« 宅配ピザ架空注文、待ち伏せて強盗・食べる(13日) | トップページ | 車に防犯カメラを搭載した「移動防犯カメラ車」、東京・足立区で運用開始 全国初(13日) »

2010年7月13日 (火)

大牟田殺人:宿泊代トラブルが引き金か(13日)

福岡県大牟田市の旅館「南風荘」で経営者の江崎京子さん(当時79歳)が殺害された事件で、県警に殺人容疑で逮捕された住所不定、医師、乾(いぬい)稚宏容疑者(26)が事件当日、宿泊代金の支払いを巡って江崎さんの夫とトラブルになったとみられることが、捜査関係者への取材で分かった。県警は宿泊代金のトラブルが事件の動機になった可能性があるとみて慎重に調べている。

 捜査関係者によると、乾容疑者は5月26日から南風荘に宿泊。同28日午前10時ごろ、江崎さんの首を布のようなもので絞めて殺害したとされる。その後、江崎さんの孫娘に「おばあちゃんがいなくなった」と告げ、家族が江崎さんを捜しているすきに旅館を立ち去ったとみられる。江崎さんの夫は乾容疑者が姿を消す直前、宿泊代金の支払いで言い争いになったと証言しているという。県警は宿泊代金の管理をしていたのは江崎さんだったため、江崎さんもトラブルになった可能性があるとみている。【島田信幸】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100713k0000e040042000c.html

 

« 宅配ピザ架空注文、待ち伏せて強盗・食べる(13日) | トップページ | 車に防犯カメラを搭載した「移動防犯カメラ車」、東京・足立区で運用開始 全国初(13日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大牟田殺人:宿泊代トラブルが引き金か(13日):

« 宅配ピザ架空注文、待ち伏せて強盗・食べる(13日) | トップページ | 車に防犯カメラを搭載した「移動防犯カメラ車」、東京・足立区で運用開始 全国初(13日) »