« 【物來順応】前警視総監・米村敏朗 逆境の文化と角界(17日) | トップページ | 小中学生連続強姦:名前は分かっていると脅す 大塚容疑者(17日) »

2010年7月17日 (土)

金賢姫元死刑囚:20日来日へ めぐみさん両親らと面会(17日)

北朝鮮の元工作員で、大韓航空機爆破事件(87年)の実行犯である金賢姫(キム・ヒョンヒ)・元死刑囚(48)が、日本政府の招きで20日、韓国から初めて来日する。77年に新潟市内で拉致された横田めぐみさん(行方不明時13歳)の両親らと面会することが目的で、23日まで滞在する予定だ。

 金元死刑囚は、北朝鮮で工作員として訓練中の81~83年、拉致被害者の田口八重子さん(同22歳)から日本語を教わっていたことが明らかになっている。昨年3月には韓国・釜山市で田口さんの兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(72)と長男耕一郎さん(33)に面会した。その後、韓国で面会した日本政府関係者に「(めぐみさんに)会ったことがある」と証言していたことが今年1月に明らかになった。拉致被害者家族会などが金元死刑囚の来日を求めていた。

 金元死刑囚は、バーレーンで身柄を拘束された際、「蜂谷真由美」という名前の偽造日本旅券を所持していた。日本の国内法に基づく偽造公文書行使容疑がかけられており、日本に滞在歴がないため時効は成立していない。また日本では出入国管理法で、1年以上の懲役や禁固の刑が確定した外国人は入国できないことになっているが、千葉景子法相が上陸特別許可を出し、入国が認められる見通しだ。

 ◇ことば・大韓航空機爆破事件

 87年11月29日、バグダッド発ソウル行きのKAL858便が爆破され、乗員・乗客115人全員が死亡した。バーレーンで不審な男女が取り押さえられ、男はその場で服毒自殺。女は金賢姫元死刑囚で、身柄を韓国に移され、「私は北朝鮮の工作員。上からの指示で大韓航空機に爆弾を仕掛けた」と供述。ソウル五輪妨害を狙った北朝鮮によるテロと判明した。金元死刑囚は90年に韓国の大法院(最高裁)で死刑が確定したが、特別赦免された。

 ◇拉致問題の進展 アピール狙いも

 金元死刑囚の来日が実現する運びとなった背景には、昨年の政権交代の結果、こうちゃく状態の拉致問題を進展させたとアピールしたい与党の思惑もある。元死刑囚から新たな情報がもたらされる可能性は低いが、「拉致問題への関心を高め、解決への機運を盛り上げることが目的」と政府関係者は話す。

 韓国では、金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)の左派系政権のもと、大韓機事件について「(右派政権だった当時の)韓国が主導した」との陰謀説が浮上。金元死刑囚にも疑惑の目が向けられた。しかし08年に北朝鮮への強硬姿勢を打ち出す李明博(イ・ミョンバク)政権が発足して状況は一転。連携姿勢を見せたい日韓両政府の意向が一致し、昨年3月には、田口八重子さんの家族との面会が実現。今年4月には、97年に韓国に亡命した黄長※(ファン・ジャンヨプ)・元朝鮮労働党書記が来日している。【合田月美】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100717k0000m040164000c.html

 

« 【物來順応】前警視総監・米村敏朗 逆境の文化と角界(17日) | トップページ | 小中学生連続強姦:名前は分かっていると脅す 大塚容疑者(17日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48895423

この記事へのトラックバック一覧です: 金賢姫元死刑囚:20日来日へ めぐみさん両親らと面会(17日):

« 【物來順応】前警視総監・米村敏朗 逆境の文化と角界(17日) | トップページ | 小中学生連続強姦:名前は分かっていると脅す 大塚容疑者(17日) »