« ため池に遺体、元勤務先の社長ら3人に逮捕状 三重(7日) | トップページ | 愛知県西尾市周辺でまた… 駐車車両に3件不審火(7日) »

2010年7月 7日 (水)

大相撲野球賭博事件 警視庁、阿武松部屋など30カ所以上一斉捜索 携帯電話など押収(7日)

大相撲の野球賭博事件で、警視庁は7日朝から、賭博開帳図利の疑いで阿武松部屋や時津風部屋など関係先の一斉捜索に乗り出した。
元大関・琴光喜の野球賭博事件の発覚からおよそ1カ月半。名古屋場所を直前に控えての一斉捜索。ある警視庁幹部は「場所前に着手したかった」と話している。
7日の捜索カ所は、賭博の温床になっていた阿武松部屋や、親方自らが賭博に手を染めていた時津風部屋、それに武蔵川部屋などの関係先を中心に、30カ所以上にものぼった。
警視庁はこれまで、日本相撲協会の調査で賭博を認めた力士や琴光喜、それに元大嶽親方から任意での事情聴取を進めてきたが、その結果、賭博の胴元に暴力団が関与している疑いが強く、全容解明には強制捜査が不可欠と判断し、大規模な一斉捜索に乗り出した。
7日の捜索では、力士が胴元とのやり取りに使用していた携帯電話やパソコンなどが押収された。
警視庁は、これらの証拠物を分析し、過去の賭博がいつ、どのような状況で行われていたのかを特定する方針。
これまでの調べで、阿武松部屋の床山や同じ部屋の元力士らが仲介役となって、賭博を行っていたことが明らかになり、賭博場を開いた行為に適用される、賭博開帳図利での捜索となった。
また、阿武松部屋以外の部屋については、そこに所属する力士らが、賭博の客だったため、捜索容疑も同じものとなった。
また、今後の捜査について、ある捜査幹部は、「捜索を通じて、野球賭博の胴元の壊滅を目指す」と話している。
今回の捜査を担当しているのは、組織犯罪対策第3課で、主に暴力団による犯罪を捜査している部署。
今後の捜査で、賭博のバックにいる暴力団にまで迫ることができるかどうかが、焦点となる。

Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« ため池に遺体、元勤務先の社長ら3人に逮捕状 三重(7日) | トップページ | 愛知県西尾市周辺でまた… 駐車車両に3件不審火(7日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/48819343

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲野球賭博事件 警視庁、阿武松部屋など30カ所以上一斉捜索 携帯電話など押収(7日):

« ため池に遺体、元勤務先の社長ら3人に逮捕状 三重(7日) | トップページ | 愛知県西尾市周辺でまた… 駐車車両に3件不審火(7日) »