« 千ページの証拠資料・条文勉強…検察審査会の経験者証言(22日) | トップページ | 悪徳彫り師に御用心 「タトゥーは消しゴムのない世界」(22日) »

2010年7月22日 (木)

パワーウインドーに指挟み切断、事故多発(22日)

車の窓を電動で開閉させるパワーウインドーで、子どもが指を挟んで切断するなどの事故が多発しているとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。センターはメーカーの対策が不十分だとして、改善を求めています。

 国民生活センターによりますと、パワーウインドーに子どもが指を挟んで切断するなどの事故は、5年間で23件報告されています。

 こうした事故を防ぐため、メーカーでは物を挟むと自動的に窓が戻る「挟み込み防止機能」を車につけていますが、国民生活センターが26車種の車を調査したところ、防止機能が全ての座席についている車は10車種にとどまり、16車種では、運転席にしか設置されていないことがわかりました。

 また26車種のうち20車種では、スイッチを引き続けて窓を閉めようとすると「防止機能」がきかなくなることがわかり、国民生活センターは自動車メーカーの業界団体に設計変更を求めています。

Annlogo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4482678.html

 

« 千ページの証拠資料・条文勉強…検察審査会の経験者証言(22日) | トップページ | 悪徳彫り師に御用心 「タトゥーは消しゴムのない世界」(22日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワーウインドーに指挟み切断、事故多発(22日):

« 千ページの証拠資料・条文勉強…検察審査会の経験者証言(22日) | トップページ | 悪徳彫り師に御用心 「タトゥーは消しゴムのない世界」(22日) »