

関連記事

記事本文の続き 男性は1、2審を通じて「自白を強要された」などと無罪を主張。供述調書の信用性の有無などが争点となったが、東京高裁は「捜査官が誘導したか、作文した疑いがぬぐえない」と信用性を否定。さらに、「男性は発達障害で、やましいことがなくても謝った可能性がある」と指摘していた。

 訴状などによると、男性は平成20年6月、東京都港区内の地下鉄駅構内のエスカレーターで女性のスカート内を撮影しようと携帯電話を差し入れたとして摘発され、東京簡裁が21年3月、罰金30万円の有罪判決を言い渡した。しかし今年1月、東京高裁が逆転無罪とし、検察側が上告せず無罪が確定していた。

 東京地検の話「訴状が手元にないので、コメントはできないが、適に対処したい」

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 大相撲:暴力団関係者の名刺押収…野球賭博事件で捜索時(13日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48870156

この記事へのトラックバック一覧です: 「盗撮の自白強要された」 無罪の発達障害男性が国など提訴(13日):

« 警視庁管内体感治安レベル1 | トップページ | 大相撲:暴力団関係者の名刺押収…野球賭博事件で捜索時(13日) »