« 貴乃花親方が暴力団と愛媛で同席 交際は否定(16日) | トップページ | 陸自中部方面総監宅で不審火 「ドン」という音(16日) »

2010年7月16日 (金)

元日本赤軍・重信被告上告棄却、懲役20年確定へ(16日)

 1974年に日本赤軍がオランダ・ハーグの仏大使館を占拠した「ハーグ事件」などで、殺人未遂罪などに問われた元最高幹部・重信房子被告(64)の上告審で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は被告の上告を棄却する決定をした。

 決定は15日付。懲役20年とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決によると、重信被告は74年9月、元メンバーの実行犯3人と共謀。仏当局に拘束されたメンバーを奪還するため、ハーグの仏大使館を占拠して大使ら11人を人質に取り、警察官2人に拳銃を発砲して重傷を負わせるなどした。

 

« 貴乃花親方が暴力団と愛媛で同席 交際は否定(16日) | トップページ | 陸自中部方面総監宅で不審火 「ドン」という音(16日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48891855

この記事へのトラックバック一覧です: 元日本赤軍・重信被告上告棄却、懲役20年確定へ(16日):

« 貴乃花親方が暴力団と愛媛で同席 交際は否定(16日) | トップページ | 陸自中部方面総監宅で不審火 「ドン」という音(16日) »